TOKUSHIMA BUNRI UNIVERSITY TOKUSHIMA BUNRI UNIVERSITY

教員詳細

四宮 一昭
しのみや かずあき
四宮 一昭
Shinomiya Kazuak
教授/薬学部 薬学科
生年月 1977年12月
所属 薬学部 薬学科
学位 学士(薬学)(近畿大学/2000.3)
薬学修士(岡山大学/2002.3)
博士(薬学)(岡山大学/2005.3)
免許・資格
専門分野 医療薬学
所属学会 日本薬学会、日本医療薬学会
担当授業科目 薬局学、医療情報安全学
現在の研究 医薬品副作用データベースを用いたせん妄発現頻度と服用薬剤に関する調査研究
リサーチマップ

学歴/経歴

学歴 徳島県立阿波高等学校卒業(1996.3)
近畿大学薬学部薬学科卒業(2000.3)
岡山大学大学院自然科学研究科博士前期課程修了(2002.3)
岡山大学大学院自然科学研究科博士後期課程修了(2005.3)
主な職歴 早稲田大学先端バイオ研究所講師(2005.4-2006.3)
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科助手(2006.4-2007.3)
岡山大学病院薬剤部 病院薬剤師(2006.4-2011.3)
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科助教(2007.4-2011.3)
株式会社ワールド・門田薬局 保険薬局薬剤師(2011.4)
株式会社エスマイル・門田薬局 保険薬局薬剤師(2011.10)
(*ワールドと中国ファーマシーの合併により社名変更)
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科准教授(2013.1-2018.3)
神戸大学大学院医学研究科医学研究員(2013.6-2017.3)
株式会社エスマイル・東児薬局 保険薬局薬剤師(2018.4)
株式会社エスマイル・あおえ薬局 管理薬剤師(2019.1)
徳島文理大学薬学部教授(2019.4)

業績

主な業績
主な学会
/社会活動等
① 日本薬学会中国四国支部奨励賞受賞(2009.11)
② 徳島県薬剤師・薬局機能強化及び多職種連携対策協議会委員(2019.4-2021.3)
③ 関西広域連合登録販売者試験委員(2020.3-)
④ 厚生労働省薬剤師試験委員(2022-2023年度、2024年度以後は未定)
主な研究論文
/著書等
① Pemafibrate inhibited renal dysfunction and fibrosis in a mouse model ofadenine-induced chronic kidney disease., Horinouchi Y., Murashima Y.,Yamada Y., Yoshioka S., Fukushima K., Kure T., Sasaki N., Imanishi M.,Fujino H., Tsuchiya K., Shinomiya K., Ikeda Y., Life Sci., 321 (2023)121590, DOI: 10.1016/j.lfs.2023.121590.
② STAT3 polymorphism associates with mTOR inhibitor-induced interstitiallung disease in patients with renal cell carcinoma., Yamamoto K., IoroiT., Shinomiya K., Yoshida A., Harada K., Fujisawa M., Omura T., Ikemi Y.,Nakagawa S., Yonezawa A., Ogawa O., Matsubara K., Iwamoto T., NishikawaK., Hayashi S., Tohara D., Murakami Y., Motoshima T., Jono H., Yano I.,Oncol. Res., 29 pp.11-23 (2022)
③ Trends in hepatitis C virus-associated mortality rates in Japan, 1998-2017., Hagiya H.,Koyama T.,Deguchi M.,Minato Y.,Miura S.,FunahashiT.,Teratani Y.,Zamami Y.,Shinomiya K.,Kitamura Y.,Sendo T.,Hinotsu S.,KanoM., J.Gastroenterol.Hepatol.,36 pp.2486-2492 (2021)
④ Population-based observational study of adverse drug event-relatedmortality in the super-aged society of Japan., Funahashi T.,KoyamaT.,Hagiya H.,Harada K.,Iinuma S.,Ushio S.,Zamami Y.,Niimura T.,Shinomiya K.,Ishizawa K.,Sendo T.,Hinotsu S.,Kano MR., Drug Saf.,44 pp.531-539(2021)
⑤ Effects of palonosetron on nausea and vomiting induced by multiple-daychemotherapy: a retrospective study., Hamano H.,Mitsuhashi C.,SuzukiY.,Zamami Y.,Tsujinaka K.,Okada N.,Niimura T.,Hayama T.,Imai T.,IshidaS.,Sakamoto K.,Goda M.,Takechi K.,Yagi K.,Chuma M.,Horinouchi Y.,Shinomiya K.,Ikeda Y.,Kirino Y.,Nakamura T.,Yanagawa H.,Hamada Y.,Ishizawa K.,Biol.Pharm.Bull.,44 pp.478-484 (2021)
関連情報

講座・研究室