1. ホーム
  2. 研究・教育支援
  3. 出張講義

出張講義

「出張講義」プログラム2016

平成28(2016)年度より出張講義プログラムは高等学校(一部プログラムは小・中学校可)からの申し込みに限定し、受講対象者は児童生徒といたします。

趣旨・目的

この事業は,徳島文理大学の教員が,高等学校等からの要請に応じて幅広い専門分野の講義を行い,高校生等が大学の教育・研究の成果に触れることにより,学問に対する関心を高め探求心をもつことを目的としています。

申込み手順

  1. 1ヵ月前までに本学ホームページからお申し込みください。
  2. 派遣教員との調整を行い,連絡いたします。

その他

  1. 講師派遣は,四国内・淡路島・岡山県の高等学校を原則といたします。
    備考欄に「小・中学校可」の記載がある講義につきましては,小学校・中学校への派遣も可能です。
  2. 講義の時間は,原則として45分~90分とします。
  3. 交通費・謝金等は必要ありません。
  4. 派遣教員の都合により,ご希望に添えない場合もございますのでご了承ください。
  5. テレビ会議システムを用いた講義をご希望の場合は,ご相談ください。

申込・問い合わせ先

徳島文理大学・徳島文理大学短期大学部
教育・研究支援グループ E-mail kougi@tokushima.bunri-u.ac.jp
 ■徳島キャンパス 〒770-8514 徳島県徳島市山城町西浜傍示180  TEL088-602-8662 FAX088-602-8781
 ■香川キャンパス 〒769-2193 香川県さぬき市志度1314-1 TEL087-899-7550 FAX087-894-4545

 

薬学部(徳島キャンパス)

  出張講義の題名/内容 教員/学部・学科 備考
科学・技術と社会
現在,人類は,地球温暖化,資源・エネルギーの枯渇,地球上の地域的貧困,有効な治療法のない病気等,極めて困難な課題に直面している。これらの問題の解決は,大量の知識の創造(主として理系の知)とその適切な利用(主として文系の知)に依る他はないと考えられる。このような背景のもと,現代科学のフロンティアとその応用が人類社会に与えうる影響について述べる。
薬学博士・薬剤師
桐野  豊

学長・教授
薬学の世界
薬学部で学ぶ学生の数は,間もなく,農学部や理学部で学ぶ学生の数と同程度となる。薬学部は,そのサイズから見ても,理系の学問を担う主要な学部になりつつある。薬学部は,医療現場(病院,薬局)で薬剤師として働く専門職を養成するだけでなく,広く多様な産業界(医薬品産業,食品産業,化粧品産業,化学工業界等々)に対して多くの人材を輩出している。多様な職種・職場を含む広範な「薬学の世界」について概説する。
薬学博士・薬剤師
桐野  豊

学長・教授
森林がホタルを呼び戻す―天然物化学からのアプローチ―
吉野川市美郷川田川に天然記念物のゲンジホタルが川の清流水質の回復と共に戻ってきた。戦後の荒廃した山の植林には針葉樹のスギ・ヒノキが殆ど,ところがこのスギ葉部から殺カワニナ物質が出されることがフィールド調査で解った。
理学博士
福山 愛保

学部長・教授
【体験型】コケ植物に触れてみよう:苔から香料,医薬を創り植物進化の謎に迫る
3億5千年前に地上に出現した苔から香料や筋肉弛緩,抗インフルエンザなどの薬の元となる物質を取り出し,またそれらの物質を基盤に藻類,苔類,シダ類進化の謎を解き明かす。実際に苔植物にふれて恐竜などがそれを食べていたなどのロマンをみんなで語ろう。
理学博士・アジア植物化学協会会長
浅川 義範

生薬研究所長・教授
細菌が病気を起こす原因
細菌はたくさんの病気の原因となる病原因子(毒素)を産生します。毒素は,生体にピンポイントで作用して,生命維持の基本を混乱させ,病気を起こします。また,作用の特殊性から薬になったものがあります。毒素の不思議な世界を紹介します。
薬学博士・薬剤師
永浜 政博

薬学科長・教授
薬理学者の永遠の恋人「受容体」
多くの細胞刺激物質が,細胞内に入れないにも関わらず,情報が伝達して細胞が反応する。この不思議に関与している受容体について紹介する。
薬学博士・薬剤師
赤木 正明

教授
【体験型】あなたの味覚は大丈夫?
食生活の乱れにより,現代人の味覚は,感じ方が変わってきているといわれています。味は主に舌の味蕾で感じますが,甘味,塩味,酸味,苦味,うま味として認められている溶液をどのように感じるか試してもらいます。そして,自分の味覚感知能力を実感してもらいます。
薬学博士・薬剤師
赤木 正明

教授
有機化学への誘い―生命の不思議を分子で語る―
動植物の生命活動を支えている根源的なものは多種多様な化学物質であり,その中で有機化合物は実に魅力的な役割を演じている。身近な生命体がおりなす不思議な営みを有機分子を通して眺めることで,化学の楽しさを再確認したい。
理学博士
角田 鉄人

教授
【体験型】白いホットケーキは焼けるか?
デンプンなどの糖分がなければ人間は生きていけません。糖分はどのように消化され,エネルギー源になるのでしょうか。実はトーストやホットケーキがこんがりとしたきつね色に焼けるのは糖分とタンパク質が反応するからです。糖がないとホットケーキも白くなる? このような実験を通して糖分の役割や糖尿病とは何かについて学びましょう。
保健学博士
姫野誠一郎

教授
薬と毒の不思議な関係
痛み止めの薬である鎮痛薬は,神経を麻痺させて痛みを止めます。しかし,フグ毒やサソリの毒も神経に作用します。しかもフグ毒とサソリ毒はNaチャンネルという同じ場所に働いて,まったく逆の作用をします。鎮痛薬の中には,イモ貝という毒を持つ貝の成分から開発された薬もあります。つまり,薬と毒は紙一重です。薬と毒の不思議な関係についてわかりやすく解説します。
保健学博士
姫野誠一郎

教授
「物忘れ」って何?
加齢と共に人の記憶力は衰える。「昨日の夕食は?」「今日は何月何日ですか?」思い出せない。一体,人の脳内で何が起こっているのか? 加齢に伴う「物忘れ」の特徴とその対応を概説する。
医学博士・医師
松永 洋一

教授
くすりは飲み方しだいでリスクに!サプリメントにも注意!
薬は正しく服用することにより,有効かつ安全に治療薬としての役割を果たしますが,飲み方を誤ると期待する効果以上となって副作用が出たり,逆に効果が弱まったりします。また,複数の薬を飲んだ時や食べ物と一緒に飲んだ時には相互作用を示し,思いがけないリスクを引き起こします。体内でくすりがリスクに変化しないための正しい飲み方を紹介します。
医学博士・薬剤師
庄野 文章

教授
遺伝子と生命・インフルエンザウイルス・iPS細胞
遺伝子は生命の設計図です。一つの遺伝情報からタンパク質が作られますが,この過程は遺伝子発現と呼ばれています。その遺伝子発現の調節は,発病や治療とも関係しています。毎年発生するインフルエンザの原因であるインフルエンザウイルス,最近注目されている再生医療やiPS細胞についても紹介します。
薬学博士
葛原  隆

教授
薬剤師としてチーム医療に貢献できること―患者さんのため薬学―
薬学の学びは社会の人々のために役立ちます。薬剤師は薬学部卒業生だけが取得できる国家資格であり,医療の専門職として活躍します。薬剤師がチーム医療に貢献している実際について,薬の性質を上手に利用する考え方(臨床薬剤学)に基づいて,糖尿病,心臓疾患,高齢者医療,がん化学療法などを例にして易しく,優しく解説します。そして,高校での授業が実は基本にあること,その大切さを理解して,社会の役に立つ人としての将来を展望する機会になることを願っています。また,中学生には,上記の内容の他に,くすりの発見や毒と薬のちがい,違法薬物の乱用による健康被害などについてもやさしい内容でお話しします。
薬学博士・薬剤師
市川  勤

教授
中学校可
薬と食の関わり
薬と飲食物・嗜好品あるいは健康食品が体内で出会うと予期せぬ事態が起こることがあります。すなわち,薬の副作用が現れ,十分な効果が得られず治療に失敗し,食が薬を毒にします。しかし,一方で薬と食の良い関係も忘れてはなりません。本講義では,われわれの身の回りに起こった出来事を紹介し,薬と食との相性を科学的に解き明かします。また,不測の事態が起こらない様,薬の上手な使い方をお話しします。
薬学博士・薬剤師
櫻井 栄一

