薬学科

薬学科 TOPICS

中四国地区の私立大学薬学部で最も長い40年以上の歴史を持ち、8,500人以上の薬剤師を育ててきた本学科。1年次からきめ細やかな学習支援を行うことで就職支援体制も充実していて就職率100%(2014年度実績)を誇っています。化学や生物学の基礎分野から薬や医学の応用分野まで幅広い分野を学ぶことで、現代の高度医療に対応した薬剤師を育てます。一方で「街の健康管理者」として地域医療にも貢献できる薬の専門職も育成します。

薬学科3つのポイント

  • 1
  • 少人数教育・チューター制や薬学教育センターといったきめ細やかな
    サポート体制
  • 2
  • 質の高い薬剤師の養成と同時に学生が積極的に研究に参加、研究設備も充実
  • 3
  • 特待生制度をはじめさまざまな奨学金制度で学生の経済的負担を軽減

在学生からのメッセージ

在学生からのメッセージ

薬学科3年
向江 早彩さん
鹿児島県出身

 本学は、歴史がある大学であることや特待生制度が充実していることから、進学しました。
 現在は、薬化学研究室に所属し、有機実験を行っています。県外から徳島への進学でしたが、新しい友だちがたくさんできて、テスト前には友だちの家で泊まって、勉強したり、誕生日会をしたりして、楽しい大学生活を送っています。
 後期の授業で面白い科目は「食品衛生学」で、食中毒の原因や毒キノコ、毒をもった魚の成分や症状などを勉強しています。今までの知識が正反対だったりして、驚くことが多々あり、新しい発見ができます。また、実験を通して分かりやすく解説してくれるので、知識になりやすいです。

 ■時間割(2016年後期)
1講時 免疫学 公衆衛生学2 薬物治療学1 生体分子構造学
2講時 薬物治療学2 薬物動態学1 薬理学3 天然医薬品学 食品衛生学
3講時 放射薬化学 実習[衛生化学、公衆衛生学、微生物学、基礎ゼミB]
4講時 薬学基礎演習2 実習[衛生化学、公衆衛生学、微生物学、基礎ゼミB]
5講時 医療系特別演習
※時間割は、入学年度や希望資格・免許状等により異なります。
 1講時[9:10~10:40]、2講時[10:50~12:20]、3講時[13:10~14:40]、4講時[14:50~16:20]、5講時[16:30~18:00]

科目一覧

科目一覧

めざせる進路

病院薬剤師、薬局薬剤師、学校薬剤師、医療品関連企業、治験関連企業、食品関連企業、化粧品関連企業、公務員、大学院進学


就職率(薬学科)

100%

※2017年5月現在、厚生労働省・文部科学省共同調査に準拠

主な就職先(2017年3月卒業)

香川県庁、京丹後市役所、日本赤十字社 徳島赤十字病院、国立大学法人徳島大学病院、医療法人高幡会 大西病院、特定医療法人敬愛会 総合病院中頭病院、社会医療法人川島会 川島病院、医療法人明和会 たまき青空病院、公益社団法人北部地区医師会 北部地区医師会病院、地方独立行政法人徳島県鳴門病院、日本赤十字社 鳥取赤十字病院、独立行政法人労働者健康安全機構 愛媛労災病院、医療法人社団甲友会 西宮協立脳神経外科病院、社会医療法人近森会 近森病院、JA徳島厚生連 吉野川医療センター、社会医療法人協和会 加納総合病院、アイングループ、四国調剤グループ、日本調剤株式会社、株式会社Yell Pharmacy エール薬局、株式会社レデイ薬局、株式会社アルカ、ウエルシア薬局株式会社、四国調剤株式会社、クオール株式会社、株式会社 中川調剤薬局、フタツカ薬局グループ、ライオン薬局、株式会社エイリッシュ、総合メディカル株式会社、株式会社グローバル・アシスト、有限会社エンゼル調剤薬局、株式会社ココカラファインヘルスケア、株式会社ゆい沖縄、株式会社サンキュードラッグ、株式会社 エムワイエス、株式会社ファーマシィ、新世薬品株式会社、株式会社ファーマホールディング、特定非営利活動法人 山の薬剤師たち、有限会社サンコーファーマシー、有限会社アピスファーマ、株式会社ボン・アーム、有限会社サザン薬局、株式会社メディカルかるがも、株式会社メドイット、有限会社四国メディカルサポート、株式会社フロンティア 等
【進学】徳島文理大学大学院、徳島大学大学院

取得可能な資格

■卒業すると与えられる資格
薬剤師国家試験受験資格/毒物劇物取扱責任者/食品衛生管理者(食品製造・加工施設勤務者)/特別管理産業廃棄物管理責任者(感染性産業廃棄物)/登録販売員受験資格(在学中でも受験可能) 
■薬剤師免許を取得し、申請により得られる資格
第一種衛生管理者/麻薬管理者/環境衛生指導員/向精神薬取扱責任者/医薬品製造業管理者/薬局(一般販売業)管理者/卸売一般販売業管理者
■薬剤師免許を取得し、当該資格試験を受験し合格後に得られる資格
麻薬取締官(員)(麻薬取締官は国家公務員、麻薬取締員は地方公務員)/薬事監視員(地方公務員)/食品衛生監視員(地方公務員) 
■卒業後に当該資格試験を受験し、合格後に得られる資格
NR・サプリメントアドバイザー(在学中でも受験可能)
■教員免許
教員免許高一種(理科、保健)/教員免許中一種(理科、保健)


