扶桑薬品工業株式会社岡山工場見学

2年生を対象に行っている製薬会社の工場見学を行いました。

今年も、扶桑薬品工業株式会社岡山工場を見学させて頂きました。

こちらの工場では、臨床工学技士の主な業務の一つである血液透析に関係するいろいろな薬剤(透析液、生理食塩液、注射液など)を製造されています。

2017022402 2017022401

 

2年生は、血液透析について後期に学習したばかりで、とても興味深く見学できました。

また、普段は見ることができない部分を見学できて、とても有意義な時間とな りました。
見学の最後に、学生さんからの質問に丁寧に答えて頂き、工場前で記念写真を撮りました。

2017022403

普通救命講習会を開催しました。

臨床工学科では、毎年1年生を対象に普通救命講習会を実施しています。
全員が受講できないため、2日間(2月13日、14日)に分けて受講しました。

 

最初に、大川広域西消防署の方から、御挨拶を頂き、救急隊の方に心肺蘇生法のレクチャーを受けました。
2017021303 2017021302

 

その後に、学生さんが、実際に心肺蘇生法やAEDの使い方などを、大川広域消防署の救急隊の皆様や消防隊の皆様に教えて頂きました。
将来、医療職を目指す学生として、みんな真剣に取り組んでいました。
2017021303

 

最後に、受講証の交付を一人ずつ受けたのち、学生さんの代表が御礼の言葉を述べて終わりました。
2017021304 2017021305

 

全学年一斉の学内模擬試験を実施致しました。

昨日までの定期試験に引き続き、本日は全学年一斉の学内模擬試験を実施致しました。

 

4年生は、国家試験までに最後の模擬試験です。国家試験当日の予行演習のつ もりで試験に臨みました。

 
3年生は、来年度から始まる臨床実習を視野に入れ基礎知識の確認と、第一段階の国家試験対策としての模擬試験です。大学最終学年に向けてスタートを切り ました。

 

2年生は、第2種ME技術実力試験前の実力確認として、国家試験レベルより少し優しい問題で試験を行いました。

国家試験や資格試験の雰囲気を感 じ、来年度には、第2種ME技術実力試験合格を目指します。

 

1年生は、実力確認に意味を込めて試験を行いました。

また、早くから国家試験を意識するために、上級生と同様の時間配分で問題を解きました。

 

総勢170名に及ぶ一斉の試験なので、これまでの模擬試験とは雰囲気が異な り、4年生には良い刺激になったとお思います。国家試験まで残り数十日程度ですが、ラストスパートに入りました。

 

201702102  201702101

SPI模擬試験と就職ガイダンスを開催致しました

3年生にっとては、いよいよ就職活動が本格的にスタートする時期になりまし た。

臨床工学科では、かなえる力を実践するため学科内に就職支援委員会を設置 しています。就職支援委員会は、学内の就職支援部と協力し、学生さんの希望する就職先へ就職できる様に、サポートをしています。

就職支援の一環として、SPI模擬試験と就活ガイダンスを行いました。

 

2017013101
先ずは、SPI模擬試験を行いました。

初めての試験形式で慣れない学生さん もいましたが、みんな真剣に受けています。
2017013102
続いて、就職支援委員の教員から、就活に関するサポート体制や就活の取り決
め、就活に際しての情報収集の方法等について、ガイダンスを行いました。

 

2017013103
最後に、学科長から、3年生にエールを送りました。

災害トリアージ実習を行いました

臨床工学科の1年生を対象に実施致しました。

本日の講師は、香川大学危機管理先端教育センター 教授 萩池 昌信先生です。

また、実習のファシリテーターとして、臨床工学技士さん、薬剤師(香川薬学部1期生の卒業生尾川さん)さん、看護師さん、大学院生さん、事務スタッフさんと総勢6名の先生方に、トリアージの実際を学ばせて頂く良い機会となりました。

今年は、香川薬学部の2年生も参加し、一緒に実習を行う事で、災害時のチーム医療を意識できるようになり、お互いの職種についても理解を深めることが出来ました。

 

実習の最初に、ファシリテーターの先生による、トリアージのデモンストレーションを見せて頂き、学生さんがビブスを来てトリアージの実習を行いました。参加した学生さんは、全員がトリアージを体験し、交代で被災された患者さん役も行いました。患者さん役の学生さんには、事前に症例を示して予習してきているので、災害時に起こり得る症例についても理解を深めることが出来ました。

2017013001  2017013002

写真はデモンストレーションの様子です。とても緊張感が伝わってきました。

 

2017013003 2017013004

本学卒業生の尾川さんに指導して頂いている様子とファシリテーターの方の指導を受けてトリアージを行っている様子です。

 

実習の最後には、萩池先生から、それぞれの症例について解説して頂きとても有意義な時間となりました。

2017013005

臨床工学科の学生さんが質問している様子です。

 

最後に、萩池先生とファシリテーターの先生方に、臨床工学科の代表として亀井君が御礼の言葉を述べました。

2017013006