口腔保健学科

 現在の医療や福祉の課題として、生活習慣病の予防や介護予防に加え、関連職種が連携して、病気の人の退院後の生活や要介護高齢者などを地域全体で支援するシステムの構築と人材の養成があります。
 特に4 年制大学に設置された口腔保健学科では、ライフステージのあらゆる場面で「口の健康を全身の健康につなぐ」担い手として、また「一生口からおいしく安全に食べる」ことを支え、健康寿命の延伸に貢献できる専門性の高い歯科衛生士を養成します。
 本学科ではこれまでに四国の内外から、理系・文系の双方からの入学生を迎えています。また歯科衛生士を目指す学生を対象にした学科独自の奨学金制度を設けて学生生活のサポートを行っています

口腔保健学科4つのポイント

  • 1
  • 健康寿命の延伸に貢献する新時代の歯科衛生士の養成
  • 2
  • 医療・介護の現場で関連職種との連携を容易にする実践的教育カリキュラム
  • 3
  • 教育・臨床・研究に実績のある親切・熱心な教員による指導
  • 4
  • 最新の実習設備が十分整い恵まれた学習環境で高める臨床スキル

在学生からのメッセージ

在学生からのメッセージ

 歯科衛生士を目指すきっかけは、母親の助言からでした。また、小さい時に歯医者に行くと歯科衛生士に親切に応対していただいたことを思い出し、私も歯科衛生士になろうと決めました。本学に進学した理由は、専門学校よりも幅広い就職先の可能性があると思ったからです。徳島文理大学連(阿波踊り)に所属しています。夏の阿波踊りに参加したり、いろいろな方に依頼されて演舞したり、忙しい時もありますが、充実した大学生活を送っています。

1年 白井 瑠衣さん(香川県出身)

 ■時間割(2017年度後期)
1講時 倫理学 口腔解剖学・口腔生理学 口腔解剖学・口腔生理学
2講時 現代社会と福祉II 英語B 化学A 口腔保健臨床実習 人体の構造・機能学
3講時 社会学A 健康スポーツB 英語A 口腔保健臨床実習 生化学
4講時 人体の構造・機能学II 口腔保健臨床実習
5講時       口腔保健臨床実習  
※2017年度取材時の情報です。
 時間割は、入学年度や希望資格・免許状等により異なります。
 1講時[9:10~10:40]、2講時[10:50~12:20]、3講時[13:10~14:40]、4講時[14:50~16:20]、5講時[16:30~18:00]

在学生からのメッセージ

在学生からのメッセージ

 口の健康を全身の健康につなげる様々な場面で活躍ができる歯科衛生士という職業に魅力を感じて口腔保健学科への進学を決めました。この学科は新しく開設されたばかりで、最新の歯科診療ユニット24台を備えた臨床実習室など、どの教室もきれいで学習環境が整っています。また学生と教員との距離が近くて雰囲気が和やかで、私たちの質問に対して先生は熱心に応えてくれます。1期生なので上級生はいませんが、これから学んでいくことが日々楽しみで、毎日充実した大学生活を送ることができています。
 私は他の多くの医療専門職と関わりを持つことで、患者さんだけでなく、多くの人に口の健康の大切さを伝えることができる歯科衛生士を目指しています。そのために講義や実習を通してたくさんのことを学び・経験して、多くの知識や技術を身につけられるように努力したいと思います。

1年 上野 愛実さん(愛媛県出身)

 ■時間割(2017年度前期)
1講時 英語B① 心理学A 現代社会と福祉I
2講時 こころとからだの理解 英語A① 口腔保健学概論 情報処理
3講時 健康スポーツA 口腔保健学概論 介護概論
4講時 応用生物学A     文理学 コミュニケーション論
5講時       文理学  
※2017年度取材時の情報です。
 時間割は、入学年度や希望資格・免許状等により異なります。
 1講時[9:10~10:40]、2講時[10:50~12:20]、3講時[13:10~14:40]、4講時[14:50~16:20]、5講時[16:30~18:00]

科目一覧

1年次

基礎分野
  • 一般総合科目

    文理学 / 心理学A / 情報処理 / 応用生物学A / 健康スポーツA / 英語A① / 英語B① / 倫理学A / 英語A② / 英語B② / 健康スポーツB / 社会学A / 化学A など

