1. ホーム
  2. NEWS & EVENTS
  3. イベント報告
  4. 飯泉嘉門徳島県知事が「集客交流産業論」で、ご講演されました

飯泉嘉門徳島県知事が「集客交流産業論」で、ご講演されました

 9月30日「集客交流産業論」(担当:床桜総合政策学部教授)の第1回講義において、飯泉徳島県知事がご講演されました。
 講義のはじめに、床桜教授より「地方創生の事例について、各界を代表する方々の生の声を聞くことで今後の学びに活かしてほしい」と開会の挨拶を行いました。
 飯泉嘉門知事の講義では、「ひと・まち・しごとの好循環が東京一極集中を是正し、地方創生へと繋がる」「本県は高齢化・過疎等の重要課題に真っ先に直面・対応していること」「県が掲げる『vs東京』というフレーズの意味」「知恵は地方にあり」など、本県が地方創生において取り組んでいる事例を紹介いただきました。
 講義終了後、聴衆生より、市内商店街の再生とそのための起爆剤(鹿等の活用)・本県の持つ自然の活用による新しいライフスタイルの提供(サーフィン)等について、活発に飯泉知事と質疑応答が行われました。
 また、本講義は(株)ダンクソフトの東京オフィス・北海道オフィスとも同時中継されており、東京会場の星野社長と飯泉知事が、今後のサテライトオフィス運営等について意見交換を行いました。

 本講義は各界を代表する方々に地方創生をテーマに実施されます。一般にも開放されておりますので、今後も是非ご参加ください。