食物栄養学科TOPICS

食物栄養学科TOPICS

令和4年度 入学式が行われました

◇令和4年4月2日(土)に入学式が行われました。

1 2

 

◇食物栄養学科の4年間の学びの中で、夢を「かなえるチカラ」を身につけてください。
 

5 4

 

◇食物栄養学科長 石堂一巳先生から、ご入学されました皆様へのお祝いの言葉をここに掲載致します。
 

【入学式挨拶】
 
 新入生の皆さん、御入学、おめでとうございます。私は、食物栄養学科・学科長の石堂一巳と申します。どうぞよろしくお願い申し上げます。
 さて、皆さんが入学された人間生活学部食物栄養学科は、「食」を通して人の健康を守るプロフェッショナル、「管理栄養士」を育成する学科です。皆さんは、この学科での学びに夢と希望をもって、入学されたことと思います。
 
 平均寿命が80歳を越え、健康寿命が80歳に迫る今日の日本では、高齢者への食育が重要になっています。食習慣は子供の時から形成されるので、幼児や小学生にとっても食育が重要なことは言うまでもありません。また、健康な人により一層、健康に過ごしていただくための食事を提案する、病気に苦しんでおられる患者様に適切な治療食を提案する。この一生涯重要な「食」を通して人々の健康の維持・増進に貢献することが「管理栄養士」の職務です。本学科では、管理栄養士になるために必要な知識と技術を身につけていただくために、教員がそれぞれの専門分野について丁寧に教育を行います。
 また、本学科では、栄養教諭と家庭科の教員免許を取得することができます。管理栄養士になるためには、かなりの勉強量が必要です。教員免許を取得するためには、それに加えての勉強が必要になります。四年後には「卒業」、管理栄養士国家試験受験資格、そしてそれぞれの目標とする資格を取得していただくために、時には厳しく指導させていただきます。新入生の皆さんも、目標とする資格を取得するために一所懸命、勉強をしてください。
 
 最後になりましたが、新約聖書の中のローマ人への手紙より「希望は失望に終わることはない。」という言葉を送らせていただきます。
 新入生の皆さん、一緒に夢をかなえましょう。

 

 

【食物栄養学科新入生の保護者様へ】
 
 この度は、徳島文理大学 人間生活学部 食物栄養学科にお子さまを入学させていただき、ありがとうございます。教職員一同、しっかりと教育させていただきます。
 
 食物栄養学科は、50年以上に渡り栄養士・管理栄養士の養成を行ってきた伝統ある学科です。
 本学科の学生は、管理栄養士国家試験受験資格の取得を目指して毎日、勉学に励んでおります。一昨年12月に実施した学生生活調査において食物栄養学科四年生の平均自宅学習時間は1日4時間以上となっています。令和4年2月27日実施の第36回管理栄養士国家試験では、96.7%の高い合格率を上げています。食物栄養学科では、「全員卒業、全員受験、全員合格」を目標に、教職員一同、指導させていただきますので、お子さまには熱心に勉学に取り組んでいただきたいと思います。
 
 本学科では、管理栄養士国家試験受験資格に加え、食品衛生監視員・食品衛生管理者任用資格、栄養教諭一種および中学校一種・高等学校一種(家庭科)の教員免許を取得することができます。様々な資格を取得するためには、管理栄養士国家試験受験資格を得るため以外の単位取得が必要になりますので、管理栄養士国家試験合格を単独で目指す以上にしっかりと勉強をしていただく必要があります。
 本学科で取得可能な資格につきましては、本日配布した「教員免許状・資格取得希望届」に記載されておりますので、お子さまとよくご相談の上、7月30日までに担任へご提出いただけますようお願い申し上げます。
 
 お子さまの夢の実現のために、教職員一同、熱心に指導させていただきます。
 保護者様におかれましても、ご支援を賜りますよう、どうかよろしくお願い申し上げます。
 
令和4年4月2日
 
徳島文理大学・人間生活学部
食物栄養学科長
石堂一巳