オープンキャンパスを行いました

6月28日の日曜日に今年度最初のオープンキャンパスが香川キャンパスで行われました。
この日は全国的には雨模様でしたが瀬戸内地方は時折日が差すような天気となり、
例年通り多くの方々に来ていただきました。
 
コロナ禍が続いている中での開催ですので、スタッフ一同全員が検温を行ったうえで、
マスク着用や都度の消毒を守るとともにできるだけ密を避ける対応を行うことを意識して運営されました。
 
写真はこの日の午前中の受付と村崎サイメモリアルホールで学科説明を行っている様子です。
受付ではスペースを広げ、さらに手早く進められるような準備をしたり、
説明会では広いホール内でも、できるだけ間隔を空けて着席していただいたりするように配慮しました。
受付 DSC_0603
 
午後は、放射線診療で用いる装置や機器を使って来場された方々に体験学習を行っていただくよう企画しています。
学生スタッフも、分かりやすく説明できるように担当する教員から十分なインストラクションを受けます。
 
「X線診断装置やCTによる画像撮影」「放射線計測機器による放射線量の実測」
「3次元画像処理による画像診断性能の向上」の内容で体験学習が行われました。
写真でそれぞれの様子を紹介していますが、長い時間の密集状態にはならないように
例年に比べて説明時間を少し短縮したり座席のスペースを広げたりするなどの工夫も行われていました。
X線1 X2 画像1 画像2 測定1 測定2
 
また、今年度からは体験学習開始を待っていただく間に混み合うことがないように待機できるスペースを増やし、
そこでは昨年放送された「ラジエーションハウス」のDVDが試聴できるような工夫もしています。
DVD
 
体験学習が終わって空き時間ができると、教員が学生スタッフに講義とは違った視点でいろいろな話をすることがあります。
こういう時間のほうが意外と勉強になるのかもしれませんが、
今回もいくつかの種類の増感紙にX線を当ててそれぞれの蛍光色を観察したり、
CT内部の回転の様子を調べたりするなど、スタッフの皆さんは面白い体験ができたのではないかと思います。
後AFT2 後AFT1
 
今年度のオープンキャンパスは、このあと 7/19(日)、8/8(土)、8/23(日)、9/13(日)の4回行われる予定です。
夏の期間は新型コロナウイルスの対策に加えて熱中症などの対策も必要になりますが、
安全で有意義な内容になるように来場者の方々をお迎えしたいと考えていますので、
積極的な参加をよろしくお願いいたします。

令和 2 年度 初のオープンキャンパスを開催しました

令和2年6月28日,オープンキャンパスが開催されました.
 
本学科では,江口先生が学科紹介,学科別入試説明会,模擬授業を行いました.
模擬授業では,参加された方に福祉プロフェッショナルに
必要なコミュニケーションスキルとはどのようなものかを体験していただきました.
 
新型コロナウイルスの感染は,まだまだ予断を許さない状況にもかかわらず,
四国各県や近畿地方からも参加して下さり,安心いたしました.
 
wel2020062802 wel2020062801
 
ご参加いただいた皆様,ありがとうございました.
健康に気をつけて過ごされますように願っております.

6/28 オープンキャンパスを開催しました

6月28日、徳島キャンパスでひさしぶりのオープンキャンパスが開催されました

 

対面授業の再開で登校を始めたばかりの1年生が、マスクを着けて参加しました

oc00

 

富岡教授による学科説明会の後には…

oc01

 

時節柄、衛生的手洗いについての実習を行いました

oc02

 

手洗いチェッカーで洗い残しがないかを確認した後に…

oc03

 

臨床実習室で歯科用チェアを使った実習を体験しました!

oc04

 

感染拡大防止に努めながら、ようやくキャンパスに賑やかさが戻ってきました

次回のオープンキャンパスは7月11日に開催される予定です

 

本年度最初のオープンキャンパスを開催しました!

令和2年6月28日,本年度最初のオープンキャンパスを開催しました。
本日は午前午後で延べ85人もの来場者があり,大盛況でした。
 
午前中は赤澤先生による学科説明で,1時間にわたって当学科の魅力と,
入試に関する詳しい説明をしました。
 
学科概要と,教員の学術的なレベルの高さ,
きめ細やかで実践的な授業について理解していただけたことと思います。
 
入試形態については今年から新たな枠(総合選抜入試:体験型)が増えていますので,
詳しくはホームページや資料(入試要項)をご確認ください。
この「総合選抜型入試:体験型」にエントリーするためには,
オープンキャンパスや高校生のための公開セミナーで模擬授業を受けていただく必要があります。
本学科の総合選抜入試を検討している学生さんは是非一度模擬授業に参加し,受講証明書を手にしてください。
入試 入試2

 

午後からは近藤先生の模擬授業として
「今日から使える理学療法の知識と介助技術」を行いました。
 
講義の中では理学療法に関するちょっとした豆知識として,
杖の持ち方,杖の長さ調整のコツ,ストレッチのコツ,車椅子の駆動体験を行いました。
 
盛りだくさんな内容でしたが,理学療法士としての目線と,
患者さんとしての目線の両方を体験することができたとのことで,アンケートでの満足度も非常に高かったようです。
 
これからのオープンキャンパスでは,毎回異なった内容の模擬授業を開催予定です。
どれも座って講義を聞くのではなく,講義の中に体験が含まれています。
是非,複数回参加していただいて,当学科の魅力をより知っていただけたらと思います。
 
杖 杖2 体操 車椅子

社会福祉士「相談援助実習」実習機関・施設等連絡協議会を開催いたしました

本日、本学2号館アカンサススタジオにおいて、
令和2年度社会福祉士「相談援助実習」実習機関・施設等連絡協議会を開催いたしました。
 
森泉先生より「相談援助実習」についての説明等の後、
学生は各実習先の実習指導者と面談を行いました。
学生らは事前に準備した「実習計画書」等を基に、実習指導者に質問し、ご指導をいただきました。
 
IMG_2275
 
最後になりましたが、新型コロナウイルス感染症拡大の状況下で、
「相談援助実習」の実施に対し、ご理解とご協力をいただきました実習機関・施設等の皆様に心より感謝申し上げます。

教員の論文が有名雑誌にアクセプトされました!

