1. ホーム
  2. 教育・研究支援
  3. 留学・研修
  4. 短期留学(オーストラリア)体験記

オーストラリア短期留学体験記

オーストラリア

私は2022年度夏期プログラムで、協定校のグリフィス大学へ短期留学しました。
留学に参加しようと決意した理由は、大学のうちに必ず一度は行くと決めていたことと、
行かないと10年後の自分が後悔していると思ったからです。
入学以前から留学には行きたいと思ってはいましたが、コロナ禍ということもあり一度は諦め、気付いたら3年生になっていました。また、3年の夏は実習もあり、行くことを迷いましたが、「今しかない!」と思い行くことを決めました。
実際に行ってみると、決意した自分に感謝するくらい充実した時間を過ごすことができました。


Q1:3年ぶりの留学再開ですがどうでしたか?

 ずっと行きたいと思っていたので、実現することが出来て本当によかったです。
コロナ禍だったので、留学までにワクチンを打ったり、たくさんの書類を用意しなくてはならなかったのは少し大変でしたが、困ったことがあれば国際交流課の先生方が優しく対応してくださったので、安心して行くことができました。



Q2:初めていくオーストラリアの印象はどうでしたか?

 すごく多国籍だと感じました。
クラスもスペイン、ブラジル、韓国、コロンビア、中国などたくさんの国から来ており、街もさまざまな国のお店がありました。
また、南半球ということもあり、季節が逆で8月に冬を体験するという不思議な体験ができました。

 

Q3:授業はどんな感じでしたか?

 平日は、午前午後にそれぞれ2時間ずつの授業と45分の休憩があり、10時半に始まり、15時15分には授業が終わるというスケジュールでした。
予め受けたテストをもとにクラス分けされており、各々のクラスで授業を受けました。
また、教科書もノートもパソコンひとつあれば受講できる授業形態でした。
内容自体は中学高校で習うくらいのレベルでしたが、英語を英語で習うので、より生きた英語を学ぶことが出来ました。さらに、毎日先生が変わるので、常に新鮮な気持ちで受けることが出来ました。



Q4:自由時間の過ごし方について教えてください

 冬だったこともあり日が早く沈むため、放課後はなるべく早く帰宅していました。
休日は他のメンバーと一緒にショッピングモールやビーチ、遊園地に行きました。
また、コアラやカンガルーを見たり、オーストラリアでしか味わえないこともたくさんしました。

 

Q5:特に印象に残ったことはありますか

 印象に残ったことは2つあります。
1つ目はホストの家でお米が食べれたことです。
私のホストは中国の方だったので、お米料理や麺料理をたくさん作って下さったので、食に飽きることなく生活を送ることが出来ました。

2つ目は現地でコロナウイルス感染してしまったことです。
喉も痛み高熱も出てしまい、最後1週間の授業をオンラインで受けることになってしまいとても残念でした。
その影響で滞在期間が延びてはしまったのですが、隔離を頑張った分色んなところに出かけ、オーストラリアをより満喫することが出来ました。
今となっては笑い話にできるいい思い出です(笑)

 

Q6:留学経験者として、後輩や高校生の皆さんに一言アドバイスをお願いします

 私は3年生で行ったので、帰国後すぐに実習があり、かなり忙しかったです。
もし留学を迷っているなら、時間に余裕のある方もない方も行ってみてください。
たくさんも迷っても決めきれなかったら、「10年後の自分が後悔していないか」を考えてみてください。
不安なことがたくさんあると思いますが、自分の思いと行動があれば、先生方も周りの人たちも助けてくれます。
ぜひ挑戦してみてください!

 

留学中の思い出写真