教授
小・中学校可
【体験型】薬と化粧品
「美白化粧品」,「しみ・しわ予防化粧品」など,日常的に使っている化粧品どうやって作っているの? 薬とどう関係しているの? どう違うの? これらについて紹介,解説します。また簡単な化粧水・香水作りを体験しましょう。
薬学博士・薬剤師
京谷庄二郎

教授
平均寿命ってどうやって決めるの?
日本は,世界でも最たる長寿国として知られています。ちなみに2012年度の日本の平均寿命は,男性79.9歳,女性86.4歳だそうです。いったいこの平均寿命ってどうやって計算するんでしょう? こうしたヒトの生死に関する数値解析のことを人口統計といいます。本講義では,知ってるようで良く知らないこの人口統計の話をかみ砕いてみます。
薬学博士・薬剤師
鈴木 真也

教授
【体験型】化学反応で調べる環境汚染
徳島県の河川は汚染が少なく,全国的にもキレイな事で有名です。自然界の水質汚染度は,BODやCODという汚染指標値を用いて評価され,それらは化学反応を用いて測定されます。本講義では,実際にサンプルの水質汚染度を測定してみる体験を通して,何気なく飲み残しのジュースを湖に捨てるなどの行動が,どのくらい自然界に影響を及ぼすのかを定量的にシミュレーションしてみます。
薬学博士・薬剤師
鈴木 真也

教授
分子が働く不思議な世界―有機化学―
私たちの身の周りの多くの物は,有機化合物で出来ています。本講義では,「有機化合物とは何か」から解説し,さらに,有機化合物が立体的な形を持つことについて学びます。また,おもしろい形を持つ化合物や,医薬品などを例に,働く化合物についても紹介します。
薬学博士・薬剤師
今川  洋

教授
【体験型】働く分子の世界―有機化学への扉―
私たちの身の周りの多くの物は,有機化合物で出来ています。本講義の前半では,「有機化合物の持つ不思議な働き」を講義形式で紹介し,後半では,「甘味化合物」を例に,実際に分子の働きを体感してもらう事で,有機化学の世界へといざないます。
薬学博士・薬剤師
今川  洋

教授
体の中はどうなっているの?病気になるとどんな変化が起こるの?
ヒトの体の中はどんな構造をしているのか具体的に説明します。また病気になると,体の中で,組織や臓器にどんな変化が現れてくるかをわかりやすく解説します。
医学博士
秋田 昌彦

教授
原子や分子の種類と量を知るためには?―薬品分析化学―
ヒトも自然も原子で出来ています。クスリも原子の集合体である分子の働きを利用しています。小さな原子や分子は,目には見えないのに,その種類や量をどのようにして正確に知ることが出来るのでしょう。原子,分子からクスリ,ヒト,さらに地球規模までの分析について解説します。
薬学博士・薬剤師
宗野 真和

教授
漢方薬がインフルエンザにも効くってホント?
今,医療の多彩な分野で,また最前線から家庭薬まで,人類の英知である漢方薬が活躍し始めています。抗ガン剤の副作用の軽減,認知症患者の周辺症状,また,うつや風邪,体質改善と,あなたの知らなかった漢方のパワーを実感していただきます。
薬学博士
梅山 明美

教授
飲みやすい薬とは
小児や高齢者,疾患により薬を飲むことが難しい患者さんがたくさんおられます。最近の飲みやすい薬のしくみや,薬を飲むことの支援の方法について実例を示しながら科学的に解説します。
薬学博士・薬剤師
石田 志朗

准教授
【体験型】不思議な化学反応からみえてくる薬剤師の重要性
ときに,化学物質は不思議な化学反応を引き起こします。化学物質を有効成分とするクスリも決して例外ではありません。この講義では,いろいろな化学反応の不思議を紹介すると共に,クスリの飲み合わせ(クスリの化学反応)をチェックする薬剤師の重要性と主な仕事の内容について,わかりやすく紹介させていただきます。
薬学博士・薬剤師
山本 博文

准教授
【体験型】炭素と炭素をつなぐクロスカップリング反応~ノーベル化学賞の反応をやってみよう~
「炭素同士をつなぐ」というのは,実はなかなか難しい反応で,粘土細工のように好きなところに好きな大きさの分子をくっつけて作る,というわけにはいきません。異なる化合物を自在につなぐことを可能にしたのが,クロスカップリング反応です。医薬品,殺菌剤,液晶など,私たちの生活に欠かせないものの合成に活用されているクロスカップリング反応について最先端の有機化学も含めて紹介するとともに,ノーベル化学賞に輝いた鈴木-宮浦クロスカップリング反応を体験していただきます。
博士(薬学)・薬剤師
堂上 美和

准教授
 

人間生活学部(徳島キャンパス)

