1. ホーム
  2. 徳島文理大学について
  3. 理事長からのメッセージ

理事長からのメッセージ

ハードとソフト両面が整った学習環境のもとで、安心して安全な学習生活を送ってください。

理事長挨拶

理事長挨拶

村崎正人 Murasaki Masato
徳島文理大学・徳島文理短期大学部理事長

 村崎学園は、明治28(1895)年、学祖村崎サイが「女性の自立」を唱(とな)えて創立しました。以来、本学においては、「自立協同」の建学精神のもと、時代が求めるもの、さらには未来が必要とするものは何かを常に問い続けて、教育研究に邁進して参りました。
 私は理事長として、「安心と安全」を旨として学校経営を行って参りました。皆さんの命を預かるキャンパスの耐震化を全て完了し「安全」に学べる教育環境を整えました。また、信頼できる教職員や学習・生活・就職支援体制を整えましたので「安心」して存分に学業に励み、各自の「叶えるチカラ」を養ってください。
 67,000名を超える卒業生もこの環境の中で夢を叶えて参りました。頼りになる教職員、最先端の研究設備、専攻分野・出身県の違う友人、新たな知との出会い、留学、異文化交流など、本学ならではの学生生活を満喫しながら大いに切磋琢磨してください。
 120周年を新たな出発点として捉え、心新たに「自立協同」の建学精神のもと、入学される皆さんと共にさらなる発展を遂げたいと思っています。
 青春の季(とき)は、いつの間にか過ぎ去ります。希望あふれる皆さんが、本学のキャンパスで専門的な知識はもちろんのこと、国際色豊かな視野を身につけ、社会へ巣立っていくことを心より願っています。

 ▲ TOP