口腔保健学科TOPICS

口腔保健学科TOPICS

【授業紹介】歯科保健指導演習「口腔機能低下症」について

「口腔機能低下症」とは加齢などの原因によって口腔の機能が低下した疾患です

 

またこの疾患は進行すると摂食・嚥下障害などを引き起こします(日本老年歯科医学会HPより)

口腔機能低下症

 

この装置(グルコセンサー)は口腔機能の一つである、噛みこなす能力を調べる目的で使用します

グルコセンサー

 

こちらは飲み込むことに必要な舌の圧力を調べる装置です

舌圧計

こちらでは口腔内の乾燥の程度を調べる検査を行っています

ムーカス

 

2年生の授業、歯科保健指導演習では口腔機能低下症の診断に必要な7種類の検査について学びます