看護学科の教育理念は、生命に対して深い畏敬の念を抱き、豊かな人間性と優れた良識を持ち、看護実践を通して積極的に社会に貢献できる人材を育成することです。

4年間のカリキュラムの構成は、看護学の基礎・基本の理論を重視し、人命の尊厳のもと高い倫理性とともに、看護専門職としての論理的思考力や問題解決能力、看護実践力や、コミュニケーション能力を身に付けることができるように構築されています。教育方法も、PBL(Problem Based Learning 問題解決型学習)等を活用し、活気ある講義、充実した設備によるシミュレーション演習、少人数制のきめ細かい実習指導そして他の関連学科と連携し、チームの一員としての役割や協働を学ぶなど非常に多彩です。

将来、看護職として本学での学びをベースに対象者が真に必要とする看護サービスを提供し、保健医療福祉を担う医療チームの一員として力を十分発揮し、専門職として自信を持って活躍してくれると確信しています。

ooka h5大岡 裕子