概要

糖尿病看護認定看護師教育課程の理念

「自立協同」を建学の精神とする本学は、地域に貢献できる人材の育成を目指している。そこで、生命を尊び、対象を全人的に理解し、人々の健康を支援することができるとともに、看護の専門職者として自己の責任を自覚し、医療チームの一員として協働活動に参加できる、質の高い看護師の育成を目指すものである。

本教育課程の教育目的

  • 糖尿病患者が自らの力を発揮し、セルフケアを確立していくプロセスを、卓越した知識・技術を用いて支援する実践能力を育成する。
  • 糖尿病看護の質の向上を目指し、指導・相談活動が展開できる能力を育成する。
  • 地域における生活習慣病予防活動の実践など、対象(県民)の生涯にわたる健康教育・支援ができる能力を育成する。

 

本教育課程の教員紹介

  • 徳島文理大学地域連携センター長
    新見延安
  • 主任教員
    平田久美 糖尿病看護認定看護師
  • 専任教員
    瀧川稲子 糖尿病看護認定看護師
  • 非常勤教員
    (学内・学外)多数