TOKUSHIMA BUNRI UNIVERSITY TOKUSHIMA BUNRI UNIVERSITY

教員詳細

飯原 なおみ
いいはら なおみ
飯原 なおみ
Iihara Naomi
教授/香川薬学部 薬学科
生年月 1961年1月
所属 香川薬学部 薬学科
学位 博士(薬学)(岡山大学/医歯薬学総合研究科)
免許・資格
専門分野 薬剤疫学、医療薬学、計量心理学
所属学会 日本医療薬学会、日本薬学会、日本薬剤疫学会、日本統計学会、日本医薬品情報学会
担当授業科目 医薬品評価学、最新医療学、薬剤疫学、医療統計学
現在の研究 リアルワールドデータを用いた、医薬品評価・適正使用に関する研究
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0208411

学歴/経歴

学歴 東京理科大学 薬学部 薬学科卒業(1983年)
主な職歴 香川県薬剤師会(1983.4)、厚生農業協同組合連合会 屋島総合病院(1983.6)
香川医科大学(現 香川大学)医学部附属病院(1984.4)
徳島文理大学香川薬学部(2005.4)

業績

主な業績
主な学会
/社会活動等
① 日本病院薬学会(現 日本医療薬学会)論文賞 受賞(2000.6)
② 日本医療薬学会 論文賞 受賞(2015.6)
③ 香川県薬事審議会委員(2013.2-)
④ 日本薬剤疫学会評議員(2015.11-)
主な研究論文
/著書等
① わが国のナショナルレセプトデータベースが示した運転等禁止・注意医薬品の使用実態 (2014.2)
② 医・薬・患をつなぐ医療と、連携情報二次活用への期待 (2014.5)
③ Effect of endurance for adverse drug reactions on the preference for aggressive treatments in cancer patients (2015.3)
④ Polypharmacy of medications and fall-related fractures in older people in Japan: a comparison between driving-prohibited and driving-cautioned medications. (2016.5)
⑤ Patient Preference for Aggressive Medication Therapies with Potentially Stronger Adverse Drug Reactions Revealed Using a Scenario-based Survey.(2017.9)
⑥ 薬剤師の技能 理論まるごと実践へ 第2版 (2018.3)
⑦ 世界薬学探訪記~日本の薬学、薬剤師はどう変わるべきか?~ (2019.4)
⑧ Fragility fractures in older people in Japan based on the national health insurance claims database. (2019.5)
⑨ Decreased risk of fragility fractures associated with statin use in the older Japanese population: a nationwide case-crossover study. (2019.7)
⑩ Central Nervous System Agent Classes and Fragility Fracture Risk Among Elderly Japanese Individuals in a Nationwide Case-Crossover Design Study.(2020.2)
⑪ ベンゾジアゼピン受容体作動薬初回使用の実態―継続使用との対比 (2020.5)
⑫ Fracture risk increased by concurrent use of central nervous system agents in older people: Nationwide case–crossover study. (2021.6)
⑬ Statin persistence and adherence among older initiators: A nationwide cohort study using the national health insurance claims database in Japan. (2023.3)
関連情報

講座・研究室

医療薬学講座
実際の薬物治療で起きている問題・疑問の解決に向け調査・研究をしています。