1. ホーム
  2. 徳島文理大学について
  3. 理事長からのメッセージ

理事長からのメッセージ

122年の歴史と伝統が育む教育環境の中で大いなる飛躍を

理事長挨拶

理事長挨拶

村崎正人 Murasaki Masato
徳島文理大学
徳島文理短期大学部理事長

 本学園は1895年(明治28年)女性の自立を唱えて学園を創立した学祖村崎サイ女史の思いを建学精神「自立協同」として定め、爾来、時代や社会の多様な要請に応える人材育成に力を注いで参りました。
 学園が創立されて122年が経ち、創立時の私立裁縫専修学校が今や、幼稚園、小学校、中学校・高等学校、短期大学、大学、大学院を有し、9学部27学科6大学院3専攻科を有する全国から人材の集う西日本唯一の総合学園へと発展し、海外姉妹提携校も11ヵ国39校になりました。
 私は理事長として、「安心と安全」を旨として学校経営をおこなって参りました。皆さんの命を預かるキャンパスの耐震化を全て完了し「安全」に学べる教育環境を整えました。また、信頼できる教職員や学習・生活・就職支援体制を整えましたので「安心」して存分に学業に励み、各自の「かなえるチカラ」を養ってください。
67,000名を超える卒業生もこの環境の中で夢を叶えて参りました。頼りになる教職員、最先端の研究設備、専攻分野・出身県の違う友人、新たな知との出会い、留学、異文化交流など、本学ならではの学生生活を満喫しながら大いに切磋琢磨してください。
 私どもは、120周年を新たな出発点として捉え、心新たに「自立協同」の建学精神のもと、入学される皆さんと共にさらなる発展を遂げたいと思っております。
 本学を志す諸君、さあ、共に新しいページを開きましょう。


プロフィール

文部省教育職員養成審議会委員、文部省大学設置・学校法人審議会委員、文部科学省独立行政法人評価委員会臨時委員、私立大学退職金財団評議員、日本高等教育評価機構評議員、日本私立短期大学協会常任理事、短期大学基本問題委員会委員、短期大学基準協会理事、徳島県人事委員長を歴任、'10藍綬褒章受章、現在、日本私立大学協会常務理事、同国際交流・委員会委員、同私立大学基本問題研究委員会委員、同企画財務委員会委員、全国栄養士養成施設協会常任理事、全国音楽療法士養成協議会理事、日本私立中学高等学校連合会常任理事、徳島県私立中学高等学校連合会会長、米国 シェナンドー大学 名誉博士(人文学)、台湾 中山医学大学 名誉理学博士

 ▲ TOP