policy のすべての投稿

2022年3月卒業生の内定速報

2021年10月13日

ps20211013
 

公務員系
徳島県庁、高知県庁、小松島市役所、徳島県警
 
金融系
阿波銀行、徳島大正銀行、香川銀行、高知銀行、阿南信用金庫、徳島信用金庫
 
一般企業
高知新聞社、日本赤十字社中四国ブロック、徳島赤十字病院、阿南農業協同組合、徳島県信用農業協同組合連合会、徳島県健康生活協同組合、JA徳島北本所、株式会社 大一器械
 

総合政策学部の教員インタビュー第4回(松村先生)

今回は、いつもと雰囲気を変えて、学科長の松村先生のランチに同行させていただきました。
授業とは違った教員の日常生活をご覧いただければと思います。
 

 
なお、松村先生は7月31日(土)のオープンキャンパスにおいて、
「テニスコート審判台転倒事件~行政法入門~」
というテーマで模擬授業を担当されておられます。
 
スタッフ一同、感染防止措置を徹底してお待ちしておりますので、
ご関心のある方は、ぜひご参加いただければと思います。

総合政策学部教員インタビュー第3回(鍛冶先生)

今回は経営学関係の科目を担当されている鍛冶博之先生にインタビューを行いました。

 
鍛冶先生は、7月18日(日)のオープンキャンパスで学科説明会・模擬授業を担当されます。
 
模擬授業は、『コンビニエンスストアから眺める日本社会』というタイトルで実施します。
経営学に興味ある方も、そうではない方も、当日は、教員・学生スタッフ共々、感染防止措置を徹底してお待ちしておりますので、お気軽にご参加ください!

総合政策学部の教員インタビュー第2回(水ノ上先生)

前回に引き続き、今回も本学科の教員へのインタビューを行いました。
今回は、経済学関係の科目を担当されている水ノ上先生に質問に答えていただきました。
 
動画でも触れられていますが、
水ノ上先生は、6月13日に開催されるオープンキャンパスにおいて、
午後から「『非合理的』な選択を学ぶ-行動経済学の視点-」
というテーマで模擬授業を担当されています。
 
当日は感染拡大防止のための措置を徹底してお待ちしておりますので、
動画を見て興味が湧いたという方は、ぜひともお越しください。

総合政策学部の教員インタビュー(廣野先生)

今回は、本年度から総合政策学部の講師に就任された
廣野誠先生にインタビューをさせていただいた動画を掲載いたします。
 
廣野先生は総合政策学部で「マクロ経済学」「公共経済学」の授業や、各学年のゼミを担当されておられます。
 
受験生の方へのメッセージもありますので、ぜひご覧ください。
 

 
 
次回は、水ノ上先生にインタビューを掲載する予定です。

海上自衛隊US-2見学会

4月24日(土)に総合政策学部を含む本学の学生が、
海上自衛隊徳島航空基地で開催された「US-2見学会」に参加しました。
見学会1

 

今回の見学会では、海難救助の現場でも活躍するUS-2の内部を見せていただきながら
機体の説明を受けたり、自衛官の方々から自衛官の職務や航空自衛隊の活動に
関してお話をうかがいました。

見学会2 見学会3

 

また、当日はタイミングよく、基地に隣接する徳島空港に着陸する
民間機を間近で見ることもできました。
見学会4

 

今回だけではなく、年に何度かこのような見学の機会がありますので、
自衛隊に興味・関心がある在学生の方は、ぜひ参加を検討してみてくださいね。

オープンキャンパス(4月25日)の案内

2021年度も開始から2週間が経ちました。

 

コロナ禍でまだまだ大変な状態が続いていますが、
新型コロナウイルス感染防止対策を行って、
4月25日(日)に2021年最初のオープンキャンパスを実施します。

 

総合政策学部では、普段、刑事法の講義を担当している吉川先生が
「模擬授業で学ぶ刑事裁判ー新町橋強盗致傷事件ー 」と題した授業を行います。

 

 

法律に興味のある方や、学部に通う先輩のお話がきいてみたいという方はぜひとも参加してみてください。

1年次共通科目「地域学」で床桜ゼミが発表しました

徳島文理大学には、入学後間もない1年生全員を対象にして徳島や四国の地域文化や社会を学ぶ「地域学」という科目があります。
 
5月30日木曜5限の授業では、床桜英二先生(「地域計画論」「集客交流産業論」などの科目を担当)のゼミ所属の学生たちが、総合政策学部を代表して「四国遍路魅力アップ大作戦」と題する発表を行いました。
 
発表では4月に開催した「遍路ウォーク」と「新入生宿泊研修」の成果報告、そして、それを踏まえた遍路の諸課題と改善策が、日頃の総合政策学部の授業で学んだことを生かしつつ、ユーモアも交えて提案されました。
 
地域学1 地域学2
 
今回の報告をきっかけに、学生たちが地域への関心をいっそう高めてくれることを期待します。

2019年度「遍路ウォーク」と「新入生宿泊研修」を同時開催しました

徳島文理大学では入学して間もない1年生を対象に、初年次教育の一環として、遍路体験を通して徳島や四国の歴史文化を学ぶ「遍路ウォーク」と、大学生に求められる基本スキルを学びながら同級生や先輩との交流を深める「新入生宿泊研修」が行われます。
 
今年度の総合政策学部は2019年4月20日(土)と21日(日)の2日間にわたり、高知県室戸市で「遍路ウォーク」と「新入生宿泊研修」を同時に開催しました。
「遍路ウォーク」では最御崎寺(24番札所)と金剛頂寺(26番札所)を訪問し、四国遍路の一端を体験しました。

最御崎寺近くの灯台を見学する様子
最御崎寺付近を見学する様子
金剛頂寺の見学
金剛頂寺を見学する様子

「新入生宿泊研修」は国立室戸青少年自然の家で行われ、1年生の必修科目である「基礎総合演習A」のメンバーごとに、遍路グループワーク(「徳島・高知を題材にした1泊2日のパッケージツアー商品を考案しよう」)と成果報告にチャレンジしました。

グループワークの風景
グループワークの風景
最優秀賞の床桜ゼミのプレゼンテーション
最優秀賞の床桜ゼミによるプレゼンテーション

また、今年度は特別イベントとして「先輩と語る会」を催し、本学部に所属する先輩学生が大学生活や就職活動での体験を1年生に語ることを通し、学年を越えた交流も深めました。

先輩と語る会
先輩と語る会

2019年度前期の授業がスタートしました

2019年4月5日、いよいよ2019年度前期の授業がスタートしました。
長い春季休暇が終わり、総合政策学部の拠点となる23号館には久しぶりに学生たちの賑やかな声が戻ってきました。
 
新入生は昨日までのオリエンテーションを終えて、今日から本格的な大学生活が始まります。
今日から7月末までの4か月間、学生たちは勉学に勤しみながら大学生活を楽しく過ごすことになります。
 
写真は本学部の吉川友規講師が本日担当された「犯罪と法(刑法)」(2年次配当科目)の授業・グループワークの風景です。
この授業では、社会で発生する犯罪の成立要件と、犯罪に対して刑罰を科す目的について学びます。

LRG_DSC00586 LRG_DSC00588