防災公開セミナーを開催しました。

平成31年2月26日(火)に地域連携センター主催で、防災公開セミナー「ケースメソッドで学ぶ震災時の混乱、そして現在の福島」を開催しました。
セミナーでは、講師の伴場賢一の指導の下、東日本大震災の発生時の混乱した状況を共有し、5つのケースについてそれぞれがどのような判断をくだし、そう判断した理由をディスカッションしました。
今回のセミナーには、徳島文理大学の学生と教職員の他に、徳島大学の学生や地域の方などに参加していただくことができました。
それぞれの知識や経験が違う中で、様々なケースで意見を出し合うことができ、新たな発見の場となりました。
多くの皆様の参加に感謝いたします。