診療放射線学科TOPICS

診療放射線学科TOPICS

オープンキャンパスを行いました

6月28日の日曜日に今年度最初のオープンキャンパスが香川キャンパスで行われました。
この日は全国的には雨模様でしたが瀬戸内地方は時折日が差すような天気となり、
例年通り多くの方々に来ていただきました。
 
コロナ禍が続いている中での開催ですので、スタッフ一同全員が検温を行ったうえで、
マスク着用や都度の消毒を守るとともにできるだけ密を避ける対応を行うことを意識して運営されました。
 
写真はこの日の午前中の受付と村崎サイメモリアルホールで学科説明を行っている様子です。
受付ではスペースを広げ、さらに手早く進められるような準備をしたり、
説明会では広いホール内でも、できるだけ間隔を空けて着席していただいたりするように配慮しました。
受付 DSC_0603
 
午後は、放射線診療で用いる装置や機器を使って来場された方々に体験学習を行っていただくよう企画しています。
学生スタッフも、分かりやすく説明できるように担当する教員から十分なインストラクションを受けます。
 
「X線診断装置やCTによる画像撮影」「放射線計測機器による放射線量の実測」
「3次元画像処理による画像診断性能の向上」の内容で体験学習が行われました。
写真でそれぞれの様子を紹介していますが、長い時間の密集状態にはならないように
例年に比べて説明時間を少し短縮したり座席のスペースを広げたりするなどの工夫も行われていました。
X線1 X2 画像1 画像2 測定1 測定2
 
また、今年度からは体験学習開始を待っていただく間に混み合うことがないように待機できるスペースを増やし、
そこでは昨年放送された「ラジエーションハウス」のDVDが試聴できるような工夫もしています。
DVD
 
体験学習が終わって空き時間ができると、教員が学生スタッフに講義とは違った視点でいろいろな話をすることがあります。
こういう時間のほうが意外と勉強になるのかもしれませんが、
今回もいくつかの種類の増感紙にX線を当ててそれぞれの蛍光色を観察したり、
CT内部の回転の様子を調べたりするなど、スタッフの皆さんは面白い体験ができたのではないかと思います。
後AFT2 後AFT1
 
今年度のオープンキャンパスは、このあと 7/19(日)、8/8(土)、8/23(日)、9/13(日)の4回行われる予定です。
夏の期間は新型コロナウイルスの対策に加えて熱中症などの対策も必要になりますが、
安全で有意義な内容になるように来場者の方々をお迎えしたいと考えていますので、
積極的な参加をよろしくお願いいたします。