口腔保健学科TOPICS

口腔保健学科TOPICS

口腔保健学科の授業を紹介します

これは2年後期に行う補綴系歯科学の授業の一部です

クラウン(金属製の被せもの)を用いたう蝕の治療法について解説します

 

ハンドピースを用いて治療する歯の形を整えます(支台歯形成)

indirect1

 

形成の終わった歯の型取りをします(印象採得)

indirect2

 

取り終えた型に超硬石膏を流し込んで模型を作製します

indirect4

 

模型上にワックスでクラウンを作製します(蝋型採得)

indirect5

 

ワックスでできたクラウンを鋳型に埋め込んで…(埋没)

indirect6

 

溶けた金属を流し込むとクラウンが出来上がります(鋳造)

indirect7

 

研磨して完成したクラウンです

indirect8

 

出来上がったクラウンを患者さんの歯型に合わせます(クラウンの試適)

indirect9

 

クラウンを試適する際の手順です

 

 

この授業は西川教授と中野教授が担当します

(資料提供:徳島大学大学院 顎機能咬合再建学分野)