1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 人間生活学部
  4. 建築デザイン学科

建築デザイン学科

建築デザイン学科では、建物を創るという観点からさまざまなデザインを研究し、暮らしを向上させる専門家を育成しています。建物に関わるデザインといっても建築設計だけではなく、室内の装飾・照明などのインテリアや、家具のプロダクトデザイン、庭のデザインや温湿度・音など生活環境まで、多岐にわたります。それらすべてをデザインできるように、建築・デザインの基礎から歴史や景観、構造や設計など多彩な分野を学びながら、仕事の現場で役立つ実践力を身につけていきます。また自学自習ができる環境や、大学施設を教材にした実践教育も本学の特徴です。

建築デザイン学科3つのポイント

  • 1
  • 企業の即戦力となる能力を身につける基礎教育
  • 2
  • 設計・造形・CAD・インテリアデザインなど実践力が身につく演習科目
  • 3
  • 図書館やメディアセンターなど実際の大学施設を教材に、建築の実践授業を展開

在学生からのメッセージ

在学生からのメッセージ

建築デザイン学科1年
凝地 雄大さん
高知県出身

 生まれた時からマンション生活だったので、一戸建て住宅に憧れていました。一戸建て住宅を自分で設計したいと思うようになり、建築の勉強ができる徳島文理大学に入学しました。高校は普通科だったので、建築の知識がないことが不安でしたが、基礎から教えてもらえるので、安心です。クラブは、高校時代から所属していたバトミントン部に入って、楽しく、仲良く汗を流しています。四国以外の県の在学生もいるので、方言など伝わらないことがあり、新しい発見をすることができます。

 ■時間割(2016年後期)
1講時 健康スポーツB 住居学
2講時 英語A② 日本建築史 歴史学A 住宅構造学
3講時 住宅構造学I 物理学A 数学A
4講時 コンピュータ演習 住宅設計製図I
5講時 コンピュータ演習 住宅設計製図I
※時間割は、入学年度や希望資格・免許状等により異なります。
 1講時[9:10~10:40]、2講時[10:50~12:20]、3講時[13:10~14:40]、4講時[14:50~16:20]、5講時[16:30~18:00]

科目一覧

科目一覧

めざせる進路

建設会社、住宅メーカー、不動産、住宅設備会社、建材メーカー、設計事務所、コンサルタント会社、教員、公務員など

主な就職先(2016年3月卒業)

さくらホーム株式会社、大神設計株式会社、株式会社エヌ・アンド・シー、株式会社クリエイト伸、有限会社おおにし、大協建工株式会社、株式会社塩浜工業、株式会社ファミリーホーム、株式会社コウエイハウジング、日本ハウズイング株式会社、株式会社夢真ホールディングス、徳島市役所、有限会社オーバーラップ

卒業生からのメッセージ

卒業生からのメッセージ
幅広いソフトの修得が就職に大活躍!
身につけた能力をデザインにいかせそうです。

授業では、建築物の構造や専門ソフト(CAD)の使い方などを学んできました。専門ソフトは種類を多く学べるのが特徴で、そのおかげで就職先の面接ではその経験が大いに役立ちました。また学科の研修旅行ではお城のような歴史建造物や美術館などを先生たちと一緒に見て回り、建物の構造やデザインについて学習しました。就職先はオーダーメイドの家具をデザインする企業なので、研修で培った多角的な視点・感覚もいかせると思います。

野口美和子
徳島県立徳島商業高校出身
リッチワールド株式会社(徳島県)
2014年3月卒業

取得可能な資格

一級建築士受験資格(実務2年)/二級建築士受験資格(実務不要)/一級建築施工管理技士受検資格(実務3年)/二級建築施工管理技士受検資格(実務1年)/高等学校教諭一種免許状(家庭)/中学校教諭一種免許状(家庭)

建築士とは

建築士法によって定められた一級建築士・二級建築士・木造建築士の総称。各資格によって、建設できる建物や延べ床面積などの決まりがある。本学では、2級建築士が卒業度同時に受験できる。

建築士に聞きました(やりがい、辛いところ、めざしている人へのアドバイスなど)