  出張講義の題名/内容 教員/学部・学科 備考
食品添加物について
食品添加物の働き,種類,表示等について学び,食生活の中で役立てる。
栄養学博士
犬伏 知子
食物栄養
学科長・教授
小・中学校可
肥満の話
栄養素の不足は好ましくない。一方,過食による肥満は生活習慣病のひきがねになる。食欲調節やエネルギー消費の研究にもとづいた上手な食生活を考える。
保健学博士
津田 とみ
食物栄養
教授
【体験型】「つくりあげる」音楽の楽しさ
ボディパーカッションや合唱活動を通して,みんなでつながった心の表現としての音楽をつくりあげ,楽しさや喜びを共有しあう活動です。
河口 雅子
児童
学科長・准教授
小・中学校可
保育の場と保育者の仕事
認定こども園(新・幼保連携型認定こども園を含む)ってなあに!幼稚園や保育所とどこが違うの?また,そこで働く保育者の仕事について一緒に考えましょう。
武田 紘一
児童
大学院専攻主任・教授
「笑顔」の効用
笑顔が人間関係に及ぼす効果と,豊かな笑顔をつくりだすためのコツについて解説します。
三橋謙一郎
児童
教授
小・中学校可
やる気を育てる「ほめ方」「しかり方」
子どものやる気を育てるためには,どのようなほめ方,しかり方が必要とされてくるのかについて,具体例を用いて解説します。
三橋謙一郎
児童
教授
子育ての基本とは
子育てって難しいの? 子どもの発達を知り,適切な対応をすることで,子どもの可能性を最大に引き出すテクニックを,事例を出して説明します。
岡山千賀子
児童
准教授
小・中学校可
【体験型】のぞいてみよう子どもの世界―楽しい遊びと手作りおもちゃ―
楽しい手作りおもちゃの製作を通して,コミュニケーション遊びの重要性を知ります。同時に現代の子育ての課題と保育者の資質等に迫った話をします。
岡山千賀子
児童
准教授
小・中学校可
【体験型】―誰もが楽しめる絵画による表現活動―幼児から大人まで
画用紙,クレヨン,クレパス,コンテ,鉛筆などの基本的な使い方を知り,五感を活用し,簡単な形や物を描きます。そして,絵を読み,内に潜んでいる新しい自分に出会い,自分や他人の良さや特性を知る活動です。幼児から大人まで絵を描くことが好きになります。
仁宇 暁子
児童
講師
小・中学校可
こころを科学する
こころについて科学的に学ぶとはどういうことでしょうか。いのちの大切さ,いじめや非行対策,国際協力など,いくつかの課題を例に,心理学がどのように社会の中で活かされているのかを説明します。
臨床心理士
黒澤 良輔
心理
学部長・教授
小・中学校可
【体験型】青年の心
青年期の心の特徴や問題をアイデンティティや性役割,自立といった点から理解する。あわせて,質問紙心理検査等を体験することによって,自己理解を深めるきっかけとする。
臨床心理士
中津 達雄
心理
学科長・教授
「生」と「死」を考える―ペットの視点から―
ペット(動物)によって心の「癒し」を与えられたり,逆にペットの死によって「うつ病」にかかったりすることもある。そこでペットを通して「生」と「死」について考えてみたい。
臨床心理士
生島 博之
心理
大学院専攻主任・教授
子どもの心
だれでも乳児・幼児・児童の時期を経験していますが,その頃の感じ方やものの見方・考え方がどうであったのか,はっきり覚えているわけではありません。子どもの心の有り様を理解することは,人間理解を深めることにもつながります。講義を聞きながら,自らの心の成長を振り返ってみましょう。
臨床心理士
髙橋 宏之
心理
教授
自分も相手も大切にする関わり方を考える
人と関わるときに出てくる「考え方のクセ」や,自分の気持ちの伝え方に目を向けて,自分も相手も大切にする関わり方を考える。
臨床心理士
中島富美子
心理
教授
行動のしくみ
心理学では新しい行動を身につけたり,行動を変化させることを「学習」といいます。また,ある行動を起こし,目標に向かって行動する過程を「動機づけ」と呼んでいます。そうした行動の基本的なしくみについて紹介します。
三村都與仁
心理
教授
【体験型】DV・ストーカー予防に向けて,アサーティブな関係づくり
性情報が溢れる社会で歪んだ知識を身につけている若者も少なくない。また,性行動においても自分を大切にする気持ちや相手に対する思いやりなどの欠如がDVやストーカーを引き起こすことにもつながりかねない。そこで,自他尊重の認識のうえで,体験を通してアサーティブな関係づくりを目指す。
博士(学校教育)
貴志知惠子
心理
准教授
選択に困った時の数学的解決方法
階層化意思決定理論を用いて,人間の価値観を数量化する。
博士(工学)
古本奈奈代
メディアデザイン
学科長・教授
デジタルの音楽・画像とは
音や画像をコンピュータで扱うために必要となるデジタル変換について学びます。
篠原 靖典
メディアデザイン
教授
防災について考えてみよう
近く発生が予想されている南海地震。その時,みなさんはどうしますか? 本学学生が開発した防災啓発コンテンツも使いながら身近な防災について考える。
山城 新吾
メディアデザイン
講師
小・中学校可
【体験型】体験型避難シミュレーションゲームに挑戦してみよう
建物内にコースと障害物を設置,ケガをしたとの設定で津波到来時間までに逃げる活動を通じ,避難の難しさを模擬体験し,事前の備えと身を守る事の重要性に気付かせる。
山城 新吾
メディアデザイン
講師
小・中学校可
事前相談と当日準備必須
【体験型】デジタル映像の制作
ビデオカメラとコンピュータを利用した映像の作成について,企画や準備,撮影や編集の進め方について実習形式で学ぶ。
山城 新吾
メディアデザイン
講師
小・中学校可
利用機材等,事前相談必須
人間工学からSCづくりを考える
人の行動の秘密を解く人間工学の理論を用いた生活者に満足と楽しさを提供するショッピングセンター(SC)づくり。
森田 孝夫
建築デザイン
教授
住宅設備を知ろう
住宅の給排水設備,冷暖房設備のしくみを学びましょう。
山田  實
建築デザイン
教授
住生活を見直してみては
先人達の知恵を生かして住生活を見直してみましょう。
川村 恭平
建築デザイン
准教授
犯罪と戦う科学捜査
人々の安全と安心な暮らしを守るため,日夜,犯罪と戦う科学捜査を紹介する。「科学捜査」とは,法医学,裁判化学などの学問を基礎として,犯罪の真実を明らかにすることである。犯罪現場に残されているものは,この世の中に存在する人の成分,薬物,毒物,化学物質,製品の部品があり,その分析は小・中・高校で学習する生物,化学,物理,数学などの知識が不可欠である。
薬学博士・薬剤師・臨床検査技師・甲種危険物取扱者
藤田 義彦
人間生活
学科長・教授
小・中学校可
くすりができるまで
くすりはどのようにして誕生するのか? いろいろな研究の成果について。
薬学博士
永山 績夫
人間生活
教授
骨格筋の発達をもたらす効果的な筋力トレーニング法
骨格筋は人間が行うすべての運動の原動力を提供する最大の組織で,体重の約40%を占める。近年,身体トレーニングにより骨格筋の発達を促すことが健康の保持増進につながることが明らかにされている。本講義では,骨格筋の発達をもたらす生理学的な仕組みを踏まえた,効果的な筋力トレーニング法を紹介する。
教育学博士
的場 秀樹
人間生活
教授
くらしのなかのエチケット~くらしのマナーを学ぼう~
マナーを学び,エチケットを知って,心豊かな家庭生活,社会生活をすごしましょう。
竹原 明美
人間生活
准教授
心とからだの健康づくりを一緒に考えよう
健康は,与えられるものでなく,自ら獲得するものです。また,環境づくりが欠かせません。一緒に健康づくりで大切なことを考えましょう。
竹内 理恵
人間生活
講師
小・中学校可
 

保健福祉学部(徳島キャンパス)

