▲徳島文理大学ホームページに戻る

 

新学習指導要領に関する講演会

 12月12日(土)、徳島文理大学徳島キャンパスで開催された中国・四国地区私立大学教職課程連絡協議会2009年度秋季研究協議会において「新学習指導要領に関する講演」が行われました。

 国立教育政策研究所初等中等教育研究部長の工藤文三先生をお迎えして「新しい学習指導要領を踏まえた教員養成について」という演題でお話をいただきました。徳島県内の小学校の先生方、県立総合教育センターの先生方が多数参加されました。

 工藤先生からは、学習指導要領改訂の背景、学習指導要領の内容、新教育課程の運営、学習指要領の改訂を承けた教員養成の在り方、習得・活用・探究について、わかりやすくお話をいただきました。また、「小学校の外国語活動の取り組み」「伝統や文化関にする教育の充実」「理数科教育の充実」等の課題についてもふれていただきました。

 小学校の先生方からのアンケートでは、「学習指導要領の総則を学校でどのように具体化していくか参考になった」「改訂の趣旨がわかったので、指導計画に生かしていきたい」等の感想と、「大学等教員養成機関では、学生に児童理解力、教員としての基本的な技能、日々の困難を乗り越える勇気、気力を身につけさせていただきたい」という意見とをいただきました。


工藤文三先生の講演会の様子

Copyright 2008 Tokushima Bunri University All Rights Reserved.