Q 仕事でやりがいを感じるのはどんな時ですか?
A お客様の「こうしたい」をかなえるためのさまざまな提案をし、お客様と一緒に考えているときです。一生リタイアすることなく、続けていける仕事に就きたいという思いからこの仕事を選んだのですが、日々の業務が、将来の自分のめざす姿へ確実に近づいている実感があり、本当にやりがいを感じます。
Q この仕事の辛いところや厳しいところは?
A 「家」という人の命を入れておく入れ物を作るので気が抜けません。新しい材料や工法がどんどん出てくるので、日々勉強が必要になってきます。あと、独立するなら自分で営業もしなくてはいけません。人とコミュニケーションをとるのが苦手だと独立してからかなり苦労すると思います。
Q この仕事をめざしている人へアドバイス
A 時間のあるうちに、とにかくたくさんの建築物や、建築につながるようなものをたくさん観ておくことをお勧めします。知識として学んでいくことはいつでもできますが、実際に足を運び建築物などを目にするという機会は、仕事を始めると少なくなってしまいます。そしてイメージをカタチにするには、常に具体的に考え行動するようにすることも大切です。将来仕事をしていく上で、きっと役に立つと思います!

教員・研究所の紹介

教授
森田 孝夫
森田 孝夫(建築計画)

森田研究室
建築計画学

教育研究の専門分野は、建築計画学です。この分野は、建築の三要素といわれる強・用・美のうちの用と美にかかわる理論を対象としています。限られた条件の中で、どうすれば質の高い建築が実現できるかを学生諸君とともに考えていきたいと思います。そして、いろいろな意味と機能がある「安全」は、町と建物が要求する最も基本的なことだと思いますので、1995年から続けている安全の研究をさらに深化させていきます。4月に、海と山の景観に恵まれた本学園に来たばかりですが、1年生の担任として新鮮な気持ちで学生に接しています。

田澤 道生
田澤 道生(建築設計・インテリアデザイン)

田澤研究室
建築設計学・インテリアデザイン学

建築の設計は建物の機能を分析し組み立て、それを入れるための空間を創造しデザインする行為である。設計を行うには非常に多くの分野の思想・知識・技術等が必要になるが、どのような分野にどのような思想・知識・技術があるかを、設計課題をとおして修得する。又ヨーロッパの都市や町が日本に比べて美しいのは何故なのかを学ぶことにより、優れた美意識を持つ建築家・デザイナーとしての素養を身につける。我が国もようやくインテリアデザイナーの職能が確立されてきたが、人材の面ではまだまだ不足している。建築家と対等に話のできるインテリアデザイナーの育成を目指す。

森岡 英之
森岡 英之(建築材料・建築施工)

森岡研究室
建築材料学・建築施工学

普段の生活のなかで絶え間なく触れている建築用材料の、それぞれの性質を知ること。また、建築施工法の基本的知識を中心に、幅広い専門分野の有効な学習(実験含む)に取り組んでいる。同時に、近い将来の法定資格取得に向けても力を注いでいる。

山田 寶
山田 寶(建築設備設計学)

山田研究室
建築設備設計学

専門分野は、建築設備設計で特に空調衛生設備設計をしてきました。熱源システムでは蓄熱システム、二次側の空調システムでは、病院・研究所・医薬品製造施設等々を専門としていました。建築デザインは、意匠・構造・設備の三部門がありますが、今後優れた建築物を設計するためには、三部門をトータルに考えて設計することが重要であると考えています。よって、建物の性能を大きく左右する設備について実務に基づいた知識・技術を修得していただきたいと考えています。

・北森 正信

准教授
川村 恭平
川村 恭平(建築環境学・建築設備工学)

川村研究室
建築環境学・建築設備工学

専攻は建築環境学、建築設備工学で、パッシブソーラーハウスの研究をしていた。エコ住宅も含めこれからの建築にはパッシブソーラーハウスの考え方が必要となる。こうした分野の研究もさらに必要である。環境と共生できる建築を考える。

講師
山田 寶
安 箱敏(建築設計学)

安研究室
建築設計学

本研究室は、優れた家具・インテリア・建築に注目し、デザインの意味を考えます。空間デザインに必要とされる知識や表現法、特にCGやCADを使ったプレゼンテーションの技法をデザインコンペなどの課題を通して学びます。最近は、現代の建築空間および都市空間の分析にも取り組んでいます。

非常勤講師

・岡島 博

・田口 太郎

・高田 雅巳

・近藤 展行

・岩崎 善博

・杉崎 義彦

・内野 輝明

・鷺池 博行

 ▲ TOP