かなえたチカラ > 人間生活学部児童学科



出会いが一生の宝物

■氏名■

下村 龍己さん(滋賀県出身)

■学部学科■

人間生活学部 児童学科

■内定先(勤務先)■

公立小学校(徳島県)
*内定先は、取材時のものです。


大学生活を振り返って

 自分にとって、とても成長できた4年間だったと思います。大学でしかできないボランティア活動や教員採用試験の勉強などを通して、様々な経験・知識、仲間を得ることができました。
 勉強ができる環境がたくさんあり、テスト期間や教員採用試験の勉強では、ストレスを感じることなく、勉強ができました。

内定までの本学サポート

 教員採用試験で大切な時期に、新型コロナウイルスの影響で休講となり、大学で勉強する事ができなくなり、家での勉強を余儀なくされました。
 万全の環境で、勉強ができず不安でしたが、お忙しい中、先生方が資料を配布してくださったり、アプリ(GoogleClassroomやzoom)を使って、面接練習をしていただきました。
 どうしてもやる気が出ない時は、そんな先生方の期待に応えたいと思い、頑張ることができました。

めざしている高校生に一言

 児童学科は、どの学科に比べても活発で明るいと思います。
 本気で教育の仕事に就こうと思い入学してくる方、子どもが好きで入学する方などいろいろな人がいます。
 児童学科の授業は、専門的な知識はもちろんですが、教育のおもしろさ、難しさ、やりがいを感じることができます。
 そして、何よりも友人や先生方との出会いが一生の宝物になることは間違いありません。
 子どもの成長に携わろうとしているあなたは、とても優しい心を持っていると思います。ぜひ、児童学科へ。

このページの先頭へ

就職状況

大学案内・入試関連の資料請求はこちらから