銀行員

銀行員に聞きました(やりがい、辛いところ、めざしている人へのアドバイスなど)

Q 仕事でやりがいを感じるのはどんな時ですか?
A 銀行の仕事は人が生活をしていく上で大切なお金を扱っており、簡単にいえばお金を貯める人やお金を借りる人のお手伝いをする仕事です。「貯めたお金で海外に行けた」「欲しい、車が買えた」あるいは「借り入れた資金でやりたかった商売ができた」「自分の家が建てられた」などお客様の役に立てたときは本当にうれしく、やりがいも感じます。
Q この仕事の辛いところや厳しいところは?
A 一番厳しいところは取り扱う商品がお金であるという事です。絶対に1円たりとも間違いがあってはならないという緊迫感と、コンプライアンス(法令等遵守の事)などを十分に理解して仕事に臨まなければなりません。
Q この仕事をめざしている人へアドバイス
A とにかくこの仕事のみならず今企業が求める人材は気力、体力、観察力だと思います。世の中の様々なことに興味を持ち、苦しいときもポジティブ思考で乗り越えれば必ずその見返りはあるはずです。

銀行員になるには

Q 必要な資格・技能
A 取り扱う商品によって必要な資格がある。
入社してから資格取得をするケースが多い。

徳島文理大学でこの仕事をめざせる学科