TOKUSHIMA BUNRI UNIVERSITY TOKUSHIMA BUNRI UNIVERSITY

教員詳細

森川 咲子
もりかわ さきこ
森川 咲子
Morikawa Sakiko
講師/人間生活学部 食物栄養学科
生年月 1987年12月
所属 人間生活学部 食物栄養学科
学位 学士(生活科学)(同志社女子大学/2011.3)
修士(医科学)(筑波大学/2013.3)
博士(医学)(新潟大学/2017.3)
免許・資格
専門分野 栄養学 疫学
所属学会 日本栄養・食糧学会 日本病態栄養学会 日本栄養改善学会
担当授業科目 栄養教育論III、文理学
現在の研究 ・二型糖尿病患者の生活習慣及び心理社会的因子が治療状況に与える影響の検討
・小児を対象とした早期からの生活習慣病予防を目的とした検討
リサーチマップ

学歴/経歴

学歴 同志社女子大学 生活科学部 食物栄養科学科卒業(2011.3)
筑波大学大学院 人間総合科学研究科 修士課程修了(2013.3)
新潟大学大学院 医歯学総合研究科 博士課程課程修了(2017.3)
主な職歴 日本学術振興会特別研究員(DC2)(2015.4~2017.3)
徳島文理大学 人間生活学部 食物栄養学科 講師 (2017.4~)

業績

主な業績
主な学会
/社会活動等
主な研究論文
/著書等
① Utility of non-laboratory-based screening for predicting type 2 diabetes: A meta-analysis. Yoshizawa S, Kodama S, Fujihara K, Ishiguro H, Ishizawa M, Matsubayashi Y, Matsunaga S, Yamada T, Shimano H, Kato K, Hanyu O, Sone H.Prev Med. 2016 Oct;91:180-187.
② ズームアップ:大規模臨床研究のエビデンスに基づく糖尿病療養指導と将来. 由澤咲子, 長谷川美代, 曽根博仁.臨床栄養 第125巻 第2号 pp.195-200 (2015.8)
③ Second trimester postload glucose level as an important predictor of lowbirth weight infants: Tanaka Women's Clinic Study.Yachi Y, Tanaka Y,Nishibata I, Yoshizawa S, Fujihara K, Kodama S, Suzuki A, Hanyu O, Sone H.Diabetes Res Clin Pract. 2014 Sep;105(3):e16-9.
④ Role of body mass index history in predicting risk of the development of hypertension in Japanese individuals: Toranomon Hospital Health Management Center Study 18 (TOPICS 18).Heianza Y, Kodama S, Arase Y, Hsieh SD, Yoshizawa S, Tsuji H, Saito K, Tanaka S, Hara S, Sone H.Hypertension. 2014 Aug;64(2):247-52.
⑤ Comparison of different aspects of BMI history to identify undiagnosed diabetes in Japanese men and women: Toranomon Hospital Health Management Center Study 12 (TOPICS 12). Yoshizawa S, Heianza Y, Arase Y, Saito K, Hsieh SD, Tsuji H, Hanyu O, Suzuki A, Tanaka S, Kodama S, Shimano H, Hara S, Sone H.Diabet Med. 2014 Nov;31(11):1378-86.
⑥ High cholesterol intake is associated with elevated risk of type 2 diabetes mellitus - a meta-analysis.Tajima R, Kodama S, Hirata M, Horikawa C, Fujihara K, Yachi Y, Yoshizawa S, Iida KT, Sone H.Clin Nutr. 2014 Dec;33(6):946-50.

講座・研究室