1. ホーム
  2. 学部・大学院
  3. 保健福祉学部
  4. 診療放射線学科

診療放射線学科

診療放射線学科 TOPICS

香川診療放射線学科
2018年08月07日
8月4日のオープンキャンパス
香川診療放射線学科
2018年06月22日
6月のオープンキャンパス
香川診療放射線学科
2018年04月18日
就職ガイダンスを行いました
香川診療放射線学科
2018年04月09日
2018年度の新入学生を迎えて
香川診療放射線学科
2018年03月19日
平成29年度の卒業式が行われました

体の内部の病気やケガの状態を見えるようにするX線撮影装置や核医学検査機器などを操作し、診断の基礎となる情報を提供する診療放射線技師。放射線の取り扱いに関する高度な専門知識と確かな技術が必要です。診療放射線学科では、X線撮影機器をはじめC T 、MRI、マンモグラフィ、エコーなどの最新の検査機器や画像処理機器で、撮影から画像処理にいたる画像診断の最先端を学びます。カリキュラム編成は、最先端の診断・治療機器の基礎原理を理解し、それを臨床の現場で使いこなせる実践的技術の修得を重視しています。

診療放射線学科3つのポイント

  • 1
  • 最新鋭の検査・撮影機器や画像処理機器などの設備
  • 2
  • 現代医療のニーズに合った授業
  • 3
  • 総合大学のメリットをいかしたチーム医療教育

在学生からのメッセージ(2017年後期)

 オープンキャンパスに参加した時に、病院で使用される医療機器や授業以外の国試対策が充実していることが、将来の自分のためになると思い志望しました。
 先生方は、授業以外でも常に学生と向きあってくれるので、わからないことがあってもすぐに教えてもらえます。早い段階から国家試験対策を行っているので、これから先のどういうことを学ぶのか想像がつきやすいです。
 サークルはバレー部に所属しています。サークルや学科の先輩や後輩とのつながりはとても重要で、多くの人と楽しく関わることは、今後の人生に役立つと思います。また、1年次の宿泊セミナーなどで出会った他学部の友達との交流は今でも続いていて友達の輪を増やしていける環境はとても良いです。

2年 加洲 星太さん(愛媛県出身)


 ■時間割(2017年度後期)
1講時 画像検査技術学VI(MRI) 画像検査技術学VII(超音波)
2講時 放射線安全管理学 放射線生物学 医用画像工学II 画像検査技術学V(CT)
3講時 臨床病理学 医用電子工学実験 英語C
4講時 医用電子工学実験 哲学
5講時 臨床医学総論
※2017年度取材時の情報です。
 時間割は、入学年度や希望資格・免許状等により異なります。
 1講時[9:05~10:35]、2講時[10:45~12:15]、3講時[13:05~14:35]、4講時[14:45~16:15]、5講時[16:25~17:55]


科目一覧

1年次

一般教養科目と本学科の専門基礎学習
専門基礎分野
  • 人体の構造と機能および疾病の成り立ち

    解剖学 / 生理学 / 生化学 / 公衆衛生学 / 医学倫理概論

  • 保健医療福祉における理工学的基礎並びに放射線の科学および技術

    電気工学 / 自動制御工学 / 放射線物理学Ⅰ(基礎) / 放射化学 / 放射化学演習

専門分野
  • 診療画像技術学

    放射線科学技術論 / 画像検査技術学Ⅰ(X線発生装置) / 画像検査技術学Ⅱ(一般撮影)

    画像検査技術学Ⅱ(一般撮影)

    画像検査技術学Ⅱ(一般撮影)

