口腔保健学科TOPICS

口腔保健学科TOPICS

概形印象の実習を紹介します

口腔内の検査や、入れ歯などを作製するための準備として、歯科ではお口の型取りを行います

この様な目的で行う、予備的な型取りのことを概形印象と呼びます

 

概型印象ではまず、患者さんの歯列の大きさに合った型枠(トレー)を選びます

i1

 

ついで選んだトレーを、患者さんの口に試適して大きさなどを確認します

i2

 

試適が終わったら、アルジネート印象材(型取りの材料)を練りあげます

i3

 

練りあがった印象材をトレーに盛ったら…

i4

 

患者さんの口腔内に挿入して、型取りを始めます

i5

 

はたして上手な印象は取れたでしょうか…?

i6

 

この実習は2年生後期の授業、歯科診療補助論基礎実習Ⅰの一部として行っています