  出張講義の題名/内容 教員/学部・学科 備考
暮らしに活かすリハビリテーション学―高齢者の地域ケアにおけるQOLを考える―
高齢社会を迎え,高齢者(加齢)に関わる多くの課題が提起されています。高齢社会をどう捉え,考えていくのか。21世紀を生きる私たちにとって避けられない課題です。リハビリテーション(理念)がどう関わっていくのかについて,地域(生活の場での)ケアにおけるQOL(生命・生活・人生の質)の視点から捉えていきたいと思います。
博士(介護福祉・ケアマネジメント学)・理学療法士
小嶋  裕
理学療法
学科長・教授
足をなくした人が再び歩くためには―下肢の切断者の理学療法―
人は生後おおよそ1年をかけ2本の足で歩くことを身に着け,それ以後は移動の手段として,あまり疑問を持たずに2本足で歩いています。しかし,病気や事故でどちらかの足を切断しなければならなくなった場合,切断後は歩くのをあきらめてしまうのか,あきらめないで何らかの方法を用いて再び2本足で歩くことにチャレンジするのでしょうか。再び2本の足で歩くために,切断をした人たちは義足が必要になります。科学技術の進歩とともに,現在,義足の部品の開発が進み,より正常な動きが再現できる工夫が行われています。義足を用いて再び2本の足で歩けるようになるまでの過程を知り,そして“歩く”ことを考えてみたいと思います。
理学療法士
畠中 泰司
理学療法
教授
介護予防―いきいきと元気に過ごすために―
平成12年度から始まった介護保険ですが,年々介護保険サービスを受ける方が増加しています。特に要支援や要介護1といった軽度な方が増加しており,原因としては運動器(関節や筋肉など)の機能低下が多く挙げられています。本講座では日頃どのような対策を行えば運動器の機能低下が予防できるかを実技を交えながら講義します。
博士(医学)・理学療法士
鶯  春夫
理学療法
教授
人間が2本足で立つ仕組み
人は倒れることなく,どうして2本足で立ち続けることができるのでしょうか? 講義では実際に身体の動きを通して,バランスを保つメカニズムについてわかりやすくお話しいたします。
博士(医療福祉学)・理学療法士
田頭 勝之
理学療法
教授
「What is 訪問リハビリテーション?」
介護を必要とする方々の中には,リハビリテーションを受けたくても病院や施設に出向けない方がたくさんいます。そのような方々に対して医療スタッフが自宅に訪問してリハビリテーションを行うのが「訪問リハビリテーション」です。高齢化社会にとって訪問医療サービスはなくてはならないものであり,若い力を必要としています。自らの経験を,病院や施設でのリハビリテーションとは一味ちがった“訪問リハビリテーションの魅力”についてお話しいたします
博士(リハビリテーション科学)・理学療法士
平野 康之
理学療法
准教授
人の歩行を科学する―力学的視点から―
人にとって理想的な歩行とは,どのような歩き方でしょうか?歩行は,人にとって身近で使用頻度の高い移動手段です。よって人は,進化の過程で理想的な歩行に近づけようとし,今の歩き方をしているとも言えるでしょう。そんな人の歩き方は,現代の科学力をもってしても,二足歩行ロボットで正確に再現できないほど,巧みで複雑な運動をしています。本講義では,そのような人の巧みな歩行のメカニズムを,主に力学的な視点から,動画や体験などを交えて分かりやすく解説いたします。
理学療法士
榎  勇人
理学療法
准教授
誤嚥による肺炎を予防するには―家庭でできるリハビリテーション―
国内における死因第3位は肺炎であり,高齢者の50~70%が誤嚥性肺炎だともいわれています。そこで,本講座では誤嚥性肺炎とはどのようなものなのかを知り,家庭でもできるリハビリテーションについてわかりやすく解説いたします。
博士(医療リハビリテーション学)・理学療法士
柳澤 幸夫
理学療法
准教授
「痛み」とは何か?
理学療法では「痛み」を対象とした治療を行うことが多くあります。「痛み」は感覚のひとつであるとともに,「こころ」とも密接に関係しています。特に慢性的な痛みをもつ方々は痛みによって生じる行動(痛み行動)によって本人のみならず周りの人々にも生活上の悪影響を与えることがあります。本講義では,「痛み」とは何かを理解し,そして,痛みに対する治療方法と痛み行動に対する医療者としての対応についてわかりやすく解説いたします。
博士(保健学)・理学療法士
平島 賢一
理学療法
講師
いつまでも健康にいていただくために私たちにできること
「健康」とは何なのか,実際に体で体験しながらに一緒に考えていきます。そのために体の診方,運動のポイント,介助のポイントを順に学んでいきます。講義を通じて,自分自身だけでなく,家族や地域の方々とともに「健康」な暮らしを過ごすためにできることを学び,実践できるようになることを目標としています。そして,運動をすることの楽しさを体験していただき,理学療法士という職業について伝えていきます。
理学療法士
近藤 慶承
理学療法
講師
ストレッチングとマッサージが筋肉の柔軟性や筋力に与える効果
ストレッチングとマッサージは,どの世代においても広く実施されている身近なものであります。特に,スポーツ現場のウォーミングアップやクールダウンの際に,それらは広く実施されているのではないでしょうか。現在までに,ストレッチングやマッサージの実施は,筋肉の柔軟性や筋力に対して,良い効果を与えると考えられてきました。しかし,近年の研究が示す結果は,それら効果に疑問を投げかけるものとなってきています。本講座では,ストレッチングとマッサージが筋肉の柔軟性や筋力に与える効果について,わかりやすく解説いたします。
博士(保健学)・理学療法士
赤澤 直紀
理学療法
講師
ひとの動きのしくみ
ひとが手足を動かして立ったり歩いたりするには,脳が運動の司令を出し,神経がそれを筋肉に伝え,筋肉が収縮して骨・関節を動かすという流れが必要です。また,それらの動きは感覚という形で脳に戻され,必要に応じて脳が運動の調整を行います。怪我や病気でそのいずれかの機能が失われる,あるいは低下するだけで,それまで当たり前にできていた動きができなくなってしまいます。講義では,ひとが普通に動くために必要な要素についてわかりやすく説明いたします。
博士(医学)・理学療法士
芥川 知彰
理学療法
講師
人間の脳のしくみ―脳血管疾患の理学療法―
脳はヒトが人間らしく生きるための根幹となる器官であり,私たちの日常の生活を支えています。理学療法では脳に障がいをもつ脳血管疾患の方の指導・支援を行います。本講義では,脳のしくみを解説し,理学療法士としてどう関わっているのかについてお話しいたします。
理学療法士
日岡 明美
理学療法
助教
知って得する医学の知識
ちょっとした医学の知識が自分や家族の健康維持に役立つことはよくあることです。逆に,ちょっとした医学の知識がなかったために命に関わる事態を招くこともあります。日常生活に役立つ「ちょっとした医学の知識」を講義します。
医学博士
田村 禎通
看護
学部長・教授
社会の中の看護の役割
高校生に身近な健康問題や,今の健康を保つための基礎知識,高齢社会の問題などから看護の役割について講義します。
博士(医学)
吉永 純子
看護
教授
健康を「ヘルスプロモーション」の視点から捉えてみよう
21世紀の健康づくりは,自分の健康を自らが進んで獲得していこうという「ヘルスプロモーション」の考え方で進められています。保健の教科書に取り上げられている「ヘルスプロモーション」の考え方を理解し,自分の健康や生活を再考してみよう。
橋本 文子
看護
教授
「障害について考える」
障害って何だろう? 合理的配慮とは? バリアフリーとユニバーサルデザインはどう違う? 障害者差別解消法施行をきっかけにあらためて考えてみよう。
医学博士
夛田羅勝義
看護
教授
看護の倫理
看護の仕事は,人の老若男女を問わず人がその人らしく尊重され健康に生きていくことに大きく関わっています。看護の現場などの紹介を通して倫理について,考えてみましょう。
看護学博士
高谷 嘉枝
看護
教授
がんは予防できるか?
がんの原因は臓器によって違っているが,予防できるものも多いことがわかってきた。そこで,予防できるがん,予防が難しいがんについてその理由と対策を概説する。
医学博士
泉  啓介
看護
教授
夢の懸け橋―看護師を目指す高校生へのエール
看護師の社会への貢献と看護の役割機能と職場を考え,看護の創始者,ナイチンゲールの活躍と,星野富弘氏(中学校の体育の教師をしていた24歳のとき怪我で脊髄損傷し下半身まひになった方)の患者としての苦悩を紹介し患者の心に寄り添う看護,いのちの大切さ健康のありがたさ,看護の使命についてお話し,看護師を目指す高校生(中学生)にエールを送ります。
博士(医学)
森田 敏子
看護
教授
中学校可
自宅で療養している方のための訪問看護を知ろう
自宅で療養している方のために訪問看護ステーションなどから家庭訪問して看護を提供している看護師を知っていますか? わが国においては高齢化などにより,訪問看護のニーズが急増しています。本講義では,なぜ訪問看護が必要とされているか,実際の訪問看護師の仕事と病院の看護師との違いなどについてお話しいたします。
博士(社会福祉学)
福島 道子
看護
教授
いのちの誕生と性のはなし
ヒトの命はどのような過程を経て生まれ,そして成長するのか。生殖細胞からヒトとして生まれる過程,命が誕生することの神秘と第二次性徴の意味,思春期からの性の大切さをお話しします。
博士(保健看護学)
佐原 玉恵
看護
准教授
小・中学校可
日常に使える看護技術
最近は手首に巻くだけ,腕を入れるだけで測れる血圧計が出回り,誰でも手軽に血圧が測れるようになっています。みなさんは適切に測れているでしょうか。「血圧とは?」を理解し,健康管理のために血圧測定の方法を考えましょう。
宮川  操
看護准
教授
中学校可
障害の理解
障害のある方の暮らしについて,一緒に考えます。
社会福祉士
岩城 由幸
人間福祉
学科長・教授
心身の発達と障害
こころやからだの発達と,それらの障害(身体障害[内部障害を含む],知的障害,精神障害,発達障害[主として自閉症スペクトラム])について解説し,その支援について考えます。
臨床心理士
島  治伸
人間福祉
教授
他者を理解するということ
他者を理解するということについて,演習形式で学びます。
社会福祉士・精神保健福祉士
桃井 克将
人間福祉
講師
 

総合政策学部(徳島キャンパス)