専門基礎分野
  • 人体の構造と機能(歯・口腔を除く)

    人体の構造・機能学Ⅰ / 人体の構造・機能学Ⅱ / 生化学(栄養学基礎・代謝学を含む)

  • 歯・口腔の構造と機能

    口腔解剖学・口腔生理学Ⅰ / 口腔解剖学・口腔生理学Ⅱ

専門分野
  • 歯科衛生士概論

    口腔保健学概論

  • 臨地実習(臨床実習を含む)

    口腔保健臨床実習Ⅰ(早期体験実習)

  • 社会福祉関連科目

    コミュニケーション論 / 現代社会と福祉Ⅰ / 現代社会と福祉Ⅱ

専門分野

2年次

専門基礎分野
  • 歯・口腔の構造と機能

    口腔解剖学・口腔生理学Ⅲ

  • 疾病の成り立ちおよび回復過程の促進

    病理学(口腔病理学を含む)/ 薬理学(歯科薬理学を含む)/ 微生物学(感染学・免疫学を含む)

  • 歯・口腔の健康と予防に関わる人間と社会の仕組み

    歯科衛生統計 / 衛生行政 / 衛生学・公衆衛生学 / 口腔衛生学 / 医療情報処理学

専門分野
  • 歯科診療

    発達系歯科学 / 保存系歯科学 / 補綴系歯科学 / 外科系歯科学

  • 歯科予防処置論

    口腔保健衛生学基礎実習 / 口腔疾患予防学 / 口腔疾患予防学実習Ⅰ

  • 歯科保健指導論

    臨床心理学 / 医療倫理学 / 歯科保健指導論 / 歯科保健指導演習 / オーラルヘルスプロモーション

    オーラルヘルスプロモーション

    口の健康が全身の健康増進にどのようにつながるかについて、ライフステージに沿って健康の基盤形成・維持・増進・回復の観点から学び、専門性の高い歯科衛生士として口腔保健指導を各場面に応じて実践できる力を修得します。

  • 歯科診療補助論

    歯科英語 / 歯科診療補助論 / 歯科診療補助論基礎実習Ⅰ

3年次

専門分野
  • 歯科診療

    歯科放射線学 / 歯科麻酔学

  • 歯科予防処置論

    口腔疾患予防学実習Ⅱ / 高齢者口腔保健衛生学 / 摂食嚥下リハビリテーション学

  • 歯科保健指導論

    食生活指導論

  • 歯科診療補助論

    歯科診療補助論基礎実習Ⅱ / 障がい者(児)口腔保健衛生学 / 口腔介護学 / 看護学概論 / 総合医科学 / 歯科医療リスク管理学

  • 臨地実習(臨床実習を含む)

    地域歯科保健臨床実習 / 口腔保健臨床実習Ⅱ(一般歯科診療所) / 口腔保健臨床実習Ⅲ(病院歯科)

  • 社会福祉関連科目

    高齢者福祉に対する支援と介護保険制度 / 障がい者に対する支援と障がい者自立支援制度 / 社会調査の基礎 / 社会保障

4年次

専門分野
  • 歯科診療補助論

    チーム歯科医療学

    チーム歯科医療学

    医療や介護の現場で、それぞれの専門職種の業務内容やチームの中での相互連携の仕方、および多職種連携における口腔ケアや食事支援など口腔保健の専門職としての役割について学びます。

卒業研究

卒業研究

ファントム実習机

ファントム実習机

臨床実習室

臨床実習室

模擬歯科診察室

模擬歯科診察室

TOPICS

摂食嚥下リハビリテーション学

摂食嚥下リハビリテーション学
摂食嚥下リハビリテーション学講義風景

高齢になると、食べる・のみ込むなどの口腔機能が低下しがちで、脳血管障害になると後遺症として摂食嚥下障害が残り、誤嚥性肺 炎を引き起こしやすくなります。摂食・嚥下に関連する解剖・生理学を学び、摂食嚥下障害のスク リーニング法、嚥下リハビリや「健口体操」などの機能訓練法、多職種連携による食事支援の方法などを修得します。

