TOKUSHIMA BUNRI UNIVERSITY TOKUSHIMA BUNRI UNIVERSITY

教員詳細

葛西 祐介
かさい ゆうすけ
葛西 祐介
Kasai Yusuke
講師/薬学部 薬学科
生年月 1975年12月
所属 薬学部 薬学科
学位 理学学士(東北大学/1999.3)
理学修士(東北大学/2001.3)
博士(理学)(東北大学/2004.3)
免許・資格
専門分野 天然物有機化学、有機合成化学
所属学会 日本化学会、有機合成化学協会、日本薬学会
担当授業科目 薬物構造学、処方せん解析学1、化学実習1
現在の研究 神経突起伸展活性を有する天然物の合成研究
リサーチマップ

学歴/経歴

学歴 東北大学理学部化学科卒業(1999.3)
東北大学大学院理学研究科博士課程前期課程修了(2001.3)
東北大学大学院理学研究科博士課程後期課程修了(2004.3)
主な職歴 大阪大学大学院理学研究科特任研究員(2004.4)
関西学院大学理工学部博士研究員(2007.4)
東北大学大学院理学研究科COEフェロー(2008.10)
東北大学大学院生命科学研究科産学官連携研究員(2012.4)
カリフォルニア大学サンディエゴ校客員研究員(2012.7)
徳島文理大学薬学部助教(2013.4)

業績

主な業績
主な学会
/社会活動等
主な研究論文
/著書等
① Total synthesis of polycavernosides A and B, two lethal toxins from red alga. Kotaro Iwasaki, Satori Sasaki, Yusuke Kasai, Yuki Kawashima, Shohei Sasaki, Takanori Ito, Mari Yotsu-Yamashita, Makoto Sasaki, J. Org. Chem. 2017, 82 , 13204–13219.
② Application of the modified 2-methoxy-2-(1-naphthyl)propionic (MαNP) acid method to steroidal alcohols and the most efficient HPLC separation found in diastereomeric MαNP esters. Yusuke Kasai and Nobuyuki Harada, Tetrahedron: Asymmetry 2015, 25 , 367–376.
③ Enzyme inhibition by hydroamination: design and mechanism of a hybrid carmaphycin–syringolin enone proteasome inhibitor. Daniela B. B. Trivella, Alban R. Pereira, Martin L. Stain, Yusuke Kasai, Tara Bynum, Frederick A. Valeriote, Dean J. Tantillo, Michael Groll, William H. Gerwick, Bradley S. Moore, Chem. Biol. 2014, 21 , 782–791.
④ Total Synthesis of (−)-Polycavernoside A: Suzuki–Miyaura Coupling Approach. Yusuke Kasai, Takanori Ito, Makoto Sasaki, Org. Lett. 2012, 14 , 3186–3189. (Highlighted by SYNFACTS 2012, 8 , 941.)
⑤ Total Synthesis of (+)-Davidiin. Yusuke Kasai, Naoki Michihata, Hidehisa Nishimura, Tsukasa Hirokane, Hidetoshi Yamada, Angew. Chem. Int. Ed. 2012, 51 , 8026–8029. (Highlighted by SYNFACTS 2012, 8 , 1062.)
⑥ Synthesis of 6-F-ergosterol and its influence on membrane-permeabilization of amphotericin B and Amphidinol 3. Yusuke Kasai, Nobuaki Matsumori, Hiroyuki Ueno, Kenichi Nonomura, Shinya Yano, Michio Murata, Tohru Oishi, Org. Biomol. Chem. 2011, 9 , 1437–1442.
⑦ Self-Assembled Amphotericin B Is Probably Surrounded by Ergosterol: Bimolecular Interactions as Evidenced by Solid-State NMR and CD Spectra. Yusuke Kasai, Nobuaki Matsumori, Yuichi Umegawa, Shigeru Matsuoka, Hiroyuki Ueno, Hiroki Ikeuchi, Tohru Oishi, Michio Murata, Chem. Eur. J. 2008, 14 , 1178–1185.
関連情報

講座・研究室

薬品製造学研究室
簡単な原料を組み立てて、医薬品などの複雑な形の分子を作り上げる「有機合成化学」を専門とする研究室です。自分の手で分子を操って、これまで世の中になかった新しい機能を持った化合物や、新しい合成手法を作り出す、創製の醍醐味や感動を最も直接的に体験できる研究室です。希望すれば、1年生から研究に参加することも可能です。