香川県臨床工学技士会主催:臨床工学技士体験イベント開催!!

今日はサンポート高松にて、一般社団法人 香川県臨床工学技士会主催・本学臨床工学科共催の臨床工学技士体験イベントとして

「病院で使っている医療機器に触ってみよう!」を開催致しました(*^-^*)

 

小さなお子様から大人の方まで幅広い方々に、ご来場頂き臨床工学技士のことや業務内容について、ご理解頂く機会を作ることができました!!

ご来場頂いた皆様、ありがとうございました(#^^#)

 

201610231

※実際の医療現場で使用されている医療機器の操作体験や、記念撮影のブースなど盛りだくさんのイベントでした!!

イベントは香川県内の医療機関で勤務されている臨床工学技士の方と協力して運営しました☆

 

201610232

※4年生濱口さん・俟野さん、3年生岡田君・木村さん・古川君がイベントのボランティアスタッフとして参加しました!!

また、イベントには本学の卒業生で香川県内の医療機関(四国こどもとおとなの医療センター・香川県立中央病院・キナシ大林病院・回生病院など)にて勤務されている先輩方もたくさん参加されていました☆

先輩方との交流もできて非常にいい経験ができました♪

第6回就職活動・第7回国家試験対策特別セミナー

昨年度までの卒業生を講師に迎え、就職活動や国家試験に関する体験談や反省点を講演して頂きました!!
国家試験や就職活動などについて、まだまだ先と思っている学生も多いですが、早い時期から将来のことは考えておく必要があるんですよ!!

 

医療系は「就職が簡単」とか「求人がいっぱい」というイメージがあり、就職活動もそんなに苦労しないというイメージを持っている方も多いと思いますが・・・

近年、医療系も就職活動は難しくなってきています(>_<)

多種多様な採用試験、人間性やコミュニケーション力を重んじる面接、臨機応変に対応できるかどうか対応能力を見極められるなど採用試験なども大幅に変化を迎えてきています。

 

そんな採用試験を勝ち抜いてきた先輩方のお話はとても参考になりました!!

国試や就職活動のお話に加え、臨床現場の厳しさについても話をしてくださいました(>_<)

いろんなケースの話を聞くことができ、医療従事者を改めて気を引き締めて取り組まないといけないですね!!

やっぱり何事も危機感を持って挑まないとだめですね(>_<)

 

この機会を通じて就職活動および国家試験について考えていきましょう!!

 

講師の先生方(一覧)

・香川大学医学部附属病院(香川):浅野紗也 先生
・倉敷中央病院(岡山):髙橋瑞樹 先生
・川崎医科大学附属病院(岡山):内田翔子 先生
・洛和会ヘルスケアシステム 洛和会音羽記念病院(京都):益本拓弥 先生

 

201610221

※髙橋先生に対して3年堀君が質問している様子です。

 

201610222

※4名の講師に加え、4名のスペシャルゲストも参加し、意見交換会を行いました!!

4名の講師と同期の方々もちょうど本学に遊びに来てくれていたので参加していただきました☆

回生病院(香川県)、高知高須病院(高知県)、奈良県立医科大学附属病院(奈良県)、宇和島病院(愛媛県)に就職した先輩方でした!!

香川キャンパス大学祭(杏樹祭):救命講習会を開催!!

10/15~10/16の2日間に香川キャンパスでは大学祭(杏樹祭)が開催されました!!

 

杏樹祭を利用し、日頃、サークルや部活動に励んでいる各部活の代表者(学生さん)に、対して救命講習会を開催しました!!
講師は3年生 谷澤明音さんと2年生 太田瑠々さんが行い、心肺蘇生法やAED(自動体外式除細動器)の使い方などを参加学生さんにレクチャーしました!!
文科系、運動部系を問わず、いつ何時、友人の救命を行うことがあるかわかりません(>_<)

 

救命に関する知識が少しでもサークルや部活動内の部員さんたちに広まって欲しいと思います!!

 

他者に指導するのはとても緊張しましたが、参加してくれた各部の代表者さんはとても興味を持って参加してくださいました!!

短い時間でしたが練習を重ねる度に、少しずつ対処が上達してくれたようで嬉しかったです(#^.^#)

 

201610151

※3年谷澤さんが胸骨圧迫(心臓マッサージ)の指導をしている様子です。

簡単そうに見えて案外、難しいんですよ(笑)

力のかけ具合や、圧迫場所など体験しないとわからないことばかりです。

 

201610152

※講師を務めてくれた3年谷澤さん、2年太田さんです。

皆さんも救命に関する知識を身につけましょう!!

香川薬学部とのSGD(スモール・グループ・ディスカッション)実施!!

本学科4年生が香川薬学部4年生と一緒にSGD(スモール・グループ・ディスカッション)を行いました!!

SDGとは、臨床工学科および香川薬学部の学生を交えて班を作り、班ごとにテーマについて話し合い発表するというものです。

お互いの専門領域について話し合い、教え合うことで知識を深めることを目的として毎年開催しています(#^.^#)

 

テーマは、糖尿病性腎症から透析導入に至る患者さんをシミュレーションして状態変化や患者さんの管理について検討し各班で発表を行いました!!

話し合いを開始する前に事前に、臨床工学科からは血液透析療法に関する説明を行い、香川薬学部からは患者さんに投与される薬剤についても説明を行いお互いの専門領域について学ぶことができました!!

検討した内容の発表の中から最優秀プレゼン賞の表彰もありました(*^-^*)

 

また、薬剤師、臨床工学技士という医療職を志す学生として、意見交換やお互いの職種を理解し合う機会も得ることができました!!

お互いの職種のことは知っているようで知らないことばかりに驚きました★

 

楽しく、専門的な知識やチーム医療を学ぶことができとても良い機会となりました♪

 

201610121

※テーマについて班で話し合っている様子です。

 

201610122

※時にはお互いの専門的知識をレクチャー合って話し合いを進めていきました!!

 

201610123

※各班で作成したスライドを使って発表を行っている様子です。

いろんな職種の方々に分かりやすく知識を伝えることは難しいことですね(-_-;)(笑)