▲徳島文理大学ホームページに戻る

 

「小学校外国語活動に関する研修会」(四国学院大学)を開催する。


 1月29日(日)、四国学院大学で「小学校外国語活動に関する研修会」が開催され、小学校教員をめざす学生や現職の小学校教員など約40名が参加して熱心な研修会が行われました。講師は四国学院大学の中澤加代先生で、研修会は1部と2部がありました。1部では英語教育(オーストラリアの特別支援学校、特別支援学級)視察報告−小学校外国語活動に生かせるものは?−というテーマでのお話がありました。2部では学校支援ボランティアの効果的な内容についての一考察 −小学校外国語活動における実践を通して− というテーマで、中澤先生が実際に指導にあたっておられる高知県の小学校における調査内容の紹介や、実際のアクティビティについての体験、評価づくりについてのお話がありました。学校支援(外国語活動支援)ボランティアへの期待については、学校支援ボランティア自らがコミュニケーションのツールとして英語を楽しむこと、子どもたちと可能なかぎりコミュニケーションをもつこと、アクティビティはすべての子どもを含むこと(特別支援の子どもへの配慮)、個人情報の守秘義務などについて中澤先生からのお話と現職の先生方の意見発表がありました。現場ですぐにでも活用できる楽しいアクティビティの体験もあり、時間がたりないほど盛り上がり有意義な研修ができました。


講師の中澤先生 オーストラリアの英語教育視察報告
 
いろいろな教材から小学校外国語活動に活かせるものがありました。
アクティビティ(学生、現職の先生)の様子
学校支援(外国語活動支援)ボランティアの期待についてのお話がきけました。
Copyright 2010 Tokushima Bunri University All Rights Reserved.