  出張講義の題名/内容 教員/学部・学科 備考
「家族の行方」―社会学の学び方―
「家族はどこへ行くのか」身近なテーマから社会学の発想,楽しさを味わいます。
南  育広
総合政策
学部長・教授
中学校可
総合政策学「『社会のお医者さん』としての政策学」
生活環境破壊,貧困,失業,近隣騒音問題といった社会でおこる「問題」を解決する処方箋を書き,実行するような仕組みを考えるのが,新しい社会科学の「総合政策学」です。この『総合政策学』の思考方法を身近で具体的な例をもちいてお話しします。(受講人数や時間によっては講義ではなく出張先の学校のある地域をテーマにしたワークショップ形式の授業を行うことも可能です。お問い合わせください。)
博士(政策科学)
松村 豊大
総合政策
研究科長・教授
パワーポイント, または,OHPなどの機材借用を希望します。
法入門「法とはなにか・生徒心得(校則)と刑法を比べてみる」
生徒手帳に書いてある「生徒心得,校則」これと「刑法」という法律を比べてみる。どこが同じでどこが違うのか。法学部をはじめとする社会科学系学部で必ず学ぶ「法学」の対象となる「法」とはなにか,生徒とともに考えます。(その他「法」をめぐる話題であれば色々お話しできますので,ご相談ください)
博士(政策科学)
松村 豊大
総合政策
研究科長・教授
「現代社会」の科目を履修済みであることを希望します。パワーポイント,または,OHPなどの機材借用を希望します。
起業家になる方法
ベンチャー企業やニュービジネスについて,日本と諸外国を比較しながら起業家になる方法を解説する。
竹村 文宏
総合政策
教授
憲法と人権
憲法はなんのためにあるのか。日本国憲法に書かれている人権を,なぜ尊重しなければならないのか。有権者になることを前提に,一歩進んだ主権者教育として,国民主権の担い手である私たちが社会生活を送るうえで必ず知っておかねばならないことを,お話しします。アクティブ・ラーニングで行います。
青野  透
総合政策
教授
小・中学校可
大学で学ぶこと
大学はなんのためにあるのか。より良い人生にとって,大学で学ぶことはどのような意味があるのか。そもそも学ぶとはどういうことなのか。生徒たちと一緒に解答を探します。アクティブ・ラーニングで行います。
青野  透
総合政策
教授
小・中学校可
医療倫理・生命倫理
医療と私たちの関係には,倫理という問題がつきまといます。不妊治療・移植医療・尊厳死などを例に,誰もがいつか出会う問題を,生徒たちと一緒に考えます。アクティブ・ラーニングで行います。
青野  透
総合政策
教授
小・中学校可
実践的地方創生論~「サテライトオフィス・プロジェクト」はなぜ始まったのか?~
人口減少・東京一極集中の中で,地方は生き残りをかけ,独自の施策を考え,実行に移しております。本県の神山町や美波町などのサテライトオフィスプロジェクトは過疎再生の切り札として全国から注目を集めております。当時の県行政の責任者として,このプロジェクトをどのように企画し,どのようにマネジメントしてきたかなど,分かりやすく講義します。
床桜 英二
総合政策
教授
動物愛護と災害救助犬~「災害救助犬育成プロジェクト」はなぜ始まったのか?~
動物愛護管理センターに収容され,飼い主が現れなかったら殺処分の対象になっていた保護犬「モナカ」と「ゲン」はなぜ災害救助犬を目指すことになったのか。当時の県行政の責任者としてこのプロジェクトをなぜ企画し,どのようにマネジメントしてきたかなど,分かりやすく講義します。
床桜 英二
総合政策
教授
金融政策の目的と手段
現在,わが国では「異次元緩和」と呼ばれる金融緩和政策が行われています。こうした経済政策の考え方を踏まえ,特にわが国の金融政策がどのような目的のために,どのような手段を用いて行われているのかについて解説を行います。
博士(経済学)
南波 浩史
総合政策
教授
経営学入門
なぜ経営学が誕生したのか,またどんなことを学ぶのかについて考えてみます。
博士(商学)
齋藤  敦
総合政策
准教授
経済学入門―高校生が知らない「経済学」―
みなさんは「経済学」にどのようなイメージを抱いていますか。株式や景気だけでない経済学を紹介します。また,経済学では物事をどのように見て,考えるのかを「大学進学は得なのか」や「誕生日と将来の所得との関係」など身近な例をもとに説明します。
水ノ上智邦
総合政策
准教授
中学校可
開発経済学―データから見る貧困国の課題と処方箋―
テレビや新聞では,中国やインドなどかつての開発途上国がどんどん豊かになっているニュースを目にすることが多いでしょう。しかし,本当の貧困国はあまりニュースになりません。様々なデータから貧困国の現状を知り,貧困をなくすために何が必要なのかを説明します。
水ノ上智邦
総合政策
准教授
中学校可
経済思想家の生涯―スミス,マルクス,ケインズ―
経済学を創り上げてきた代表的な思想家三人の生涯と業績,時代背景を辿ることで,学問としての経済学の発想や特徴を紹介する。
Ph.D.
古家 弘幸
総合政策
准教授
日本経済と投資学
年金が当てにならない今後の人口減少社会を生きていくことになる現在の高校生の世代に向けて,「老後破たん」などの生活困窮に陥らないようにするための投資学の初歩を,日本経済を題材として解説する。近隣校で,日本経済新聞社が主催する初心者向けの株式投資学習プログラム「日経STOCKリーグ」に参加している生徒グループには,継続的な研究・教育の協力も可能。
Ph.D.
古家 弘幸
総合政策
准教授
科学技術の発展に法はどう向き合うべきか
医療,情報をはじめとした科学技術の発展により,私たちの生活はより豊かなものになりましたが,同時にこれらの技術の進歩が私たちの生存そのものに関わる問題をも投げかけています。こうした問題に法はどう向き合うべきかを考えます。
博士(政策科学)
橋本 誠志
総合政策
講師
商品から眺める日本
携帯電話,自動車などの生活必需品からテレビ,カラオケなどのレジャーまで,私たちの日常生活を見回しますと,実に多くの商品やサービスに触れながら生活をしていることが分かります。講義では,商品を手掛かりとして,私たちが普段強く意識することのない日常生活(さらには日本社会)の一端を覗いてみたいと思います。
博士(商学)
鍛冶 博之
総合政策
講師
 

音楽学部(徳島キャンパス)

  出張講義の題名/内容 教員/学部・学科 備考
失敗のない暗譜のしかた―ステージフライト(ステージ恐怖症)を克服する
どの学生も,試験や人前で演奏するとき,譜面を忘れてしまわないだろうか,うまく演奏できるだろうかと不安になり苦しんでいます。講義では,このステージ恐怖症の克服について,長年の私の経験と科学的な研究結果から,アドバイスを行うとともに,効果的なストラテジーの実践方法についても図を使いながらわかりやすく説明します。このストラテジーを実践することにより,演奏者と教師はより良い演奏ができ,すぐ目に見える結果が出せるようになります。
G.マリオッティ
音楽
学部長・教授
小・中学校可
【体験型】楽しい吹奏楽講座
吹奏楽の楽しさや,指揮・指導のポイントについて,実際に演奏しながら指導します。
板東 久美
音楽
教授
小・中学校可
音楽療法入門―音楽療法って何だろう?―
日本において,「音楽療法」という言葉は多く耳にするようになりましたが,具体的には何を,実際にはどのようなことをするのでしょうか。「音楽療法は癒し?音楽を聴かせる?」こういった質問はよく聞きますが,本講義では,療法的に計画された音楽活動を交えながら,音楽療法について説明します。
千葉さやか
音楽
講師
【体験型】声楽
楽譜を読むのが得意でない人も,専門的に声楽のレッスンをしている人も歌うことが大好きならこの講座はあなたが主役! 美しい日本の歌,イタリアの情熱のカンツォーネ,古典から近・現代のイタリア歌曲等をとり上げています。身体を楽しく動かしながらの発声練習は,いつの間にか自分の弱点をカヴァーできるようになっていきます。「歌うってこんなにも心が弾み楽しいんだ!」を実感してください。
熊谷 公博
音楽
教授
小・中学校可
【体験型】iPhone・iPadを使った簡単音楽制作講座
iPhoneやiPadの音楽アプリ「GarageBand」を使うと,音楽や音楽制作の知識が少なくても,簡単に音楽を作ることができます。例えばドラムの経験ががなくても,ドラムのかっこいいパターンを自動で作ってくれますから,楽しみながら簡単に音楽制作ができます。そんなGarageBandを使って,ギター,ベース,ピアノ,ドラムなどの打ち込み・編集,簡単なミックスまでのノウハウを紹介,伝授します。iPhoneかiPadをお持ちの方は,あらかじめ音楽アプリ「GarageBand」をダウンロードしてご用意ください。
原井 俊典
音楽
教授
中学校可
 

短期大学部(徳島キャンパス)

  出張講義の題名/内容 教員/学部・学科 備考
「生きる力」と「人権の大切さ」について考える
「生きる力」とは何か。「一回かぎりの人生,かけがえのない自分」について,青年期の課題・人権の大切さという観点から考えてみよう。
阿部 頼孝

教授
「会社」について考えてみよう
そもそも,「会社」って何だろう? 会社は何のために設立されるのか? 会社が果たしている社会的な役割は何だろう?
則包 光徳

教授
経済と福祉
18世紀後期に誕生した経済学は,近代社会の成立とともに発展してきました。その誕生とともに問題となってきたのは貧困問題でした。経済学はその成立から福祉の問題を中心的課題とし,取り組んできました。経済学や経済学者たちは公正・公立・平等・連帯あるいは良き社会をどのようなものと考えていたのでしょうか。現代を生きるわたしたちにとっても非常に重要な問題を考えてみます。
博士(経済学)
松本 哲人

