人間生活学科

私たちが生活を送るうえで生活経営や食物、被服、住居、保健、養護に関する知識は欠かすことができません。人間生活学科ではそれらについて幅広く学びながら、家庭科教諭、養護教諭の資格が取得でき、将来なりたい自分になる手助けをしてくれます。人間生活の基本的な課題の他にも、環境問題や経済、消費者教育も実験や実習を通して学ぶことで、豊かな教養を身につけることができます。また家庭科教諭、養護教諭の他にもフードスペシャリストなど、将来に役立つ様々な資格の取得をサポートしています。

人間生活学科3つのポイント

  • 1
  • 生きる力を伝えられる、家庭科教諭を養成
  • 2
  • 心と身体をケアできる、養護教諭を養成
  • 3
  • 就職に役立つ多彩な資格取得をバックアップ

在学生からのメッセージ

 児童生徒の悩みを少しでも軽くしてあげられる養護教諭になりたいと思っていました。徳島文理大学は、養護教諭の免許に加えて、中学・高校の保健の免許、その他様々な資格を取得できるこの学科に魅力を感じ入学を希望しました。
 人間生活学科は、少人数でクラス全員の仲が良く、先生との距離も近いため、とても楽しい毎日を過ごしています。勉強、クラブ活動(女子バスケットボール部)やアルバイトの両立は忙しく、大変だと感じることもありますが、充実した大学生活を送っています。将来は、地元の養護教諭として働きたいと思っているので、担任の先生と進路について相談をしています。

2年 上野 純奈さん(大分県出身)

 ■時間割(2017年前期)
1講時 看護技術 英語B 被服構成学 栄養学実験 被服材料学
2講時 哲学A 公衆衛生学 栄養学実験 救急処理及び看護法I
3講時 公衆衛生学 食品加工貯蔵学 調理学 食品学
4講時 地理学A 教育課程総論
5講時
※時間割は、入学年度や希望資格・免許状等により異なります。
 1講時[9:10~10:40]、2講時[10:50~12:20]、3講時[13:10~14:40]、4講時[14:50~16:20]、5講時[16:30~18:00]


在学生からのメッセージ

 高校の時に、明確な目標がなく、自分の将来について悩んでいました。そこで、私の興味のある分野(食)について学べ、いろいろな教員免許状や多くの資格が取得できることに魅力を感じ、将来の可能性を広げられると思い、進学を希望しました。授業科目を自分で選択することや課題(レポート)など、高校までとは違うため、戸惑うこともありましたが、先生や友人の支えもあり、乗り越えられました。
 また、同じ学科の友人はもちろん、サークル(天文部)に入部したことで、他学科・他学年の友人もでき、充実した生活を送ることができていると感じています。

2年 吉田 朱里さん(愛媛県出身)

 ■時間割(2016年後期)
1講時 食品学実験 微生物学 生徒指導 衛生学
2講時 食品学実験 消費生活論
3講時 英語C 臨床看護学 健康相談活動 解剖生理学
4講時 心理学A
5講時 文学A 教育心理学 道徳教育
※時間割は、入学年度や希望資格・免許状等により異なります。
 1講時[9:10~10:40]、2講時[10:50~12:20]、3講時[13:10~14:40]、4講時[14:50~16:20]、5講時[16:30~18:00]

科目一覧

科目一覧

めざせる進路

学校、病院、一般企業など

就職率(人間生活学科)

100%

※2017年5月現在、厚生労働省・文部科学省共同調査に準拠

主な就職先(2017年3月卒業)

宿毛市役所、つるぎ町立太田小学校、海陽町立海陽中学校、高松学習センター、今治市立伯方小学校、松山市立五明小学校、いの町立吾北小学校、高知県立宿毛高等学校、室戸市立中川内小中学校 、沖縄県立沖縄水産高等学校、沖縄県立宜野座高等学校、沖縄県立那覇工業高等学校(家庭科)、沖縄県立八重山農林高等学校、沖縄県立離島児童生徒支援センター(高等学校)、本部町立上本部幼稚園、さいたま市立常磐中学校、横浜市立南瀬谷中学校、横浜市立矢向中学校、松原市立松原第六中学校、増田耳鼻咽喉科医院、株式会社ル・クール、株式会社ジュエリーピコ、ひかり薬局グループ、ノヴィル株式会社、株式会社コズミックダイナー、大阪ガス株式会社 ガス科学館、徳農種苗株式会社、株式会社ボルテックス、有限会社 ブーランジェ・イタル・スギハラ、株式会社キョーエイ、株式会社ジーユー、株式会社コックス、青山商事株式会社、飲食店「動く町」等
【進学】鳴門教育大学大学院

取得可能な資格

高等学校教諭一種免許状(家庭・保健)/中学校教諭一種免許状(家庭・保健)/養護教諭一種免許状/社会福祉主事任用資格/フードスペシャリスト/カラーコーディネーター/消費生活アドバイザー/医療秘書

養護教諭とは

 養護教諭は、「保健の先生」とも呼ばれ、学校保健や健康教育に関する仕事をします。
 保健室に来た児童・生徒の応急手当や心のケアはもちろんですが、健康診断や保健指導など健康を守り、育てる仕事に携わっています。
 そのためには保健、医学、教育など幅広い分野についての勉強や、子どもの健やかな成長を助ける教育者としての人間性も求められます。

養護教諭に聞きました(やりがい、辛いところ、めざしている人へのアドバイスなど)

Q 仕事でやりがいを感じるのはどんな時ですか?
A 毎日、子ども達と関わって楽しいです。特に保護者の方から「先生、お世話になりました。」とお礼を言われたときは養護教諭になってよかったという気持ちになります。
Q この仕事の辛いところや厳しいところは?
A いつも生徒の命をあずかっているという責任感がいることです。学校内でケガや病人が出ると先生方も私のことを頼ってきてくれるので、いつでも冷静に的確な対処をしなくてはなりません。
Q この仕事をめざしている人へアドバイス
A 生徒の問題や変化を敏感に感じ取れるようになることが必要です。教育実習に行けば子どもたちと接することが出来ますが、短期間なので、ボランティア等にも積極的に参加してほしいです。

教員・研究所の紹介

教授
永山 績夫
永山 績夫(食品学・栄養学)

永山研究室
食品学・栄養学

最近医薬品と健康食品の相互作用について注意喚起されつつある。FDAの食の安全性に関するレギュレーションや関連情報を収集、検討し、食の安全性に関する研究を進めてまいりたいと考えます。

藤田 義彦
藤田 義彦(公衆衛生学)

藤田研究室
公衆衛生学、衛生学、食品衛生学、裁判化学

人間社会において、安全で豊かな社会の形成をめざすため、自然環境や社会環境が健康に及ぼす影響を知り、適切な対処について研究する。そのためDNA多型分析、薬毒物分析、食品成分分析などに関する研究を行い、問題点や対策について考える。また,犯罪における鑑識科学を研究し,安全と安心の社会づくりを考える.よろしくお願いいたします。

・武田 珠美(調理学)

准教授
近藤 春江
近藤 春江(看護学)

藤田研究室
看護学

「健康の保持・増進,疾病予防を主眼に、日々の生活習慣、特に食生活や運動、睡眠、喫煙,飲酒などやストレスが心身の健康に及ぼす影響についての調査と、生活慣病予備軍となることを防止する目的で、思春期・青年期を対象とした効果的な啓発活動の研究に取り組んでいる。」

助手

・大野 孝子