1. ホーム
  2. NEWS & EVENTS
  3. ニュース
  4. 中央大学との包括連携協定の締結式を行いました

中央大学との包括連携協定の締結式を行いました

2017年7月5日

 2017年7月5日、徳島文理大学徳島キャンパスにて中央大学(東京都)との包括連携協定の締結式を行いました。
 中央大学から酒井正三郎総長・学長、橋本基弘副学長出席のもと、学生交流等を通じて広く連携を図り社会にその成果を還元することに合意し、協定を締結しました。桐野豊学長と酒井総長・学長がそれぞれ協定書にサインし、握手を交わすと会場は拍手に包まれました。本協定の締結により、今後は両大学の学生が行き来し、相互に交流する「国内版短期留学」が実現可能となります。

 具体的には、徳島文理大学の夏季集中講座として開講される科目「医療と行政」(8/7~8/10)を中央大学の学生が受講することができ、また、本学の学生は中央大学夏期スクーリング開講科目(8/8~8/10、8/11~8/13、8/15~17のいずれかの日程)を受講することができます。

 桐野豊学長は「学生が違った環境の大学を経験できる国内短期留学制度の意義は大変大きいと思っている、都市部の大学を経験することで見識を深めてもらいたい」と述べました。

 将来的には研究交流や地域交流にも視野を広げ、教育研究の成果をそれぞれの地で寄与していきたいと考えています。

▼本件に関する問い合わせ先 徳島文理大学教務部教務グループ 088-602-8028



■締結式の様子

 

関係リンク

 ▲ TOP