TOKUSHIMA BUNRI UNIVERSITY TOKUSHIMA BUNRI UNIVERSITY

教員詳細

渕 靖史
ふち やすふみ
渕 靖史
Fuchi Yasufumi
助教/薬学部 薬学科
生年月 1987年3月
所属 薬学部 薬学科
学位 学士(薬学)(長崎大学/2009.3)
修士(薬学)(九州大学/2012.3)
博士(創薬科学)(九州大学/2017.3)
免許・資格
専門分野 有機化学、核酸化学、光化学
所属学会 日本薬学会、日本化学会、ケミカルバイオロジー学会
担当授業科目 衛生学実習
現在の研究 核酸医薬を指向した新規人工核酸誘導体の開発研究
リサーチマップ

学歴/経歴

学歴 長崎大学 薬学部 薬科学科卒業(2009.3)
九州大学大学院 薬学府 修士課程修了(2012.3)
九州大学大学院 薬学府 博士課程中途退学(2014.9)
主な職歴 九州大学大学院薬学研究院 助教(2014.10)
昭和薬科大学薬学部 特任助教(2018.4)
徳島文理大学薬学部 助教(2020.4)

業績

主な業績
主な学会
/社会活動等
① 原著論文(Tetrahedron Letter誌)の査読(2016.12)
② 学会(第31回日本薬学会九州支部大会)での座長(2015.11)
③ 学会(第33回日本薬学会九州支部大会)での座長(2017.11)
主な研究論文
/著書等
① Novel Benzofurans with 99mTc Complexes as Probes for Imaging Cerebral β-Amyloid Plaques. M. Ono, Y. Fuchi, T. Fuchigami, N. Kobashi, H. Kimura, M. Haratake, H. Saji, M. Nakayama. ACS Med. Chem. Lett , 2010, 1, 443–447.
② Efficient Covalent Capture of 8-Nitroguanosine via a Multiple Hydrogen-Bonded Y. Fuchi and S. Sasaki. Org. Lett . 2014, 16, 1760-1763.
③ New NitroG-Grasp Molecules with Enhanced Capture Reactivity for 8-Nitroguanosine in the AqueousMedia. Y. Fuchi and S. Sasaki. Chem. Pharm. Bull . 2015, 63, 913-919.
④ Synthetic Receptor Molecules for Selective Fluorescent Detection of 8-oxo-dGTP in Aqueous Media. Y. Fuchi, T. Fukuda and S. Sasaki. Org. Biomol. Chem . 2016, 14, 7949-7955.
⑤ Luminescent Europium Sensors for Specific Detection of 8-oxo-dGTP by Time-gated Fluorescence. Y. Fuchi, T. Fukuda and S. Sasaki. Bioorg. Med. Chem . 2018, 26, 3254-3260.
⑥ Photophysical Properties of Emissive Pyrido[3,2-c]carbazole Derivatives and Apoptosis Induction: Development towards Theranostic. M. Sakuma, Y. Fuchi, K. Usui and S. Karasawa. Chem. Asian. J . 2019, 14, 3938-3945.
⑦ Selective synthesis of substituted amino-quinoline derivatives by C-H activation and fluorescence evaluation of their lipophilicity- responsive properties. Y. Fuchi, M. Sakuma, K. Ohyama, R. Hagihara, M. Kohno, K. Hamada, A. Mizutani and S. Karasawa. Sci. Rep . 2019, 9:17723, 1-9.
関連情報

講座・研究室

放射薬品学研究室
当研究室では有機合成化学をベースに様々な分析技術も活用して、一本鎖RNAや二重鎖DNAを標的とした新たな高機能性人工核酸の創製を目指しています。それを通じて、核酸創薬を視野に入れた新規テクノロジーの開発や核酸をキーワードとした新しい合成手法の開発に繋げていきたいと考えています。