国際性豊かな歯科衛生士を育てる

世界の最新情報を取り入れることができ、海外でも活躍できるグローバル人材の養成をめざし、一般総合科目の英語授業や歯科英語を必修科目としています。口腔保健学科のあるメディアセンターには語学センターがあり、視聴覚施設および外国人教員に恵まれています。国際交流として、北欧フィンランドのメトロポリア応用科学大学、アジアでは韓国の水原大学校やインドネシアの大学などとの交流の足がかりができており、学生の交流体験やWeb会議システムを利用した交流授業などを計画しています。

メディアセンター(7F・9F口腔保健学科)

メディアセンター(7F・9F口腔保健学科)

口腔保健学科の施設は、新しく明るい25号館のメディアセンター7F・9Fが中心です。7Fには24台の歯科診療ユニットを備えた臨床実習室をはじめ、ファントム実習をおこなう基礎実習室や実験室、模擬歯科診療室、エックス線室のほかに国家試験対策や学生の主体的な自習を促すゼミ室、ロッカー室などがあります。9Fには教員室と講義をおこなうゼミ室があり、授業以外の時間にも各教員が親身になって指導やアドバイスをおこなえるような施設配置となっています。3号館には看護学科など保健福祉学部の他学科と共用の講義室や演習室、実習室があり総合大学としての強みをいかしています。

めざせる進路

歯科クリニック等で歯科衛生士として働くだけではなく、大学で学んだ高度医療の知識や技術を活かし、多彩な現場で活躍。大学病院や総合病院のほか、歯科衛生士養成専門学校の教員への道も開けています。

想定される進路

本学科は卒業後の進路の実績はまだありませんが、歯科衛生士養成4年制課程のある他大学の実績をみると、大学病院や総合病院などの病院が多く、次いで一般の歯科クリニック、保健所などの行政、歯科及び食品関係等の企業や団体、高齢者施設、歯科衛生士養成校の教員などとなっています。さらに大学院へ進学して大学教員やより高度な専門職業人を目指す人もいます。本学科教員の熱心・親切な指導と大学をあげた就職支援によって、他大学に負けない高い実績を目指しています。

■主な想定される就職先
医療機関(病院、クリニック)、福祉施設、行政機関(保険関連)、企業(医療、食品関連)、歯科衛生士養成校(教育)、進学(大学院)

取得可能な資格

歯科衛生士国家試験受験資格/社会福祉主事任用資格

国家試験100%をめざす対策講座

歯科衛生士国家試験100%合格をめざし、各種対策講座を用意。教職員が一丸となって徹底的にサポートします。また、公務員や福祉施設のスタッフとして働く上で有利な社会福祉主事任用資格も取得可能です。

歯科衛生士とは

歯科医師の診療補助、虫歯や歯周病の予防処置、保健指導を行う専門職。医療関係のなかでは比較的勤務時間が規則正しく、長く働けると女性に人気の仕事ですが、人材需要が高いため、人手不足が問題となっています。

教員・研究所の紹介

教授

・石原 国彦(機械力学(振動工学),流体工学・音響工学,流体関連振動・騒音)

・福田 信夫(循環器内科学全般,心・血管機能評価,心臓聴診の臨床応用)

・大倉 良昭
(ディジタルデータの符号化に関する理論:データ圧縮、符号理論、暗号理論,データハイディング,医療情報への応用)

・氏原 友三郎(手術機器・設備,医療機器安全管理,医療機器中央管理)

・上田 雅彦
(滅菌、消毒学,新生児集中治療室における人工呼吸療法,造血幹細胞採取(骨髄濃縮、末梢血幹細胞採取、リンパ球採取、顆粒球採取),医療機器安全管理技術)

・吉田 知司
(分光光度計による生体特性計測,ファントムの規格化の検討,画像処理応用(静止画像、動画像),水質の解析評価)

講師

・樫野 真(血液浄化全般,心電計の作成,医療機器管理)

・武蔵 健裕
(静脈系模擬循環回路を用いた血液浄化デバイスの動特性解析,喀痰吸引における効率改善,流動状態の可視化)

・後藤 朱里(生体材料と血液凝固反応亢進との関連性,血液凝固機序)

関連リンク