診療放射線学科TOPICS

診療放射線学科TOPICS

オープンキャンパス2016が開催されました。

平成28年5月22日(日)に第1回のオープンキャンパス2016が、6月19日(日)に第2回が開催されました。

まず、学部学科説明会が行われました。司会の先生から保健福祉学部の説明があり、診療放射線学科の朝原学科長から学科の概要をお話ししました。

その後、臨床工学科の先生のお話の後に、大学入試についての説明がありました。
学科説明会_1

 

 

診療放射線実習室 X線TV室 X線透視検査。写真のように透視装置はベッドが起き上がっていますが、斜めにしたり水平にしたりすることもできます。
ベッドの動作を見た高校生は非常に興味を持ったようです。
さらに、クーラーボックスに入れた冷凍の魚やカバンの中を透視で見る体験もしていただきました。画面に魚の骨が写ったときは驚いたようです。

透視室_1

 

 

診療放射線実習室 MRIは放射線を使わないので被ばくがありませんが、強い磁気を利用して画像をつくるので室内に金属を持ち込むと吸い込まれてしまうという説明がありました。

また、MRI画像については赤いTシャツを着た学生から説明がありました。

MRI_2_1 MRI_1_1

 

 

診療放射線実習室 超音波検査では野菜や果物を使った超音波画像を見ていただきました。

超音波も放射線を使わないので実際に装置に触れていただき、画像を体験していただきました。

US_2_1

 

 

画像情報学実習室 PACS 画像処理
画像情報学実習室では画像処理の体験をしていただきました。

人体の3D画像を見た後、高校生にPCを1台づつ操作してもらい、リンゴのMRI画像を先生の指導通り画像処理を行って3Dにしていく作業は驚きと興味があふれていました。

また、困ったときは学生がしっかりとサポートをしてくれて頼もしく感じました。

画像情報学実習室_1

 

 

基礎医学・医工学実習室では自然放射線について説明がありました。

放射線は特別なものではなくどこにでもあるものだと説明しました。

その後、放射線の被ばくを少なくするための3つ原則「①距離をとる②遮へいをする③時間を短くする」を線量測定によって体験していただきました。これらのことから、放射線は無意味に怖がる必要はないことを理解していただければ幸いです。

測定_1_1 測定_2_1

測定_3_1