    全身の骨エックス線検査の目的・方法を学びます。教室での授業ですが、効果的なスライド・骨格標本・教育用ビデオを活用して視覚的に理解できるよう学びます。

2年次

専門基礎を中心に専門分野の講義・実習
専門基礎分野
  • 人体の構造と機能および疾病の成り立ち

    臨床医学総論(チーム医療を含む) / 臨床病理学

  • 保健医療福祉における理工学的基礎並びに放射線の科学および技術

    電気工学実験 / 医用電子工学 / 医用電子工学実験 / 応用数学 / 自動制御工学実習 / 放射線生物学 / 放射線物理学Ⅱ(応用) / 放射線化学実習

専門分野
  • 診療画像技術学

    画像解剖学 / 画像検査技術学Ⅲ(循環器他) / 画像検査技術学Ⅳ(X線透視他) / 画像検査技術学Ⅴ(CT) / 画像検査技術学Ⅵ(MRI) / 画像検査技術学Ⅶ(超音波他)

  • 核医学検査技術学

    核医学検査技術学Ⅰ(総論)

  • 医用画像情報学

    医用画像工学Ⅰ(画像形成) / 医用画像工学Ⅱ(画質) / 医用工学演習

  • 放射線安全管理学

    放射線安全管理学

実習風景

  • トレース実習

    トレース実習

  • CTスキャン

    CTスキャン

  • 透視撮影

    透視撮影

  • マンモグラフィ

    マンモグラフィ

  • エックス線写真

    エックス線写真

3年次

学内実習と専門分野の講義・実習
専門基礎分野
  • 保健医療福祉における理工学的基礎並びに放射線の科学および技術

    放射線衛生学 / 放射線物理学演習 / 放射線計測学 / 放射線計測学実習 / 生体核物理学

専門分野
  • 診療画像技術学

    画像診断学 / 放射線医薬品学 / 超音波検査技術学

  • 核医学検査技術学

    核医学検査技術学Ⅱ(各論) / 核医学機器学 / 核医学検査技術学演習

  • 放射線治療技術学

    放射線治療機器学 / 放射線治療技術学Ⅰ(照射方式) / 放射線治療技術学Ⅱ(照射技法) / 放射腫瘍学

  • 医用画像情報学

    医用画像情報学 / 医用画像情報学実験 / 医用工学演習

  • 放射線安全管理学

    放射線安全管理学演習 / 放射線安全管理学実習 / 放射線関係法規Ⅰ(障防法関係) / 放射線関係法規Ⅱ(医療法関係)

  • 医用安全管理学

    医療安全管理学

  • 臨床実習

    画像検査技術学実習Ⅰ(学内実習)

4年次

臨床実習と卒業研究、より専門的な演習
専門基礎分野
  • 保健医療福祉における理工学的基礎並びに放射線の科学および技術

    電気工学演習 / 医用電子工学演習 / 放射線生物学演習 / 放射線計測学演習

専門分野
  • 診療画像技術学

    画像解剖学演習

  • 放射線治療技術学

    放射線治療技術学演習

  • 医用画像情報学

    医用画像工学演習 / 医用画像情報学演習

  • 臨床実習

    画像検査技術学実習Ⅱ(臨床実習) / 核医学検査技術学実習(臨床実習) / 放射線治療技術学実習(臨床実習)

    医療機関での臨床実習

    徳島文理大学が提携する医療機関(下欄参照)における臨床実習をとおして放射線診断・治療についての総合的な知識を修得し、患者さんに対する接遇方法を学びます。画像検査技術学実習Ⅱは4週間、核医学検査技術学と放射線治療技術学の実習はそれぞれ2週間です。

  • 卒業研究

    卒業研究

実技指導 臨床実習

4年次前期に右の実習先提携医療機関で実施します。

  • 香川大学医学部附属病院
  • 徳島大学病院
  • 愛媛大学医学附属病院
  • 高知大学医学附属病院
  • 四国こどもとおとなの医療センター
  • 香川県立中央病院
  • 徳島県立中央病院
  • 高知医療センター
  • 高松赤十字病院
  • 徳島赤十字病院
  • 高松市民病院
  • 徳島市民病院
  • 徳島県鳴門病院
  • 三豊総合病院
  • 東徳島医療センター
  • 滝宮総合病院など
資格対策 診療放射線技師国家試験対策

入学時から担当教員を中心とした「チューター制」による国家試験対策を実施。4年次後期には、特別講義、本格的な対策講座、模擬試験などを集中的におこない、国家試験「全員合格」をめざします。

