TOKUSHIMA BUNRI UNIVERSITY TOKUSHIMA BUNRI UNIVERSITY

教員詳細

富岡 重正
とみおか しげまさ
富岡 重正
Shigemasa Tomioka
教授/保健福祉学部 口腔保健学科
生年月 1958年9月
所属 保健福祉学部 口腔保健学科
学位 歯学博士(徳島大学/1994.5)
免許・資格
専門分野 歯科麻酔学
所属学会 日本歯科麻酔学会、日本再生医療学会、日本摂食嚥下リハビリテーション学会、日本麻酔科学会、四国歯学会
担当授業科目 口腔保健学概論、人体の構造・機能学II、口腔解剖学・口腔生理学I、口腔保健臨床実習I
現在の研究 神経再生に関する基礎的研究、各種トランスポーターの機能に関する基礎的研究、麻酔薬の健忘作用に関する基礎的研究、血管迷走神経反射に関する臨床的研究
リサーチマップ

学歴/経歴

学歴 徳島大学 歯学部 歯学科卒業(1985.3)
主な職歴 徳島大学歯学部附属病院助手(1986.4)
徳島大学歯学部附属病院助教授(1996.5)
テキサス州立大学オースティン校分子生物学講座文部省在外研究員(2000.4-2001.2)
徳島大学助教授大学院ヘルスバイオサイエンス研究部(2004.4)
徳島大学准教授大学院医師薬学研究部(2015.4)
徳島文理大学保健福祉学部口腔保健学科教授(2017.4)

業績

主な業績
主な学会
/社会活動等
① 日本歯科麻酔学会代議員(1995.1〜現在)
② 日本歯科麻酔学会安全医療委員会委員(1994.1〜2011.9)
③ 日本歯科麻酔学会認定医委員会委員(2007.1〜2008.12)
④ 四国歯学会代議員(1996.4〜2017.3))
主な研究論文
/著書等
① Inhibition of styloglossus motoneurons during the palatally induced jaw-closing reflex. Tomioka S., Nakajo N., Takata M. Neuroscience, 92, 353-360(1999)
② No genotoxic effect of propofol in Chinese hamster ovary cell: analysis by sister chromatid exchanges. Tomioka S., Nakajo N., Acta Anaesthesiologica Scandinavica, 44, 1261-1265(2000)
③ Effects of ketamine on glucose uptake by glucose transporter type 3 expressed in Xenopus oocytes: The role of protein kinase C. Tomioka S, Kaneko M, Satomura K, Mikyu T, Nakajo N., Biochemical and Biophysical Research Communications, 388, 141-145(2009)
④ Effects of naturally occurring G103D point mutation of AQP5 on its water permeability, trafficking and cellular localization in the submandibular grand of rats. Karabasil MR, Hasegawa T, Azlina A, Purwanti N, Yao C, Akamatsu T, Tomioka S, Hosoi K., Biology of the Cell, 103, 69-86(2011)
⑤ Water transport by glucose transporter type 3 expressed in Xenopus oocytes. Tomioka S., NeuroReport, 23, 21-25(2012)
⑥ Pentobarbital inhibits glucose uptake, but not water transport by glucose transporter type 3. Tomioka S., Kaneko M., and Nakajo N., NeuroReport, 23:687-691(2012)
⑦ Nerve growth factor increases electrical activity of neural cells derived from murine bone marrow stromal cells. Tomioka S., Nagahama T., Tokuyama R., Tatehara S., and Satomura K., Neuroendocrinology Letters, 33(2):177-182(2012)
関連情報

講座・研究室