大学の概要

明治28年(1895)、村崎学園創立者、村崎サイは「女性の自立」を唱え、[自立協同]を建学の精神として本学園を創立しました。 [自立協同]とは、自分自身のアイデンティティを確立し、社会の一員としての協調性の大切さを知ること。徳島文理大学は、その精神のもと「人間の自立と学芸の独立」を掲げ、今日まで多くの優秀な人材を社会に送り出してきました。 この精神を忘れず、大学生活を送りながら何を考え、どのように行動するか、そこに人生を強く生き抜くヒントが隠されていると思うのです。生涯で最も自由に学べる時間が与えられている今。徳島文理大学で、「あなたがあなたである何か」を見つけてください。人として誇れるものを見つけるための大切な時間がここにあります。

 ▲ TOP