講師
英語の発音を学ぼう
英文法があるように,英語の発音にも規則があります。これが日本語流のものと違うため,日本人は「英語が聞き取れなかった」とよく言うわけです。英語がなぜ聞き取れないのか,どうしたら聞き取れるかをワンポイントアドバイスします。
堀口 誠信
言語コミュニケーション
学科長・教授
中学校・高校向け。普通教室で可。
小・中学生のためのリズム英語入門
英米人に通じる英語を発話するためには英語特有のリズムを身につけて正しい発音をする必要があります。特殊教材でトレーニングします。
堀口 誠信
言語コミュニケーション
学科長・教授
小・中学校向け。普通教室で可。
英米人は何が違うの?
日本人から見ると,英米人の物の考え方には理解できない部分が見られるでしょう。敬虔なキリスト教信者が実は反抗的で好戦的だったり,日本人からするととても冷たい物の言い方をされて戸惑ったりした経験があると思います。何が原因か,わかりやすく解説します。
堀口 誠信
言語コミュニケーション
学科長・教授
中学校・高校向け。普通教室で可。
ことば,不思議発見!
私たちが日ごろ話している日本語や学んでいる英語以外に,世界には何千という言語があります。そんな人間のことばを科学的に研究する学問を「言語学」と言います。この講義では,私たちが何気なくつかっていることばの不思議にせまりたいと思います。
大岩 秀紀
言語コミュニケーション
教授
CDラジカセ要,普通教室
俳句入門
「俳句」は,最近,ちょっとしたブームになっています。必要なのは表現力と解釈力,そして,相手(読者)への思いやりです。〈ことば〉のトレーニングにもってこいです。講義もしますが,何よりも実作に挑戦することが先決です。
西田  誠
言語コミュニケーション
准教授
小・中学校可
食べものと調理について
食品を食べものとして摂るためには,調理が必要です。美味しく食べることを,身近なものについて話をします。
松下 純子
生活科学・食物
教授
小・中学校可
【体験型】栄養指導をしてみよう
栄養士の仕事の一つに栄養指導があります。自分自身の食生活を食事バランスガイドを用いて振り返り,実際に栄養指導の体験をしてみましょう。
坂井真奈美
生活科学・食物
教授
【体験型】高齢者の食事について
高齢になると今まで食べられていた食物が食べにくくなります。そこで,簡単で食べやすい料理作りと,高齢者の身体の機能の変化について解説します。
長尾久美子
生活科学・食物
准教授
【体験型】 パーソナルカラー 似合うカラーをみつけよう
身に付ける色を変えるだけでイキイキして見えたり,イメージが大きく変わったりします。パーソナルカラー診断を学習し似合う色を見つけませんか。ルールが分かれば色選びがとても楽しくなりますよ。
藤本和賀代
生活科学・生活科学
准教授
ファッションビジネスの世界
ショッピングに出かけると流行のファッションってやっぱり魅力的で欲しくなりますよね。流行の商品企画から販売,そして購入,ファッションの着こなし術までファッションビジネスの世界について一緒に勉強してみませんか。
藤本和賀代
生活科学・生活科学
准教授
足の動きと子どもの成長
子どもにとって,はじめての「一歩」は,まさに人生のスタートです。「足で立ち上がり,歩く」ことの意味と子どもの成長とのかかわりを考えてみましょう。
石井 信子
保育
学科長・教授
小・中学校可
美術入門
美術の基礎知識,実技力についての助言と指導。
日展会員
長岡  強
保育
教授
中学校可
彫刻作品が出来るまで
彫刻作品を作るコンセプトや技法について映像を用いながら解説します。
日展会員
長岡  強
保育
教授
中学校可
保育者の仕事って何?
子どもにとっては先生・お母さん・遊び仲間,保護者にとっては頼りになる子育てのパートナーである保育者の仕事について事例をあげて説明します。
児嶋 輝美
保育
教授
子ども虐待の背景と対策
虐待の原因を子育てに悩む母親の立場から明らかにする。そして,保育者にできることを考える。
島田 俊朗
保育
准教授
【体験型】みんなで楽しむわらべうた
子どもたちを取り巻く環境としての童謡やアニメソング等,たくさんある歌とともに昔から伝わっている「わらべうた」を色々な視点から楽しみ,遊んで再認識してみましょう。
榎内 光子
保育
准教授
 

香川薬学部(香川キャンパス)

  出張講義の題名/内容 教員/学部・学科 備考
予測できるあなたの運命―遺伝子(DNA)の配列に隠された未来―
人の個性は30億のDNA塩基配列が少しずつ異なることから生じる。配列を調べてあなたの未来を覗く。将来かかりやすい病気,飲む薬が効くか,副作用が出るかなどその仕組みを種明かしする。
薬学博士・薬剤師
宮澤  宏

学部長・教授
食品と医薬品の相互作用―くすりと飲食物の相互作用について学ぼう―
服用したクスリの体内での動きや効き具合は,摂取した食品(例えば,納豆やグレープフルーツジュース)と相互に影響を及ぼし合うことがあります。講義では,クスリと食べ物の相互作用についてわかりやすく解説します。
博士(薬学)・薬剤師
加藤 善久

薬学科長・教授
生命分子の造形
ベンゼンって本当に6角形なの? DNAはどのようにしてらせん構造をしていると分かったの? からだの中で時々刻々と変化する生命分子のかたちや挙動を捉える先端科学とこれを支える一見不思議なミクロの法則を紹介します。
薬学博士
山口健太郎

薬科学科長・教授
中学校可
【体験型】DNA模型を自分で作ってみよう(生体高分子の構造と機能を理解する)
DNAが生物の遺伝情報を伝える役目を担っていることや,らせん構造であることはよく知られている。実際,どのように二重らせんが組み立てられるのか? この構造が,なぜ遺伝に必要なのか,自分でDNA模型を作りながら理解しよう。そして,らせん構造から,どのように生体を作るタンパク質などの設計図が取り出されるのか考えて見よう。子供のころ作った紙飛行機のように,誰でも簡単に作れるDNA模型を作ろう。きっと本物のDNAが体で感じられるはずだ。
薬学博士
山口健太郎

薬科学科長・教授
薬をきちんと飲みますか?
どんなにすばらしい薬が開発されても患者が薬を飲まなければ薬は作用しない。人の服薬行動の不思議を解き明かしながら,求められる薬剤師像について説明する。
博士(薬学)・薬剤師
飯原なおみ

教授
中学校可
薬物乱用防止教室ドラッグすぐそこまで来ている…―飲酒,喫煙がその入り口―
最近,ちまたでは大麻や覚醒剤をはじめとして危険ドラッグの氾濫,乱用がニュースを賑わせている。しかしこれは,別の世界のことでなくここ香川県でも子供たちのすぐ近くで起きはじめちゃくちゃくと魔の手が忍び寄ってきている。ドラッグの不法乱用の恐ろしさを理解してもらうために各年代に合わせて身近な飲酒,喫煙のお話から,危険ドラッグそして覚せい剤まで最低限知っておいてもらいたいことを説明して,少しでもこどもからドラッグを遠ざけたいと考えています。授業形態も講義形式から参加形式まで希望に応じて対応していきたいと考えています。
医学博士・薬剤師
伊藤 康一

教授
小・中学校可
薬剤師のお仕事~学校薬剤師を知っていますか~
薬剤師の仕事の中に,学校薬剤師という役割があります。児童生徒さんが学んでいる学校の保健・衛生管理や健康相談を行い,校長先生や保健室の先生と協力して,皆さんの健康を支えています。その仕事内容についてお話しします。
博士(医学)・薬剤師
二宮 昌樹

教授
小・中学校可
がんの診断と治療の話
がん治療の進歩により治るがんもわかってきました。新しい診断方法と新薬を使った治療方法をお話しします。
博士(医学)・薬剤師
二宮 昌樹

教授
小・中学校可
 

保健福祉学部(香川キャンパス)

