吉野川市と地域貢献に関する包括連携協定を締結しました。

 平成29年12月20日(水)、本学と吉野川市は「地域貢献に関する包括連携協定」を締結しました。本協定は、本学と吉野川市とがそれぞれ有する資源を結集し、包括的な連携・協力のもと地域の人材育成・地域課題の解決及び地域の再生・活性化に取り組み、地域社会への貢献に寄与することを目的します。

〈桐野学長のコメント〉
 吉野川市とは、本学の人間生活学部建築デザイン学科が数年前に行った美郷・高開様の石積みの測量および石の数の算定を皮切りに、診療所跡地の活用や小学校跡地の改修などの提案をさせていただいております。また、短期大学部食物専攻による吉野川高校のエシカル消費教育など複数の取り組みをこれまでに行ってきました。
 そうした中で、こうして吉野川市と包括連携協定を締結できたことは誠に喜ばしいことです。大学の使命は、教育・研究・地域貢献でござます。この3つを学生には在学中に経験してほしいと考えています。特に、地域に出て行き「地域を学び地域に学ぶ」ことに力を入れていきたいと考えています。本学には、地域学という科目がございますが、そのアドバンストコースとしてこの吉野川市をフィールドに学びたいと考えておいます。
 今後、地域連携センターを中心に様々なアクティビティを展開できればと考えております。