充実した国家試験対策講座

一人ひとりが苦手科目や弱点を克服できるように、少人数グループ学習や個別指導はもちろんのこと、3段階に分けたレベル別教育を実践しています。さらに、毎週末おこなう確認試験や数回に分けて実施する演習試験をもとに、学生一人ひとりの弱点を分析し、毎月個別面談を行うなど、きめ細やかな指導体制を整えています。
■国家試験対策スケジュール(6年次)

薬剤師とは

薬局や病院で処方箋に従って薬を調合したり、消費者の相談にのり適切な薬を販売したりするために必要。その他にも、製薬会社やMRなど、多岐にわたる就職がある。

薬剤師に聞きました(やりがい、辛いところ、めざしている人へのアドバイスなど)

Q 仕事でやりがいを感じるのはどんな時ですか?
A お客様との信頼関係ができたときや、お客様に「ありがとう」と言われたとき、また自分がアドバイスや助言したお客様が元気になって幸せを感じてもらえたときです。
Q この仕事の辛いところや厳しいところは?
A ひとつ間違えるとお客様の健康や命に直接関わる仕事なので気を緩められないところです。また新薬が次々と開発されたり、副作用情報が入ってきたり、常に最新情報に耳を傾けていないといけないところや医療の現場での立場がまだ低いところが辛いです。
Q この仕事をめざしている人へアドバイス
A 薬剤師になってからも聞いたこともないような薬を扱うたび、勉強をしなければなりませんが、しっかり勉強に励んで知識豊富な薬剤師を目指してください。
MRとは

MRとはMedIcal RepresentatIveの頭文字をとったもので、医薬情報担当者のことを指します。会社を代表し、医師・薬剤師の方々に適切な情報を提供することにより、自社製品を普及させることが業務です。簡単に言うと製薬会社の営業。

MRに聞きました(やりがい、辛いところ、めざしている人へのアドバイスなど)

Q 仕事でやりがいを感じるのはどんな時ですか?
A 医師によって、ひとつの医薬品でも処方は様々ですが、使い慣れた医薬品を使うことが多いです。医薬品として処方に定評と実績があるからなのですが、場合によっては、最新の医薬品を使うほうが効果がよい場合もあります。そのような情報を的確に提供することで、担当エリア内で医薬品の世代交代をけん引する役割を果たせていることが大きなやりがいのひとつです。
Q この仕事の辛いところや厳しいところは?
A 終業が遅くなることです。しかし毎日遅くまで働いているわけではありません。ただ、命にかかわる商品を扱っているので、それだけの責任を持たなければならないです。
Q この仕事をめざしている人へアドバイス
A MRは薬剤師の資格がなくてもなることができます。その意味ではMRになれるチャンスは大きいといえます。実際に働き始めれば薬に関する知識を必要とするので薬の勉強をしてMRになるのは強みになります。

教員・研究所の紹介

教授

・浅川 義範(薬化学)

・福山 愛保(薬品物理化学)

・角田 鉄人(薬品化学)

・今川 洋(薬品製造学)

・通 元夫(薬品分析学)

・橋本 敏弘(生薬学)

・葛原 隆(生化学)

・永浜 政博(微生物学)

・姫野 誠一郎(衛生化学)

・鈴木 真也(公衆衛生学)

・櫻井 栄一(薬剤学)

・瀬津 弘順(機能形態学)

・山川 和宣(医療薬学)

山川研究室

・松永 洋一(医療薬学)

松永研究室

・庄野 文章(医療薬学)

庄野研究室

・市川 勤(医療薬学)

市川研究室

・京谷 庄二郎(医療薬学)

京谷研究室

・吉岡 三郎(医療薬学)

吉岡研究室

准教授

・長島 史裕(薬化学)

・堂上 美和(薬品物理化学)

・加来 裕人(薬品化学)

・山本 博文(薬品製造学)

・宗野 真和(薬品分析学)

・梅山 明美(生薬学)

・角 大悟(衛生化学)

・井上 正久(機能形態学)

講師

・中島 勝幸(薬品分析学)

・吉川 和子(生薬学)

・畠山 大(生化学)

助教

・伊藤 卓也(薬化学)

・原田 研一(薬品物理化学)

・堀川 美津代(薬品化学)

・葛西 祐介(薬品製造学)

・庄司 正樹(生化学)

・小林 敬子(微生物学)

・竹原 正也(微生物学)

・藤代 瞳(衛生化学)

・川上 隆茂(公衆衛生学)

・門田 佳人(公衆衛生学)

・阿部 友美(機能形態学)

・末永 みどり(医療薬学)

助手

・上田 ゆかり(薬剤学)

・井口 美紀(医療薬学)

 ▲ TOP