  出張講義の題名/内容 教員/学部・学科 備考
環境放射線のはなし
2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震が発端となり,福島県にある福島第一原子力発電所で放射性物質が漏れる事故が発生しました。この事故の影響で「放射線は恐ろしいものだ」と考えるようになられたかもしれません。しかし放射線は私たちのごく身近にあって,私たちはこの放射線を常に受けながら生活しています。本講義では,この環境放射線についてお話しします。
博士(医療技術学)・診療放射線技師
朝原 正喜
診療放射線
学科長・教授
放射線の基礎知識
現在,放射線は医療分野をはじめとし様々な分野で利用されています。一方,2011年の東京電力福島第一原子力発電所の事故以来,放射線に対する国民の関心が高まっていますが,放射線が正しく理解されていない面が多々見られます。そこで,放射線に対する正しい知識と理解を深めるために,放射線の正体や性質,人体への影響,危険性,放射線の防護等の基礎知識についてお話しします。
診療放射線技師
佐藤 一雄
診療放射線
教授
中学校可
診療放射線技師の仕事
診療放射線技師の仕事は,放射線を人体に照射して,診断価値のある画像を医師に提供することを主業務とします。ただし,仕事の内容は多くの分野に分かれています。例えば,放射線を扱わない磁気共鳴画像法(MRI),微量の放射性医薬品を人体に投与して機能画像を得る核医学診断,放射線を人体の癌細胞にピンポイント照射する放射線治療などがあります。これらの業務内容について,大学病院を例にして,診療放射線技師の仕事内容について解説します。
診療放射線技師
保田 定利
診療放射線
教授
ヒトの体ってどうなってるの?~患者さんを守る工学技術~
知っているようで知らないのが私たち,ヒトの体の構造です。体の中には,私たちの知らない不思議な構造や機能を持つ部分がたくさんあります。このような体の一部を機械に置き換えることができるようになりました。
博士(医療工学)・臨床工学技士
後藤 朱里
臨床工
講師
中学校可
ヒトが生きていくためには!?
人が生命活動を維持するために,必要な機能を知っていますか? その臓器とは,心臓,肺と腎臓です。これらの臓器が病気になり正常に働けなくなると,人は生きていけません。そこで,これらの臓器の代わりをするために臨床工学技士が活躍しています。主に,心臓,肺と腎臓の役割について説明し,この機能を代りに行う臨床工学技士についてお話致します。
臨床工学技士
樫野  真
臨床工
講師
中学校可
 

理工学部(香川キャンパス)

  出張講義の題名/内容 教員/学部・学科 備考
メダカから学ぶ生物学
メダカは誰もが知っている,とても身近な魚ですが,生物学の研究材料としても優れた特性を備えており,生命科学の発展に貢献しています。メダカにまつわる様々な話を通して,生命現象の不思議や環境問題について興味を起こさせることを目的としています。
博士(理学)
箕田 康一
ナノ物質工
学科長・教授
光が拓く現代社会
私たちの日常生活の中には光が満ちあふれています。電球や蛍光灯などいろいろな種類の照明を使っており,テレビやパソコンや携帯電話といった多くの装置から情報を得ています。光ファイバーが直接家庭に届き大容量の通信が可能になっています。現代の科学技術は,高度な光計測技術に支えられ益々進化しています。強い光(レーザー)は,ダイヤモンドやプラスチック爆弾まで切断することができ,波長や強度を変えることで,医療にも使われます。「光」をキーワードに現代社会を紐解いていきます。
博士(理学)
國本  崇
ナノ物質工
教授
21世紀を照らす灯り
人は,古来より暗闇を恐れ,明るさを求めて生活してきました。近世まで,灯りは炎(熱光源)から得ていました。白熱電球以来,電気を光に変換する光源へと変わりましたが,20世紀に入り電子のエネルギーを光として取り出す蛍光灯ができました。そして21世紀初頭から,新たなデバイスが,多様な形態で現れ始めました。視覚の進化,視覚に基づく照明の設計と,進歩していく21世紀の灯りについて,デモを含めてお話しします。
博士(理学)
國本  崇
ナノ物質工
教授
ナノテクノロジーの役割
地球規模での文明普及や人口増加によって,環境汚染や資源枯渇が深刻化している。すべての人に平等で持続可能な社会を構築するうえで,ナノテクノロジーの役割は益々重要になっている。環境およびエネルギー問題におけるナノテクノロジーの現状と今後の展開について解説する。
理学博士
梶山 博司
ナノ物質工
教授
Photon on Demand型植物工場
気温,日照時間等の気象条件によらず,いつでも,どこでも農作物栽培が可能な環境制御型植物工場では,LEDなどの人工光が光合成反応に用いられている。光照射タイミングと光合成反応サイクルを同期させることで,さらなる省エネルギー化と高速栽培をめざしているPhoton on Demand型植物工場について解説する。
理学博士
梶山 博司
ナノ物質工
教授
くらしの中の微生物
人類が微生物とどのようにくらしてきたか,身の回りの生活と微生物バイオテクノロジーとの関係を紹介します。
博士(工学)
文谷 政憲
ナノ物質工
准教授
水の不思議
水は私たちの生活になくてはならないものであり,最も身近に接している液体です。水は,熱容量や蒸発潜熱が液体の中で最も大きいなど,液体の中では特異的な性質を多く持っており,身近なわりには意外に知らないことが多いのではないでしょうか? 水の機能化など最新の研究例にも触れながら,水の不思議を紹介します。
博士(工学)
佐藤 一石
ナノ物質工
准教授
バイオテクノロジーが開く未来の新技術
人類は動物,植物,微生物など様々な生命を,農業,畜産,発酵食品など様々に利用して生活して来ました。近年は遺伝子工学の発展によって,より大きな可能性が開けてきました。本講義では遺伝子工学を中心とした新しいバイオテクノロジーが,食品,農業,創薬,医療など様々な分野において有効利用されている現状についてお話しします。また,未来ではどんなことが可能となるのか? 未来を担う若者への期待も込めてお話しさせていただきます。また,時間に余裕があれば簡単な体験実験も行います。
博士(工学)
水野 貴之
ナノ物質工
准教授
小・中学校可
志度湾“NOZOMI”プロジェクト
香川には,温暖な気候と豊かな海という素晴らしい宝物があります。特産物を生かした産業,商業なども盛んです。この講義ではサイエンス(理学),工学の立場から志度湾地域を例として,産業,農業,水産業,商業,観光,環境など地域の問題点や利点など総合的に講義し,改善への取組みについて紹介します。また,講義を通じて,今私たちができること,将来のためにすべきことなど身の回りから地域まで幅広く考える機会を作ります。
博士(工学)
水野 貴之
ナノ物質工
准教授
小・中学校可
【体験型】酵素の力を知っていますか?
身の回りの食品・薬品・生活雑貨に「酵素」という単語をよく見ます。では,「酵素」とは一体何でしょうか?「酵素」はどういう働きをするものでしょうか?「酵素」は縁の下の力持ちとして,現在工業利用されています。今回の講義では実際に酵素を用いた実験を通じて,「酵素」について,「化学」について興味を持つことを目的としています。
博士(農学)
前田 淳史
ナノ物質工
講師
自力で動かないロボット
人が重いものを持ち運んだりするのを手助けするロボットの研究が進んでいます。そのようなロボットは人のすぐ近くで働くので,間違った動きをすると人を傷つける恐れがあります。それを防ぐため,私たちは自力では動かないロボットを研究しています。自力で動かないのに重いものを持ち運ぶのを手助けできるロボットとは,どんなロボットでしょうか。
博士(工学)
樋口 峰夫
機械創造工
教授
【体験型】光るイクラを作ってみよう
LEDライト,リード線,ボタン電池などを用いて電子工作を行います。LEDライトをイクラに見立てた小物を製作します。実際に自分達で電気回路を組み,電気への理解を深めることを目的にしています。(体験時間30分~1時間程度)
博士(工学)
三好 真千
機械創造工
講師
中学校可
海の流れ・動きについて
私は海の流れについて研究しています。ここでは海の流れを再現させた水理模型実験について紹介し,なぜ,場所や時間によって,海水の速度や向きが変化するのかなど,流体についてお話しします。
博士(工学)
三好 真千
機械創造工
講師
LINEで学ぶネットワークのしくみ
スマホでLINEやFaceTimeを使うと無料で音声やビデオの通話が楽しめ,通常の電話のように通話ごとの料金はかかりません。これはパケット通信という音声などの情報を細かく分けて転送し通信コストを低く抑えるしくみを使っているからです。スマホがつながる携帯電話ネットワークや無線LANにおいて,多様な情報がパケット通信のしくみに基づいてやり取りされていることを解説します。
博士(情報科学)
妹尾尚一郎
電子情報工
学科長・教授
アゴの動きを測る
心身の健康増進は,口から噛んで食べることが必須条件です。では,ヒトの口(アゴ)はどのように動くのでしょうか? アゴの動きが高精度に測れる装置の研究開発を通して,歯科と理工学のつながりを伝えたい。
博士(歯学)
藤村 哲也
電子情報工
教授
画像と情報
パソコンやスマートフォンが高性能になって,簡単に画像を扱えるようになりました。キーを押すだけでいろいろなことが簡単にできます。機械の内側ではどんなことが起こっているのでしょうか。その仕組みについて実例を交えて解説します。
博士(情報科学)
中山 裕之
電子情報工
教授
データの分析
箱ひげ図や散布図などを利用してデータを表示することによるデータ分析について,実際にコンピュータを使って,実際のデータを扱いながら紹介します。使用するソフトウエアは,RとJava言語で作成したプログラムなどです。
博士(工学)
山本 由和
電子情報工
教授
プログラミング入門
最近よく利用されているプログラミング言語とそれを利用したソフトウエア開発について紹介する。特に,Java言語を利用したAndroidで実行できるプログラム,PHPやRuby on Railsを利用したWebアプリケーションについて,コンピュータを使って実行しながら解説する。
博士(工学)
山本 由和
電子情報工
教授
コンピュータの過去・現在・未来
コンピュータはその誕生以来,電子工学と製造技術等の革新的進歩により,飛躍的に高性能化・小型化・省エネ化を成し遂げてきました。その結果,一昔前の大型コンピュータと同等以上の性能を持つコンピュータがスマートフォン,TV,自動車から人工衛星に至る広範な製品に搭載され私たちの暮らしを支えています。コンピュータが現在までにどのように進化してきたのかを解説し,合わせて最近のコンピュータ技術およびその応用研究についても紹介します。
博士(工学)
河合 浩行
電子情報工
教授
【体験型】情報の有効活用
インターネットの普及により,さまざまな情報を簡単に入手できる世の中になりました。そこで重要になることは,集めた情報を分析し意思決定の判断材料として使えるかどうかです。本講義では,情報の簡単な分析方法について説明します。
博士(工学)
森本 滋郎
電子情報工
講師
PCルームの場合はExcel実習,通常教室の場合はグラフ用紙を用いた実習形式で実施します。
 

