1. ホーム
  2. 入試情報
  3. 入試種別情報
  4. 学園創立120周年記念 特待生選考試験

学園創立120周年記念 特待生選考試験

みなさんの経済的負担を減らし、安心して学んだ頂くために、創立120周年を記念して、特待生を募集します。

学部・対象となる入学試験・特待生募集人員

学部 対象となる入学試験 募集人員
人間生活学部、保健福祉学部、総合政策学部、理工学部、文学部、短期大学部(音楽科を除く) 一般入試(I期A日程) 100名程度
※薬学部、香川薬学部の特待生を希望の方は、特待生選考試験(薬学部・香川薬学部)または地域貢献特待生試験をご覧ください。
※音楽学部・短期大学部音楽科の特待生を希望の方は、音楽特待生選考試験をご覧ください。

給付期間

大学在学者は4年間100万円(1年次40万円、2年次以降20万円)
短期大学部在学者は2年間50万円(1年次30万円、2年次20万円)


特待生の出願方法

一般入試I期A日程の受験でI期A日程合否結果と特待生選考を希望する

 入学願書「I期A日程」に必要書類を記入した上で、入学検定料の納入及び必要書類の郵送を教務グループ入学試験係宛に送付してください。なお、入学願書の右上の「学園創立120周年記念特待生制度」欄にレ印(チェック)を記入してください。
インターネットによる出願も可能です。

事前に合格し、入学手続き完了の方へ

AO入試、指定校制推薦入試、公募制推薦入試、短期大学部資格利用入試、社会人入試、帰国生入試の入学手続き完了者の方は、入学検定料無料で特待生制度に挑戦することができます。各入試の合格通知に出願書類を同封しますので、教務グループ入学試験係に郵送してください(一般入試I期A日程を受験することで特待生の挑戦ができます)。


審査方法

第1次審査 学力審査 平成30年1月27日(土)に実施するI期A日程の成績をもとに審査し、その結果をI期A日程入試合格発表日に通知します。
第2次審査 経済的要件審査 第1次審査内定者は「主たる家計支持者の年間所得額の証明書」を提出後、所定要件を満たす者に採用通知を送付します。
[主たる家計支持者の年間所得額の証明書について]
給与所得者・・・直近の源泉徴収票の写し
給与所得者以外・・・直近の「確定申告書(第一表)控の写し」

給付について

・入学後「特待生給付申請書」に基づき、6月中に奨学金を支給します。

継続給付の審査

継続給付の審査は、大学は1年、2年、3年終了時、短期大学部は1年終了時に行います。
次の各号のいずれかに該当する者は特待生の資格が取り消されます。
・休学した者。但し、病気・その他やむを得ない事由により休学した者は除く。
・出席日数が常ならず、学業継続の意志がないと認められる者。
・学業成績が水準に達しなかった者。
・反社会的行為により罰せられた者。

特待生選考試験のFAQ

すでに合格した学科と違う学科に特待生を出すことができますか?

事前に合格し、入学手続きを行った学科でのみのチャレンジ(入学検定料:無料)となります。
合格した学科以外での特待生を希望される場合は、通常の出願(入学検定料が必要)をお願いします。

インターネット出願はできますか?

すでに合格した方の挑戦は、インターネット出願に対応しておりませんので、合格通知に同封されている書類により出願ください。
新たに入学検定料を納入しての特待生選考試験を受験する方のみ、インターネット出願に対応しております。

経済的要件について教えてください

主たる家計支持者(共働き等でも主たる家計支持者1名)の年間所得金額が本学の指定する制限以内であることが条件となります。給与所得者(会社員等)の方は841万円以内、給与所得者以外(自営業等)の方は355万円以内であれば、経済的要件は満たします。

 ▲ TOP