▲徳島文理大学ホームページに戻る

 

平成23年度 平賀源内先生こども科学教室


第7回 コンピュータ プログラミング

 10月8日(土)、徳島文理大学香川キャンパスで、第7回「平賀源内先生こども科学教室」が開催されました。今回は、香川キャンパス理工学部、森本先生の指導による「コンピュータ プログラミング」でした。参加者一人一人が、Scratch(スクラッチ)というソフトウェアを利用してパソコンで遊ぶことのできる簡単なゲームを作りました。ゲームの流れは、<ネコ>をキーボードの矢印キーで動かして、<魔法使い>を避けながら、<犬>のところまで遊びに連れて行くという簡単なものです。しかし、途中で<魔法使い>に接触すると<ネコ>がくるくる回って目が回ってしまい<犬>には会えません。矢印キーをうまく操作して<魔法使い>から逃れて<犬>にたどりつけば成功です。<ネコ>、<魔法使い>、<犬>などの部品は他の部品に変更したり、絵を描くコンピュータ機能で自分の好きなキャラクターに作り替えることができるので大変楽しいものでした。
 コンピュータ プログラミングの体験はほとんどの子どもが初めての体験だったので、大変興味をもち真剣に取り組み時間がたつのがとても早く感じました。プログラミングが完成しゲームがうまく動いた時にはあちこちで歓声が上がっていました。コンピュータゲームのプログラミングのしくみについてわかりやすく指導していただいたので、参加した連携3大学の学生からも「こういうことだったのかよくわかった」、「おもしろい」という感想が聞けました。コンピュータ プログラミングは大変よい学習の機会となりました。


森本先生からのプログラミングの説明 間違いがないか一つ一つ確認します。
わからないところは友達と助け合いしました。 連携3大学の学生も挑戦しました。
ソフトウェアの機能の説明 <ネコ>の動きをプログラミングしていきます。
<魔法使い><犬>のキャラクターを選択します。 手書きでキャラクターを作りました。
わかりやすい手順書の作り方についても学習できました。
Copyright 2010 Tokushima Bunri University All Rights Reserved.