TOKUSHIMA BUNRI UNIVERSITY TOKUSHIMA BUNRI UNIVERSITY

教員詳細

佐藤 一石
さとう かずいし
佐藤 一石
SATO Kazuishi
教授/理工学部 ナノ物質工学科
生年月
所属 理工学部 ナノ物質工学科
学位 博士 (工学)(福井大学 種別 (乙) 学位番号30 /2007.9)
工学修士(九州大学/1991.3)
免許・資格
専門分野 高分子固体構造制御,水の構造解析
所属学会 高分子学会,繊維学会,応用物理学会,日本分析化学会,セルロース学会
担当授業科目 高分子材料,医用材料,複合材料,物理化学 など
現在の研究 ・合成高分子,天然高分子材料を用いた材料物性・機能制御
・カオリナイト系セラミックス処理による水の機能化と機能水の応用
・水の構造解析手法の開発 など
リサーチマップ

学歴/経歴

学歴 九州大学大学院 総合理工学研究科 博士前期課程修了(1991.3)
主な職歴 旭化成工業(株)研究開発本部(1991.4-2004.3)
京都大学大学院 工学研究科 高分子力学分野 企業派遣留学(1996-1997)
徳島文理大学 理工学部(2004.4-現在)2009年理工学部へ改編

業績

主な業績
主な学会
/社会活動等
① TSC研究会幹事(2012-)
② 繊維学会西部支部理事(2012-)
③ 高松市陸上競技協会理事
④ 平成22,23年度繊維学会秋季研究大会,第17回セルロース学会年次大会運営実行委員
⑤ 技能検定委員 (プラスチック射出成形) (2009)
⑥ 源内こども科学教室講師 (2009-) 地域共同開発センター運営委員(2005-) など
主な研究論文
/著書等
【著書】
① 佐藤一石, 編集 岩本光正 (2016) 「熱刺激電流を用いた材料・デバイス開発の最前線」第6章 生体材料, シー・エム・シー出版, pp.111
② 佐藤一石 (2012) 「セルロースナノファイバーの樹脂への分散技術と応用事例」 第1章 第3節 セルロースナノファイバーの基本製造技術とそれらの主特性,技術情報協会,pp.22
【原著】
① Yoshida,T., Sato,K. and Kondo,T. (2014) Blood-mimicking fluid using glycols aqueous solution and their physical properties. Jpn. J. Appl. Phys. 53, 07KF01-1-07KF01-5
② Tanaka,K., Yoshida.T., Sato,K., Kondo,K., Yasukawa,K., Miyamoto,N. and Taniguchi,M (2012) Blood-Mimicking Fluid for Testing Ultrasonic Diagnostic Instrument. Jpn. J. Appl. Phys. 51, 07GF18-1-07GF18-5
③ Sato,K., Okajima,K. and Nakajima,K (2012) A Joint Effort between Academia and Industry in the Eastern Part of Kagawa Prefecture in Japan. Journal of Engineering Education Research. 15(4),14-20
④ K.SATO, T.KOIZUMI, K.OKAJIMA (2005) Analysis of Ice Water by Thermally Stimulated Depolarized Current(TSDC) Method , Analytical Sciences,21(3) ,331-335
⑤ K.SATO, T.KOIZUMI and K.OKAJIMA (2005) TSDC Analysis on Nylon66 Films with Different End Group Balance in View of Water Influence, Polymer Journal, 37(3), 137-144
⑥ K.SATO, M.AGO, K.ISHIKAWA and K.OKAJIMA (2005), The Structure of Water Induced by Specific Ceramics Treatment and Effects of Treated Water in View of Some Biological Aspects, Environmental control in biology, 43(3), 211-221
⑦ K.SATO, H.MOCHIZUKI, K.OKAJIMA and C.YAMANE (2004), Effects of Hydrohobic Solvents on X-Ray Diffraction Patterns of Regenerated Cellulose Membrane, Polymer Journal,36(6), 478-482
特許26件(登録特許,登録実用新案を含む)
関連情報

講座・研究室

ナノ構造科学研究室
分子レベルから化学構造を設計し、機能性高分子材料が医療材料や次世代エネルギーなど、どのように社会に関わっているかを紐解きます。