徳島県建築士事務所協会と包括的連携協力に関する協定を締結しました。

徳島県建築士事務所協会と包括的連携協力に関する協定を締結しました。

2017年8月31日、徳島文理大学徳島キャンパスにて徳島県建築士事務所協会との包括的連携協定の締結式を行いました。

徳島県建築士事務所協会から小西誠一会長、松村史朗副会長、立花薫副会長、黒崎仁資理事、内野輝明理事、小南充事務局長の出席のもと、徳島県の建築技術者育成を進めることに合意し、小西誠一会長と桐野豊学長がそれぞれ協定書にサイン・押印し協定を締結しました。

具体的な項目として、(1)建築技術者の育成に関する事項、(2)インターンシップ支援活動に関する事項、(3)地域の振興・地域経済の活性化に関する事項、(4)学生起業サークルの活動支援に関する事項、(5)その他、目的の達成に必要な事項に関することについて協力することとなりました。

桐野豊学長は「建築技術者養成の目的において、本学のカリキュラム改革等へのご意見をいただくとともに、インターンシップや協会が主催する大会での研究発表など今後ますます緊密な連携が進んでいくことを期待しています。」と挨拶しました。

▼本件に関する問い合わせ先 徳島文理大学地域連携センター 088-602-8261