科目PICK UP

PICK UP
01
自動制御工学実習

自動制御工学実習

1人ずつにPC端末が用意されている医療画像学実習室でExcelを利用し、自動制御工学実習としてシミュレーションなどを通じて制御システムの理解を深めています。

PICK UP
02
画像検査技術学実習Ⅰ

画像検査技術学実習Ⅰ

CT装置を使用した実験では照射するエックス線の量と撮影方法によって画像がどのように変化するかを学びます。またマンモグラフィやMRI装置を使用した実験もおこないます。

PICK UP
03
画像検査技術学実習Ⅰ

画像検査技術学実習Ⅰ

1.5テスラ(15,000ガウス)の超電導磁石を備えたMRIの実習では、撮影法の修得だけでなく、高磁場環境下での安全管理や高出力電磁波の人体への影響などについても学びます。

PICK UP
04
画像検査技術学実習Ⅰ

画像検査技術学実習Ⅰ

基礎医学・医工学実習室にてエックス線写真、CT・MRI・超音波などの画像をシャウカステン上でトレースし、人体の解剖の知識を深めています。

めざせる進路

医療機関・福祉施設、医療機器メーカー、行政機関( 保健関連)、スポーツ関連施設など

就職率(診療放射線学科)

100%

※2018年5月現在、厚生労働省・文部科学省共同調査に準拠

主な就職先(2018年3月卒業)

国立大学法人愛媛大学 愛媛大学医学部付属病院、兵庫医科大学病院、高松市立みんなの病院、香川県立中央病院、徳島県立中央病院、兵庫県立尼崎総合医療センター、公益財団法人香川県総合検診協会、香川県厚生農業協同組合連合会 滝宮総合病院、日本赤十字社(高松赤十字病院、高知赤十字病院)、医療法人おもと会 大浜第一病院、医療法人きたじま倚山会 きたじま田岡病院、医療法人三成会 水の都記念病院、医療法人社団豊南会 香川井下病院、医療法人芳越会 ホウエツ病院、三豊総合病院企業団 三豊総合病院、社会医療法人近森会 近森病院、社会医療法人財団池友会 福岡新水巻病院、社会医療法人山弘会 上山病院、社会医療法人中通総合病院、神戸朝日病院、徳島健康生活協同組合 徳島健生病院、日本鋼管福山病院、亀井病院、学校法人谷岡学園 神戸芸術工科大学 等

取得可能な資格

診療放射線技師国家試験受験資格/第一種・第二種放射線取扱主任者

診療放射線技師に聞きました(やりがい、辛いところ、めざしている人へのアドバイスなど)

Q 仕事でやりがいを感じるのはどんな時ですか?
A 医療現場での仕事は、患者様が元気になって普段の生活が送れるようになることが一番のやりがいです。なかでも放射線技師は、病気やケガの発見や診断の材料となる画像情報が提供できるので、患者様の診断や治療に携わっているというのが日々実感できます。最近では、放射線治療にも関わることが多く、患者様の治療に参加しているという責任感もありますが、治療が治り元気になった姿を見ると、とてもやりがいを感じます。
Q この仕事の辛いところや厳しいところは?
A 総合病院では、救急対応もあるため、夜の勤務があります。回数は少ないですが、生活のリズムをくずさないよう体調管理には十分気をつけています。また、放射線を扱う業務のため、安全管理にも万全を期しています。
Q この仕事をめざしている人へアドバイス
A この仕事は、限られた時間で行う検査でどれだけ診断価値のある画像を医師に提供できるか、医師や看護師と協力してスムーズに検査を進めることができるか、日々勉強です。その基礎となる知識は大学でしっかり身につけてください。また、患者様が安心して検査や治療が受けられるよう心配りやコミュニケーション能力も大切です。皆さんもよい診療放射線技師になれるようにがんばってください。

教員・研究所の紹介

教授

・坂東 義教()

・千田 彰一()

・佐藤 一雄()

・保田 定利()

・朝原 正喜()

・伴 隆一()

・吉村 好之()

准教授

・松村 宣良()

・石井 里枝()