ダヴィンチ手術と臨床工学技士とのかかわりに関する講演

近年、ダヴィンチをはじめとするロボット手術が多数、行われるようになってきました。
 
ロボット手術実施にあたり、臨床工学技士が手術チームの一員として参加しており、今後、臨床工学技士の業務の1つとして確立されてくる分野です。
今回は、香川大学医学部附属病院 木村裕紀様(本学1期卒業生)をお招きし、ダヴィンチ手術について講演をしていただきました。
臨床工学技士は手術前の準備だけではなく、手術に用いるロボットを安全に使用できるように手術のサポートを求められています。
 
日進月歩で開発・進歩する医療機器を操作保守管理するために臨床工学技士がより求められています。
 
20190122

SPI試験および学科就職ガイダンス

もう間もなく開始される就職活動に向けて、3年生を対象にSPI試験および学科就職ガイダンスを実施しました。
 
SPI試験に関してはどの学生も「思っていたよりもできなかった」「時間が足りなかった」という感想を持つ学生が多数のようです。
 
その後、就職ガイダンスでは医療系学科特有の就職形態について説明するとともに、就職で内定を勝ち取るためのポイントについて、就職支援部から説明がありました。
医療系学部は就職安泰だというイメージが強いですが、昨今、医療系の就職活動も難しくなってきており、学生自身の意識をもって取り組まなければ内定を勝ち取ることは難しい時代となってきています。
20190118
※教員から就職活動の難しさについて指導を受けている様子。

臨床実習事前学習:特別講演・演習「清潔・不潔や各業務分野のコミュニケーションについて」

臨床工学士が臨床現場において、清潔・不潔という概念をもって治療に携わります。
今回の講演では、「機器管理・透析室」「手術室」「カテーテル室、集中治療室」分野に分かれてそれぞれの業務とその環境下で必要となる清潔・不潔に関する知識・技術を学びました。
また、それぞれの業務に必要なコミュニケーション法についても指導を受けました。
 
講師は本学卒業生 高本裕太様(2期生)、高畑卓弥様(3期生)の2名であり、講義と演習という形式で学生に丁寧、そして、わかりやすく指導をしてくださいました。
講義では、清潔・不潔の概念、院内での感染リスクと感染対策、医療人の心得等に関して講演いたただき、その後、各分野に分かれて実技を行いました。
また、手術時に着用するガウンや手術用手袋の着用・介助方法、器具の操作方法について実技指導を受けました。
 
2018120101
※高畑様による講演の様子。
 
2018120102
※高本様による実技を交えた講義・演習。血液浄化療法に関連する内容を指導中。
 
2018120103
※高畑様による心臓カテーテル室や手術室内に置ける器具等の取り扱いについて指導を受けている様子。
 
2018120104
※講演の最後には学生からの質問に対して高本様・高畑様が答えてくださりました。
 講演の内容に関することだけではなく、就職や国家試験に関することなど多数の質問が出ました。講師が卒業生ということもあり、和気あいあいとした雰囲気の中で講演が進んでいきました。

災害トリアージ実習を行いました

例年、臨床工学科の1年生を対象として災害トリアージ実習を開催しております。
香川薬学部の学生さんと合同開催になり、今年で2回目です。
 
講師は県内の災害派遣医療チーム(DMAT)でご活躍されている萩池昌信先生(医師)を中心に、臨床工学技士、薬剤師、看護師、行政の皆様に指導を頂きました。
近い将来に南海トラフ地震が発生することが予想されておりますが、災害発生時の対応を含めて、医療職を志す両学科の学生が合同で災害医療について学べるとても良い機会でした。

2018012301 2018012302 2018012303 2018012304

 
どの学生さんも真剣に取り組めており、講師の先生方からお褒めの言葉をいただきました。
臨床工学科は1年生、香川薬学部は2年生でこれから本格的に医療について学んでいきますが、その前段階として貴重な経験となりました。
 
最後に、徳島文理大学の学生を代表して、臨床工学科の委員長 菊池 颯さんが御礼の挨拶を行いました。
2018012305

特別講演会を行いました。

1月11日(金)に臨床工学科3年を対象とした2名の臨床工学技士の方にお越しいただきました。
 
■講師
高知医療センター臨床工学技術部 岡田恒典副科長(人工心肺、心臓カテーテルの実際)
高知大学臨床工学科 村上武副部長/技士長(行政における医療機器の安全管理)
2019011101
 

岡田 恒典 先生には、臨床における人工心肺や補助循環の実際、カテーテルの実際などの具体的なお話をして頂きました。
学生はカテーテルの種類の多さに驚くなど大変勉強になりました。
また、村上 武 先生には、医薬品医療機器総合機構(PMDA)の医療機器の許認可から安全管理についての実際を具体的に輸液ポンプなどの例をあげながらお話をして頂きました。
学生は医療機器が販売されるまでには様々なハードルがあることを知り大変勉強になりました。
2019011102
 
学生さんにとって、現場の話を聴ける大変有意義な時間を過ごすことができました。

合同進学相談会を開催します!

徳島県内の歯科衛生士養成校の五校は、2月11日[月・祝日]に、生徒と保護者の皆さんに向けた合同進学相談会を開催します。

 

歯科衛生士に興味を持っている方、入試を考えている方などケーキを食べながら、話をしましょう!

 

参加のお申し込みはこちら

 

会場はザ・ホテルグランドパレス徳島です。

 

ご参加の皆さんにはもれなく、アグネスホテルのショートケーキ&ソフトドリンク、サンスターの商品を進呈します。

 

詳しくはこちら(クリックして拡大)

A4チラシ表

 

A4チラシ裏

 

多くの皆さんのご来場をお待ちしていますm( _ _ )m

早期体験実習を行いました

口腔保健学科では幼稚園や特別養護老人ホームで早期体験実習を行っています

 

この日は幼稚園で歯科保健指導を行うための紙芝居を作成しました

s1

 

歯科保健指導のテーマは「食と健康」についてです

s2

 

各班ごとにオリジナルの紙芝居を作成し…

s3

 

できあがった作品を相互に披露していきます

s4

 

沢山の紙芝居ができあがりました!

s5

 

 

今回の実習を行ったのは二期生(1年生)の皆さんです

皆さん、どうもお疲れ様でした