TOKUSHIMA BUNRI UNIVERSITY TOKUSHIMA BUNRI UNIVERSITY

教員詳細

國方 弘子
くにかた ひろこ
國方 弘子
Kunikata Hiroko
教授/保健福祉学部 看護学科
生年月 1955年4月
所属 保健福祉学部 看護学科
学位 学士(教養)(放送大学)
修士(看護学)(岡山県立大学)
博士(社会福祉学)(大阪府立大学)
免許・資格
専門分野 精神看護学
所属学会 日本看護科学学会、日本認知療法学会、一般社団法人看護のための認知行動療法研究会
担当授業科目 精神看護学概論、看護理論
現在の研究 認知行動療法の効果に関する研究
リサーチマップ

学歴/経歴

学歴 神戸大学医学部附属看護学校卒業(1977.3)
放送大学教養学部発達と教育専攻卒業(1999.3)
岡山県立大学大学院保健福祉学研究科看護学専攻修士課程修了(2001.3)
大阪府立大学大学院社会福祉学研究科社会福祉学専攻博士後期課程修了(2005.3)
主な職歴 神戸大学医学部附属病院看護師
香川医科大学医学部附属病院看護師長
岡山県立大学保健福祉学部看護学科・大学院保健福祉学研究科講師
岡山大学医学部保健学科・大学院保健学研究科助教授
香川県立保健医療大学保健医療学部看護学科・大学院保健医療学研究科教授
徳島文理大学保健福祉学部看護学科:大学院看護学研究科教授

業績

主な業績
主な学会
/社会活動等
① 香川県精神医療審査会委員(2022.7~現在に至る)
② 科学研究費委員会専門委員(2010.12~2012.11)
③ 一般社団法人日本看護研究学会編集委員(2018.6~2020.8)
④ 一般社団法人日本精神保健看護学会編集委員(2016.1~2021.9)
⑤ 一般社団法人看護のための認知行動療法研究会理事(2017.2~2021.10)
⑥ 公益社団法人日本看護科学学会和文誌専任査読委員(2015.10~2021.9)
⑦ 一般社団法人日本看護研究学会評議員(2016.5~2020.7)
主な研究論文
/著書等
① 自分を好きになるためのワークブック:シートを使って進める自尊心回復グループ認知行動療法(第2版).國方弘子.ふくろう出版 (2021)
② 反すうの概念分析.江口実希・國方弘子.日本看護科学会誌,第41巻.p.160-165(2021)
③ 自尊心回復グループセラピーにみるリカバリー.國方弘子.日本精神保健看護学会誌,第29巻.p.14-19 (2020)
④ Clinical and cost-effectiveness of nurse-led cognitive behavioral group therapy for recovery of self-esteem among individuals with mental disorders: A single-group pre-post study.Hiroko Kunikata, et al..Japan Journal of Nursing Science 2 June DOI: 10.1111/jjns.12371 (2020)
⑤ Effect of cognitive behavioral group therapy for recovery of self-esteem on community-living individuals with mental illness: Non-randomized controlled trial. Hiroko Kunikata, et al..Psychiatry and Clinical Neurosciences, (70)10. p.457-468 (2016)
⑥ Nurse-led cognitive -behavioral group therapy for recovery of self-esteem in patients with mental disorders: A pilot study. Hiroko KUNIKATA, et al..Japan Journal of Nursing Science, (13)3. p.355-364 (2016)
⑦ 地域で生活する精神障がい者に対する『自尊心回復グループ認知行動看護療法プログラム』実施前後の変化. 國方弘子. 日本看護研究学会雑誌, (36)1. p.93-102 (2013)
関連情報

講座・研究室