1. ホーム
  2. NEWS & EVENTS
  3. イベント情報
  4. 徳島文理大学比較文化研究所公開講演会 日本人の美意識-それはなぜ「地味」と「派手」の両極に広がるのか-

徳島文理大学比較文化研究所公開講演会
日本人の美意識-それはなぜ「地味」と「派手」の両極に広がるのか-

 古来、日本人は身分のへだてなく芸術に親しんできました。伝統に培われてきた日本人の美意識は現代にも生き、海外にもますます大きな影響を与えています。ところで、日本の文化や芸術には、「わび・さび」という言葉に象徴されるような質素で地味なイメージがある一方で、歌舞伎や錦絵や城郭のような派手で豪華な側面もあります。日本人の美意識はなぜこのような両極端に広がっているのでしょうか。
 諸外国の文化・芸術とも比較しながら、みなさんといっしょに、日本美の両極性の秘密に迫っていきたいと考えています。

講演日 令和元年10月26日(土)
講演時間 10時00分~12時00分
講師 徳島文理大学文学部教授 立山 善康 先生
場所 徳島文理大学香川キャンパス
リサーチアンドメディアライブラリー 3FAVホール(16号館)

※入場無料・事前申込み不要
※駐車場有り


主催:徳島文理大学比較文化研究所
後援:香川県教育委員会 さぬき市教育委員会 大学コンソーシアム香川

お問合せ先:さぬき市志度1314-1 徳島文理大学香川キャンパス TEL087-899-7100(代表)