生薬研究所

さまざまな医薬資源開発が世界レベルの評価を獲得

さまざまな医薬資源開発が世界レベルの評価を獲得

天然医薬品の探索、薬理活性化合物の有機化学そして生物工学的合成の3部門で研究を推進。前学部長・竹本常松博士のアマチャヅルの薬効の発見や浅川研究所長の国際蘇苔類学会賞、国際植物化学賞、国際精油シンポ賞、徳島新聞賞「化学賞」など多くの成果を挙げ、国際的にも高い評価を得ています。

所長/浅川義範

 ▲ TOP