▲徳島文理大学香川キャンパスに戻る

 

 地域・家庭と一体となって、地域の教育力の向上を図る。
社会がますます複雑多様化し、子どもを取り巻く環境も大きく変化する中で、学校が様々な課題を抱えるとともに、家庭や地域の教育力が低下し、学校に過剰な役割が求められている。このような状況のなか、国においては、学校の教育活動を支援するために、地域住民の学校支援ボランティアなどへの参加をコーディネートする、学校支援地域本部を平成20年度より全国各地に設置し推進を図っている。学校支援地域本部は、「地域コーディネーター」、「学校支援ボランティア」、「地域教育協議会」から構成されている。各大学は学校支援地域本部の育成を通して、地域の教育力向上に取り組む。また、これらの取組について、3大学で情報交換するとともに、相互評価を行いよりよい取組に改善していく。

  1. 「地域コーディネーター」や「地域教育協議会」の育成支援に各大学が地域と一体となって取り組むことは重要である。そして、地域のニーズに対応した支援活動プロジェクトの開発などで地域貢献活動を行い、また、その成果を大学での教職教育に反映させる。
  2. 「学校支援ボランティア」として、各大学の学生を理科支援員等として派遣したり、放課後の学習活動や運動活動に派遣するなど地域を支援するとともに、その際に生じた課題に対して、各大学毎にまとめたものを情報交換し、よりよい解決策を考える。

 

 

    
Copyright 2008 Tokushima Bunri University All Rights Reserved.