▲徳島文理大学ホームページに戻る

 

 現職教員に対する教員免許状更新講習を大学間連携により、各大学の特色による分野別講習の実施と講師の相互補完による実施により充実させる。
 教育職員免許法の改正により、平成21年4月から教員免許更新制が導入され、各大学で教員免許状更新講習が実施されている。必修領域12時間、選択領域18時間に対応した講座が大学で設定されている。始まったばかりであり課題も多く、大学間で連携を図り、充実した教員免許更新講習となるよう、次の取組を行う。

  1. 連携大学で教員免許状更新講習連絡協議会を設置し、共通する課題について協議するとともに教員免許状更新講習システムの共同開発を行う。
  2. ・地域的な教育課題等を的確に把握し、解決のために役立つ研究開発を行う。

    ・各大学で実施される講習のコンテンツ化とeラーニングによる提供を行う。

    ・各大学の特色を生かした分野別講習の情報を受講者に紹介する。

    ・指導者が不足している場合、補完し合う。

    ・実施後点検・評価を行い、課題等については共同で解決方法をさぐり、その結果を次年度の改革へとフィードバックする。

  3. 各県の教育委員会、校長会等との意見交換を実施し、よりよい教員免許状更新講習へと改善を図っていく。

 

 

    
Copyright 2008 Tokushima Bunri University All Rights Reserved.