本学科の教員(赤澤直紀講師)の論文「Cut-off value for low BMI in Asian populations of the GLIM criteria discriminates high or low muscle mass: A cross-sectional study」が海外の雑誌「Nutrition(Impact Factor; 3.591)」に掲載されました!
 
今回掲載された雑誌は世界的に有名な雑誌であり,かなりレベルの高い研究でなければ掲載されることはありません。

本学科は,大学としてこのような最先端の研究にも力を入れているので,その設備も他の学校にはないような高度なものです。

そして,それら高度な機械は学生の卒業研究や各種実習で惜しみなく使用しています。当大学に入学して,最先端の研究・機器に触れてみませんか?
 

【論文の概要】

2018年に発表された世界的な低栄養診断基準(GLIM基準)では、Body mass index(BMI:体重 [kg] を身長 [m] の二乗で除した値)が重要な栄養指標として定められました。
しかし、70歳以上のアジア人の中等度低BMIと重度低BMIを区分するカットオフ値は、このGLIM基準の中では設定されておらず、研究課題として残っていました。
GLIM基準が発表された翌年(2019年)、Maedaらは、入院中の生存をアウトカムとした結果、中等度低BMIと重度低BMIを区分するカットオフ値が17.8 kg/m2であることを報告しました。
本研究では、その17.8 kg/m2のカットオフ値の妥当性を大腿四頭筋の筋量の視点から検証しました。結果、年齢・性別・入院日数を統計学的に補正した後においても、重度低BMI群の大腿四頭筋の筋量は、中等度低BMI群および標準BMI群のそれらよりも有意に低値を示しました。
これら結果は、70歳以上の高齢者の中等度低BMIと重度低BMIを区分するカットオフ値が17.8 kg/m2であることの妥当性を筋量の視点から支持しました。

 

【赤澤講師からのコメント】

低栄養状態にある患者様においては、理学療法の効果が得られにくくなることが近年の研究で明らかとなっています。
臨床では患者様の栄養状態を常に把握しておくことが理学療法士には求められます。
本研究で得られた知見は、GLIM基準を用いた70歳以上のアジア人高齢者における重度または中等度低栄養の判定に役立つ知見になるものと考えます。

akazawa

屋内でもしっかり運動 徳島市老人ク連 高齢者向けに冊子

平島賢一准教授が徳島市老人クラブ連合会とともに運動紹介の冊子を作成しました!
冊子は1200部を作成し,所属する107のクラブへ配布しています。
 
内容は,足踏みや片足立ちなどの短時間でできる5種類を写真付きで掲載しています。
体操の内容は平島准教授が選定したもので,科学的根拠に基づき,最も効果的なものを抜粋しています。
 
体操を提案する際には,多すぎると面倒になって継続してもらいにくい,少なければ効果が薄いというジレンマがあります。
 
5つの体操で,5分程度で完結とあれば,皆さんも継続してみようと思えるのではないでしょうか。
本学科ではこのような実践重視の授業が特徴です。
徳島文理大学で,臨床に出てからも活きる知識・技術を身に着けませんか?
(この取り組みは令和2年5月28日の徳島新聞に掲載されました)
 
hira1

hira2 hira3 hira4 hira5

 

徳島県チャンネル(YouTube)に教員が出演しました!

2020年6月19日、徳島県チャンネル(YouTube)に、
徳島県理学療法士会が協力して作成した「フレイル予防実践ガイド・フレイル予防体操編」が掲載されました。
この動画の作成には、鶯春夫教授と近藤慶承講師が協力しています。

 

(実際の動画はこちら↓)

 

本学科は高等教育機関として徳島県民の健康を牽引する役割を担っています。
「自分が生まれ育った地域に貢献したい」という強い熱意を持った学生の入学をお待ちしております。

教員がコロナ対策の体操を紹介した記事が徳島新聞に掲載されました!

鶯春夫教授がコロナ対策の体操を紹介した記事が徳島新聞(令和2年6月7日)に掲載されました!
 
新型コロナウイルスの感染対策により,外出の自粛が求められる中,高齢者の活動性が低下していることが問題視されています。
活動性が低下すると,生活習慣病を引き起こしやすくなるだけでなく,全身の筋力や柔軟性が悪化し,転倒しやすくなります。
 
そのような悪循環を断つために,自分の健康は自分の力で維持・改善する必要があります。
 
是非みなさんも鶯春夫教授が提案した体操をして,自分の体と対話してみましょう。
 
uguisu1 uguisu2 uguisu3 uguisu4

対面授業が始まりました!

6月16日、徳島キャンパスで待ちに待った対面授業が再開されました

 

一日早く行われた新入生オリエンテーションです、約二ヶ月ぶりの登校になりました!

t1

 

学生支援課や図書館など、キャンパスのさまざまな施設で説明を受けました

t2

 

遠隔授業では難しかった実習も始まりました、2年生は歯型彫刻(石こう棒に歯冠を削り出す実習)を…

t3

 

3年生は歯科用器材や材料の使用方法についての実習を始めました

t4

 

新しく製作した口腔保健学科の紹介動画ー学び編ーです(クリックして再生)

 

新入生には初めてのキャンパスライフが、他の在校生にも日常の学びの場が戻りつつあります

油断せずに感染症予防対策に努めて大学生活を楽しんでください