文学部(香川キャンパス)

  出張講義の題名/内容 教員/学部・学科 備考
仏教美術入門―「仏像」の不思議を観察する―
日本における美術及び精神文化の基盤ともなった仏教美術の中の仏像に焦点をあて,仏像が地域・時代・種類などにより相違することを観察し,そこから見えてくることを考えてみます。
濱田  宣
文化財
学部長・教授
小・中学校可
【体験型】GIS画像から地域を読み解く
地理情報システム(GIS)を用い,地図や航空写真から土地利用の変遷をたどります。都市化,災害に強い土地とは? 様々な情報を直感的にとらえる方法を紹介します。
博士(文学)
古田  昇
文化財
学科長・教授
小・中学校可(対象校周辺の地図・写真を用います)
【体験型】歴史災害と地形環境
巨大地震や風水害などの被災度には大きな地域差があります。土地の生い立ちと歴史的変化をたどり,先人の工夫と教訓を災害軽減につなげる智恵を学びます。
博士(文学)
古田  昇
文化財
学科長・教授
小・中学校可(学校周辺地域を取り上げます)
土器のかけらから何が見える?
ちょっと気をつければ過去の社会や文化を読み解く手がかりはあちらこちにあります。小さな土器や石器のかけらにも込められた過去のメッセージを読み解くのが考古学です。資料を観察しながら一緒にメッセージを解読してみましょう。推理小説のような醍醐味を味わうことになります。
大久保徹也
文化財
教授
事前に何年生対象か,日本史を履修済か否かを知らせてください。中学校可
古建築を守る
日本の木造建築は数百年を経てもなぜ残っているのでしょうか。守り伝えるための智恵と工夫を歴史的に解き明かしながら,日本文化の特質を考えてみます。
博士(工学)
清水 真一
文化財
教授
【体験型】パソコンを分解してみよう
パソコン内部の各部品の役割を理解して,故障した場合に自分で修理できる知識を学習する。トラブルの大半はハードディスクである。この交換修理が出来れば最小限の費用でパソコンはよみがえる。
中条 義輝
文化財
教授
小・中学校可
いにしえの文字を読み解こう
古き時代に書かれた手紙などの文字を初めて見たある高校生は「ミミズがほうた字」だといいました。たしかに何て書いているかなかなか読めません。しかし,じっくり見れば案外読めるのです。それは一種のパズルです。そこに書かれた文字を読み解き,歴史ミステリーを満喫してみませんか。
博士(日本史)
橋詰  茂
文化財
教授
マスコミに携わる人々のタレント化
昨今は作家にして,あるいは画家にしてタレントという存在も珍しくありません。その発生はいつ頃に遡れるのでしょうか。実は既に江戸時代に見られ,幕末に顕著になります。当時の作家や絵師達のタレント化について,その一端を覗いてみましょう。
博士(文学)
佐々木 亨
日本文
学科長・教授
現代小説を読む
現代小説を読んでみることで,わたくしたちが生きている「いま」について考えてみます。題材は,「これはペンです」「舟を編む」などを考えています。併せて皆さんからのリクエストも受け付けています。わたしと一緒によんでみませんか。
上田 穂積
日本文
教授
ジェンダーと日本近代文学
「男らしさ」「女らしさ」について考えたことはありますか? こうした素朴な問題を,日本の近代文学を素材に考えます。人間が成長する過程で,いつのまにか身につく文化制度があります。男女をめぐる文化制度を「ジェンダー」といいます。この講義では,文学作品だけでなく,アニメやドラマなども使いながら,文学部で何を学ぶかを体験してもらいます。日本近代文学の入門授業です。
博士(文学)
中山 弘明
日本文
教授
おもしろこわい『今昔物語集』の説話
芥川龍之介の「鼻」「羅生門」「藪の中」といった作品はいずれも今昔物語集から題材をとったもの。芥川のほかにもこの説話集に影響を受けた作家は少なくない。この説話集が今日まで読み継がれる魅力はどんなところにあるのだろうか。今昔物語集を特徴づけるおもしろこわい説話をいっしょに読んで,古典が苦手だという人にも,今昔物語集の魅力を理解してもらえるようにしたいと思います。
近藤 政行
日本文
准教授
生きることと「詩」―良寛の場合―
「生きること」と「文学(詩)」とが深く結びついた,人間探究としての「詩」のありようを,親しみ深い逸話で知られる近世越後の人,良寛を例として読み,困難な時代を生きる私たちにとってのその意義を考えてみたい。
下田 祐輔
日本文
准教授
正しい日本語とは何か
日本語の乱れが叫ばれる昨今であるが,変化した日本語と乱れた日本語とはどう違うのだろうか。本講義では,正しい日本語とは何かという問題について,日本語のしくみや変遷をふまえて考える。
青木  毅
日本文
准教授
あなたの知らないことばの世界(言語学入門)
普段気づかないことばの規則性を探りながら,ことばのおもしろさと深さを実感してみましょう。
篠田  裕
英語英米文化
学科長・教授
I miss you. I want you.I need you.の音声学
I want you. の発音で,「ウォント・ユー」が「ウォンチュー」になることがあるのは,よく知られていますが,なぜこのような変化が起こるのでしょうか? この音変化のしくみを日本語の例と関連付けながら考えていきます。
篠田  裕
英語英米文化
学科長・教授
英語のしくみとその楽しさ
英語には単語からだけでは意味が理解できない表現が多くある。その意味を理解する際に必要となる英語という言語の持っているイメージを一緒に考えてみる。
伊藤 徳文
英語英米文化
教授
広告に見る英米文化
英米のテレビCMのユニークな表現法や日本のCMとの相違点を実際の映像を見ながら考えていきましょう。
中島 正太
英語英米文化
准教授
イギリス英語で話してみよう
日本人にあまりなじみのないイギリス英語の発音や語法を紹介し,実際に使ってみることでイギリス文化の面白さを体験してもらいます。
中島 正太
英語英米文化
准教授
心理学への招待
心理学は,私たちの普段の行動や反応を分析し,そのメカニズムを明らかにしていく学問です。身近な例を引きながら,心理学の一端を紹介します。
博士(心理学)
原田耕太郎
英語英米文化
准教授
中学校可
映画に見るアメリカの姿
ハリウッドのみならずインディペンデント系も含むアメリカの映画産業を通じて,“人種のるつぼ”から“人種のサラダボウル”へと変容してきた現代アメリカの姿を見てみましょう。
山本 義浩
英語英米文化
講師

関連情報

 ▲ TOP